荘司 雅彦

SHOJI Masahiko
  • 客員教授
  • 教養科目
学 位
学士(法学)
専門分野
実定法、法律実務、法哲学、法と経済学
東京大学法学部卒業後、旧日本長期信用銀行に入行し法人融資と個人営業を経験。その後、野村アセットマネジメント株式会社に転職し投信運用業務を経験。1988年に司法試験に合格し、1991年に弁護士登録。会社法務から刑事事件、民事事件、家事事件まで常時200件以上の案件(平均的弁護士の10倍以上)を処理してきた。2006年ころから講演、執筆業に専念するようになる。その間、SBI大学院大学教授として「交渉術」の講義を担当した。

学生へのメッセージ

私が担当する「六法と法哲学」は、法律についての知識が全くない学生を対象にした講義です。しかし、内容は他大学の「法学入門」とは大いに異なっています。六法に書かれている実定法の知識を獲得するだけが目的ではなく、未来志向の法学を「法哲学」を題材にして皆さんと一緒に考えます。AIの専門家等が頭を悩ませているトロッコ問題などを取り上げて、皆さんの中から未来を変える人材が出てくることを願っています。とはいえ、「平易で楽しく」が私のモットーなので、楽しみながら共に学んでいきましょう。