通信制大学と通学制大学との違いは? | 通信制大学 | サイバー大学
通信制大学ってなに?

通信制大学と通学制大学との違いは?

●通学と自宅学習

「通学制」と「通信制」。ここではこの2つの形態を比較してみましょう。毎日キャンパスに通って勉強する大学は「通学制」。それに対して通信制大学は通うのではなく、自宅学習を中心にしているところが一番大きな違いです。そのため通信制で、実際のカリキュラムはなかなかハード。やっぱり学士号の学位が授与される学校ですから、卒業は簡単ではありません。通信制では自律的な学習をしっかり進めていかなければならないのです。

通学制というと一切通学が不要と思われがちですが、多くの通信制大学でもスクーリングと言って、キャンパスや指定の会場に行って受ける授業もあり、そこで先生や他の学生とネットワークができます。インターネットで授業やコミュニケーションを行うタイプの大学では、まさに全体がネットコミュニティ。濃いコミュニケーションが地域を越えて広がるのが大きな魅力となっています。中にはiPadを使ってどこでも授業を受けられるといった大学もあり、アウトドアや居酒屋でビール片手に日本中の「同級生」と議論するなんて、通信制ならではの楽しみと言えそうです。

●入学試験

大学を検討する人にとって大きな違いは、多くの通信制大学で入学の際に学力試験が課されないことでしょう。学びたいと思ったら、年齢などの資格をクリアしていれば誰でも学ぶチャンスがある。それが通信制大学なのです。ただし、面接や小論文提出などが行われる場合もありますから、各大学の資料やホームページをしっかりチェックし、比較しておきましょう。

●自宅学習

自宅学習は忙しい会社員には大変なもの。「今日は疲れた・・・」と課題をためてしまうと、挽回するのが難しくなってきます。大学側も卒業率を高めるためにさまざまな工夫をしています。インターンシップのプログラムなどをうまく活用して、卒業後の自分の姿を具体的に思い浮かべながら学ぶといった仕組みは、モチベーションを維持するのに役立ちそうです。

学びたい学部に対してモチベーション維持のためにどんなサポートが用意されているか、確認しておきたいものです。

通信制大学はかつては卒業率が10~20%の低率と言われていましたが、今ではそうした工夫のおかげで60~70%といった高い卒業率をうたう大学もでてきました。

気になる方は、お気軽に資料請求・説明会へ