人工衛星入門 ~宇宙の総合エンジニアリング~ | 通信制大学 | サイバー大学

科目概要

人工衛星入門 ~宇宙の総合エンジニアリング~

人工衛星入門 ~宇宙の総合エンジニアリング~

  • 自然科学
昨今、100kg未満の超小型人工衛星を利用した事業の拡大により、通信や地球観測、気象などの様々な分野で社会への人工衛星の貢献が注目されている。本科目では、人工衛星に関する基本知識として、企画立案から打ち上げ・運用・廃棄までの流れと技術的背景を学ぶとともに、人工衛星を取り巻く昨今の状況や利用上の課題を踏まえて、今後の宇宙開発・利用の可能性を探求する。人工衛星について学ぶことで、工学的知識の獲得のみならず、新事業立ち上げや社会インフラ構築など、広い視野で総合的に技術と社会との関わりを理解することが期待できる。

担当教員紹介

  • 宮崎 康行
    宮崎 康行
    MIYAZAKI Yasuyuki
    • 客員教授
    • 教養科目

    1993年に東京大学大学院工学系研究科航空学専攻博士課程修了後、日本大学理工学部航空宇宙工学科助手となり、2008年に同教授。2001年から1年間、コロラド大学客員研究員、2006年から2年間、JAXA客員助教授を併任。JAXA等の人工衛星や宇宙探査機の開発に参加するとともに、超小型衛星3機を研究室で開発。現在、NPO法人大学宇宙工学コンソーシアム副理事長。サイバー大学では「人工衛星入門」を担当。

体験授業