通信制大学とは? | 通信制大学 | サイバー大学
通信制大学ってなに?

通信制大学とは?

通信制大学とは、働きながら学びたいといった、キャンパスへ通えない人の学習ニーズに応えて創られた教育の仕組みです。高校を卒業して社会人となった人が通信制大学で学位をとってキャリアアップしたり、一生勉強だと考えて学び続けていたりと、そのニーズは幅広いものがあります。

通信制大学の歴史は古く、戦後間もない1947年に学校教育法で定められました。キャンパスを持つ大学・短大が通信部を設けるのが先行していましたが、今では通信教育専門の大学も登場し人気を集めています。大学だけでなく大学院で通信制を採用しているところも見られます。

学習スタイルは教科書とスクーリングが中心です。スクーリングとは一定回数または一定期間大学に通学して授業を受ける面接授業のことです。また、最近ではインターネットや衛星放送を使って、分かりやすく双方向的な授業を展開する大学が出てきました。

通学の時間を最小限に抑えられる、自分のペースで勉強できるなどの特長から学生数は増え、今では常時20万人以上が通信制大学で学んでいるのです。なお、通信制大学も文部科学省に認可された大学ですので、卒業すれば「学士号」の学位が授与されます。

また、魅力の1つが「絞り込んだテーマについて勉強ができる」こと。一般教養の科目もありますが、社会人がメインですから高い専門性のある学習ができるようにカリキュラムが練られています。

もう1つ大きな魅力は学費の安さ。基本的に学校に行かないのですから施設費や交通費が不要になります。

かつては30歳未満が中心だったのが、会社員をはじめとした30代以上の方が多く学ぶようになり、通信制大学での学びのスタイルが変わってきたことが指摘されています。一番働き盛りのときにこそ、「今自分がこの分野を身につけたら大きく成長できる」「もっとこの分野を勉強しておくんだった!」という分野が出てくるもの。このような欲求が生まれてきたら、通信制大学への入学を検討してみてはいかがでしょう。

日本でも、一度働いて、30代・40代の時期にもう一度狙った勉強をして仕事を加速するという「2段ロケット」型の学習スタイルが広がっているのです。大きな武器を身につけてステップアップしたいビジネスマンにとって、通信制大学は大きなチャンスの場だと言えるでしょう。

気になる方は、
お気軽に資料請求・説明会へ