庄司 武史 | 通信制大学 | サイバー大学

庄司 武史

SHOJI Takeshi
  • 客員講師
  • 教養科目
学 位
博士(学術)
専門分野
社会思想史、社会学史
​​東海大学文学部、法政大学社会学部卒業後、2002年から2011年まで民間のシンクタンクで国や自治体の統計調査や産業振興・地域振興等に従事。この間、2008年に早稲田大学大学院社会科学研究科修士課程を修了。2013年9月、同博士後期課程修了(博士(学術))。早稲田大学社会科学総合学術院助手、同助教を経て、2017年4月より首都大学東京都市教養学部助教。2014年より現職。

学生へのメッセージ

私は歴史が好きで、最初、大学で考古学を勉強しました。今から何百年、何千年も昔の人びとの営みの痕跡からも、まるで現在のコンピュータ・ネットワークのように驚くほど豊かな「つながり」が浮かび上がってきます。私は、そういう「つながり」の糸で織り上げられる社会の姿を読み解くまなざしを身に付けたくて、社会学を学んでいます。無数の人間が織りなす無数の「つながり」からなる社会は、決してひとつではありませんし、決まったかたちを持つものでもありません。社会は不安定なものであり、それゆえに私たちに開かれたものでもあるのです。社会学をとおして、そのような、社会の豊かな可能性とほんのちょっとの不安を感じとってもらえればと思っています。

教員インタビュー