宮崎 康行 | 通信制大学 | サイバー大学

宮崎 康行

MIYAZAKI Yasuyuki
  • 客員教授
  • 教養科目
学 位
博士(工学)
専門分野
宇宙構造物工学、超小型衛星工学
1993年に東京大学大学院工学系研究科航空学専攻博士課程修了後、日本大学理工学部航空宇宙工学科助手となり、2008年に同教授。2001年から1年間、コロラド大学客員研究員、2006年から2年間、JAXA客員助教授を併任。JAXA等の人工衛星や宇宙探査機の開発に参加するとともに、超小型衛星3機を研究室で開発。現在、NPO法人大学宇宙工学コンソーシアム副理事長。サイバー大学では「人工衛星入門」を担当。

学生へのメッセージ

人工衛星というと、気象衛星「ひまわり」ですとか、BS放送の衛星、GPS衛星といったものが思い起こされるかと思います。そういった人工衛星は、数百kg、あるいは、1トンを超えるような、大型のものです。ですが、最近では、1kgの人工衛星も打ち上げられており、数kgから100kg未満の人工衛星を使って、ビジネスを行おうというベンチャー企業も増えてきました。そして、誰もが人工衛星を作る、使う、あるいは買うことができるようになってきました。冗談抜きに、誰もが宇宙を使える時代になったわけです。是非、皆さんにも、「自分が人工衛星を使って何かできるとしたら、何をするか」ということを、一度、考えてみてもらえればなと思います。