科目概要

地域おこし実践論

地域おこし実践論

  • 社会科学

科目コード:GESS102

地域おこしとは、行政機関、商工団体、私企業などが、単独または連携により、地域の活性化を目指す取り組みである。本科目ではまず、その課題点と、成果を上げるための要諦を整理する。また、実例を紹介しながら、地域おこしが各地で活発化している背景を探る。各回では、それぞれの事例の関係者への取材ビデオを交えて解説を行う。地域おこしの重要性が広く語られるなか、本科目では、地域おこしに携わるうえで必要な視点を議論し、事業化するための課題解決能力を醸成することを目指す。

担当教員紹介

  • 北村 森
    北村 森
    KITAMURA Mori
    • 教授
    • 専門科目
    • 教養科目

    1966 年富山県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。「日経トレンディ」編集長を経て、2008 年に独立。2009 年よりサイバー大学客員教授に就任。2017年より現職。
    現在は、「中日新聞」「婦人公論」など8媒体でコラムを連載するほか、NHK ラジオ第一「Nらじ」などのテレビ・ラジオ番組でコメンテーターを務める。著書の「途中下車」はNHK 総合テレビでドラマ化された。

体験授業