アセスメント・ポリシー(学修成果の検証に関する方針) | 通信制大学 | サイバー大学

サイバー大学では、アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)、カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)、ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)の三つのポリシーを起点として、本学が教育目的に掲げる人材育成を達成できているか、以下のとおり学修成果の検証を行い、大学全体の質的向上・改善を図るものとする。

アドミッション・ポリシーに関する検証

  • 入学時における志望動機等の集計分析および「基礎力診断」の受験結果分析により、本学での学修に適応可能な能力・意欲を有した者が入学しているか検証を行う。
  • 新入生の年齢・職業・希望するコース・プログラム等に関して経年的な傾向を把握し、それらの属性別に、本学での学修を継続する力が身に付いているか検証を行う。

カリキュラム・ポリシーに関する検証

  • 全学生・全科目の受講継続率や単位修得率等のデータを活用し、シラバスに定める成績評価基準に基づき、科目の到達目標として定義された「スキルセット」や科目目標の知識・技能が身に付いているか検証を行う。
  • 「授業評価アンケート」における知識・技能の修得度、「学生生活全般に関する満足度アンケート」での学修成果に関わる意識調査を基に、本学が求める専門知識・能力が身に付いているか検証を行う。

ディプロマ・ポリシーに関する検証

  • 卒業後1年未満の者に行う「卒業生ディプロマ・ポリシー達成度アンケート」により、卒業時に求める専門的能力と教養的能力が身に付いているか検証を行う。
  • 卒業後1年以上経過した者に行う「卒業生フォローアップアンケート」により、卒業後のキャリア等への影響が本学の人材育成目標に資するものとなっているか検証を行う。