コンピュータ入門 | 通信制大学 | サイバー大学

科目概要

コンピュータ入門

コンピュータ入門

  • 専門基礎科目
コンピュータを道具として「使う」ことは大切である。しかし、ユビキタス時代を迎えコンピュータがどんどん姿を変えていくとき、コンピュータについて「分かる」ことはもっと大切である。なぜなら、変化が激しいからこそコンピュータの基本原理・本質を理解することで、進展・変化を見守り、追随していく目をもつことができるからである。コンピュータにはハードウェア(プロセッサ・メモリ・入出力機器など)、ソフトウェア(基本ソフトウェア・応用ソフトウェア)、周辺機器(マウス・キーボード・ハードディスクなど)とインターネット通信機器などさまざまな要素がある。本科目ではそれらの各々について、歴史や原理を説明する。

担当教員紹介

  • 清尾 克彦
    清尾 克彦
    SEO Katsuhiko
    • 教授
    • 専門科目

    大手電機メーカーにおいて汎用コンピュータのCPUの開発と、HWの設計を支援するCAD開発を担当。半導体技術の進歩とともに、電子機器製品のシステムLSI化(特にHW・SWコデザイン)を推進。その後、企業内の半導体・情報ソフトウェア分野の技術者育成と共に、産官学による組込みシステム分野の人材育成に取り組む。現在はNPO法人「M2M・IoT研究会」でM2M/IoT分野の研究・教育に取り組んでいる。

  • 田中 頼人
    田中 頼人
    TANAKA Yorihito
    • 准教授
    • 専門科目

    現在のサイバー大学は(MOOCsとは異なり)オンラインで単位だけでなく学位まで取得できる、日本の大学教育界の異端のような存在です。
    しかし今後、これが異端でなく当たり前になり、皆さんが「私はサイバー大学の第○期の卒業生なんですよ!」と、自らの先行体験について語る時が来るでしょう。その様子を今から思い浮かべてみてください。それほど遠い将来ではないと思います。

体験授業