いつでもどこでも学べる!最新の学習システム | 通信制大学 | サイバー大学

サイバー大学の学習システム「Cloud Campus」のご紹介

Chapter1

「Cloud Campus」で
こんなことができます!

サイバー大学では、履修(受講科目)登録から日々の受講、テスト、レポート提出、成績の確認まですべてクラウド型学習管理システム「Cloud Campus」を使って行います。
いつでもどこでも学べる「Cloud Campus」の機能をご紹介します。

授業コンテンツ視聴

サイバー大学での授業の基本形です。ビデオとスライド、インデックスで構成されており、ご自身の受講ペースに合わせて0.7〜2.0倍速で受講することが可能です。
また、ビデオとスライドの入れ替えや聞き逃してしまった箇所を少し戻る機能など、受講に特化した機能が備わっています。

小テスト

各回の最後には理解度を確認する小テストが設定されています。授業をしっかりと聞いていれば回答することができる内容となっており、最大5回まで受け直すことができます。
スマートフォンでもPCと同じような画面で受けることができます。

ディベート

科目によってはディベートを設定している授業もあります。
各科目を取っている学生同士が一つのテーマに沿って意見を掲示板に書き込んでいくスタイルで、こちらも最終的には授業の評価に加算されます。

レポート

レポートも「Cloud Campus」上で行うことができます。PC上で書いたレポートを「Cloud Campus」上でアップロードすることで完了します。
提出した履歴や、評価、ステータスも確認することができます。

オンラインプレゼンテーション

一部の科目やゼミでは、プレゼンテーションをオンラインで行う授業があります。学生一人ひとりが、教員が行う授業と同様、ビデオとスライドを使って発表します。
「Cloud Campus」を使えば、誰でも簡単にビデオとスライドを活用したプレゼンテーションが可能です。

Chapter2

PC・スマホ・タブレット
デバイスフリーで学べる

「Cloud Campus」は、PCはもちろん、iOSやAndroidを搭載したタブレット・スマホなどのモバイル端末に対応した、デバイスフリーのシステムです。いつでもどこでも、朝や帰りの通勤時間、会社の昼休み、家事や育児の合間といったスキマ時間を有効な学習時間に充てることが可能です。

複数のデバイスを
自由に使い分けできる!

複数の端末からアクセスしても、それぞれの学習履歴はクラウド上で統合されるので、自宅ではPC、外出先ではスマホで受講するなど、複数の端末を自由に使い分けて学ぶことができます。

オフライン環境の場所でも
受講できる!

モバイルアプリを利用して授業コンテンツを予めダウンロードしておけば、飛行機の機内などインターネットが無い環境で受講することも可能です。

Chapter3

ゼミや卒研では他のメンバーと
プレゼン、ディベートを行います。

ゼミや卒研などの一部の授業では、「Cloud Campus」のオンラインプレゼンテーション、ディベート機能を使用して、担当教員だけでなく他のメンバーとも意見交換をしながら学修を進めていきます。
映像を見るだけではなく、双方向でアクティブな学修ができるのも「Cloud Campus」の特徴の一つです。

ゼミナール・特別研究の進め方

ゼミナール・特別研究は、大学で学んだことの集大成です。教員や他の学生と意見を交わしながら進めていきます。
ゼミナールでは、教員が提示したテーマ(論文・書籍等)を理解し、その結果を他のメンバーに資料・スライドなどを使って発表、ディベートを行います。
特別研究は、各自で研究したいテーマを選択し、調査・学習・まとめを通じて、論文や企画書またはプログラムなどの最終成果物を完成させていきます。
先輩たちの研究タイトルの一部がありますので併せてご覧ください。(担当教員によって進め方は異なります。)

デバイスフリーでいつでもどこでも授業が受けられる Cloud Campus デバイスフリーでいつでもどこでも授業が受けられる Cloud Campus

サイバー大学では、履修(受講科目)登録から日々の受講、テスト、レポート提出、成績の確認まですべてクラウド型学修管理システム「Cloud Campus」を使って行います。その「Cloud Campus」が2019年4月にリニューアルし、さらに使いやすく多機能に進化します!
いつでもどこでも学べる「Cloud Campus」の機能を確認して、学生生活をイメージしてください。

Device Image Device Image

Tips

SNSや「Cloud Campus」上で、同じ目的の仲間と友達に!

SNSや「Cloud Campus」上でのコミュニケーションが主な交流の場になります。その他にもオフラインで大学主催の交流会を開いたり、学生同士で連絡を取り合って勉強会を開くオフ会が開催されたりしています。
またサイバー大学は幅広い属性の学生が在籍しているので、独学で勉強するのに比べて知見を幅広くもつことが出来ます。

Tips

学生生活サポート

授業で分からないところがあれば教員やTA(ティーチングアシスタント)に。また履修計画や学習方法などの指導を行うLA(ラーニングアドバイザー)が配置されている授業サポートセンターや、「Cloud Campus」の使い方やPCの操作で分からない時はシステムサポートセンターがサポートします。学生生活で分からないことや不安になったりする時は学生サポートセンターに相談できます。各サポートセンターは連携をとっているので、安心して学生生活を送ることができます。

Student's Voice

学生の声

サイバー大学では、幅広い年齢・職業・ライフスタイルの学生が在籍しています。
実際にサイバー大学で学ぶ先輩たちの生の声をご紹介します。
小泉 雄輝
メーカー系SIer
小泉 雄輝さん

気になる方は、お気軽に資料請求・説明会へ