学長からのあいさつや大学の基本情報について

学長のあいさつ

サイバー大学学長・IT総合学部長 川原 洋 Hiroshi Kawahara
オンライン大学で
学ぶ意義
新型コロナウイルス感染症の世界的蔓延は、国内においても3回目のワクチン接種が全ての年代に向けて始まったとはいえ、第六波のピークを越えるというより、縦走を強いられている状態がしばらく続いています。この状態がいつか終わるということはわかっていても、私たちの日常生活や社会活動は、このコロナ禍前とまったく同じ状態にはならないでしょう。そこには安心かつ生産性の高いデジタル化社会の牽引役として、さらに多くの「高度IT人材」が嘱望されるからです。

「高度IT人材」とは、すなわち分野に関わりなく複雑に絡み合った問題を分析し、必要なITやデジタル技術を活用して解決に挑む「ビジネスのわかるITエンジニア・ITのわかるビジネスパーソン」のことです。現在の社会や企業活動において活躍するには、大学においても単に情報工学や経営学といった専門教育を受けてきただけでは不十分です。サイバー大学の専門教育は基礎から応用へと体系化され、ITとビジネス分野の両輪のバランスをとりながら、かつ実践的なテーマについて、デジタルコミュニケーションを通して生活の一部のように学習していきます。

サイバー大学での学びは専門分野だけに留まりません。卒業に必要な単位数の約半分は多様な分野にわたる教養科目や英語を中心とした外国語の修得に充てられます。人文科学、社会科学や自然科学の分野だけでなく、論理的な思考方法や文書作成、プレゼンテーションなどによるコミュニケーションスキルなどは、学修体験そのものが職場における業務の生産性の向上や時間をかけて培われる学習能力の醸成につながっていきます。

不安定な世界情勢が続く中、サイバー大学での学習体験は、何が正しい情報で、何がフェイクニュースなのか、メディアや個人のSNS等への投稿内容を正しく判断し、行動する基軸ともなり得ます。

サイバー大学は、ウィズコロナ・ポストコロナ時代を通して、あらゆる年代の学習者に対し、正規高等教育機関として安心して柔軟に学べる環境を提供していきます。
川原 洋

大学概要

Founding Philosophy
建学の理念

サイバー大学は、場所や時間など個人の環境や条件を問わず、勉学に意欲のある多くの人に幅広く質の高い学修の機会を提供し、 社会の形成者として有能な人材を育成することを理念とする。

Mission Statements
目的・使命

サイバー大学は、学校教育法第83条に掲げる大学の理念を踏まえ、メディアを利用して行う通信教育により多様な学習者に学修機会を提供し、 学術的専門的知識とともに幅広い教養を備え、社会の形成者として有能な人材を育成することを目的とするとともに、 経済・科学技術・文化の発展に貢献することを使命とする。

Educational Objectives
教育目的

IT総合学部IT総合学科は、一般生活や事業活動において社会基盤となりつつある情報通信技術の基礎知識から利用技術を身に付け、技術革新に即したITの実践的価値観を養い、ビジネス原理に基づく経済価値の創造への適用を探求することを教育研究目的とする。

Three Policies
学部・学科の3つのポリシー

  • ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)
  • カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
  • アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

Overview Information
概要情報

学校名 サイバー大学(英文名:Cyber University)
学長 川原 洋
設置学部・学科 IT総合学部(IT総合学科)
所在地 福岡県福岡市東区香椎照葉三丁目2番1号 シーマークビル 3階(アイランドシティ地区内)

東京都港区芝公園2-6-3 芝公園フロントタワー7階(東京オフィス)