通信制大学の授業形態は? | 通信制大学 | サイバー大学
通信制大学ってなに?

通信制大学の授業形態は?

通学制の授業スタイルはイメージしやすいのですが、通信制大学の授業がどのように行われているのか分からないという人は多いようです。

通学制大学では、授業の進め方は基本的に先生に任されています。中には授業中の余談が長く学生を眠らせてしまうなんて話も耳にします。

一方、通信制大学では授業の質こそ大学の命。評価委員会に専門家を加えて毎年徹底的に練り上げたカリキュラムで勝負しているからこそ、現役ばりばりの社会人学生の関心に応えることができるのです。通信制大学のなかには、「インストラクショナルデザイン」という仕組みを導入している場合もあります。専門スタッフがネットや映像の授業を編集したりチェックしたり、十分な説明ができているか、興味をひくことができるかを確認し、授業を練り上げていきます。

通信制大学の授業は送られてきた教科書で自習するのが基本です。だからこそ年に数回のスクーリングのときには先生の声を実際に聴いて学べるという高い熱気をもった学生が集まります。

通信制の授業が有利なのは、時間や場所に縛られないこと。電車やカフェの中でも勉強できるし、休日をうまく活かしながら続けられます。通学制の大学のように、授業の時間に行ったのに休講なんてことはありません。

現在では、通信制大学の授業はさらに幅が広がっています。インターネットとパソコンやタブレットを使ってより情報量の多くインタラクティブな授業を行う大学が増えてきました。インターネットを使った授業なら、課題や質問をメールして、返信をもらうやりとりになるので学習がぐっとスピードアップします。その場で取り組める事例や演習問題の量も紙の教科書とは比較になりません。

インターネットを活用した通信制大学といってもIT関連の学部だけではありません。新しい学習スタイルで通信制大学の授業に取り組むのも魅力の1つとなっているのです。

気になる方は、
お気軽に資料請求・説明会へ