小林 至

KOBAYASHI Itaru
  • 客員教授
  • 教養科目
学 位
博士(スポーツ科学)
専門分野
経営学(スポーツマネジメント)、日米比較論
学校法人桜美林学園常務理事/桜美林大学教授 / 大学スポーツ協会(UNIVAS)理事
1968年生まれ。神奈川県出身。ロッテオリオンズの練習生を経て、91年、千葉ロッテマリーンズにドラフト8位指名を受けて入団。史上3人目の東大卒プロ野球選手となる。退団後、94年から7年間、アメリカに在住。その間、コロンビア大学で経営学修士号(MBA)を取得。2002年より江戸川大学助教授(2006年から2020年まで教授)。
2005年から2014年まで福岡ソフトバンクホークス取締役を兼任。パ・リーグの共同事業会社「パシフィックリーグマーケティング」の立ち上げや、王貞治会長の指導のもと、球界初となる「三軍制」の導入や、FAやトレードなどの積極的な活性策を打ち出し、常勝軍団の礎を築いた。
テンプル大学、立命館大学でも客員教授。スポーツ庁スタジアム・アリーナ推進官民連携協議会幹事、一般社団法人パラダンスクリエーターズ理事。一般社団法人東京ヴェルディクラブ、ジャングルX株式会社、株式会社白寿生科学研究所の顧問。近著『スポーツの経済学』(PHP)など著書、論文多数。家族は妻と2男1女。