教育方針・特色 | 通信制大学 | サイバー大学
IT総合学部が学生に提供するのは、高度な専門知識・研究のみならず、時代と社会、企業や組織が必要としている実践的な内容です。今求められているのは、ITだけの専門家ではなく、経営とIT、ITと法律といった複合分野の知識と経験を持った人材です。複合的な知識を持った人々が、大企業の中核、ベンチャー企業の経営者、マネージャーとなっているのです。

教育方針

IT総合学部は、ITの総合化技術を「学び」「活かし」「繋ぎ」「実践化する」ことを研究し、IT関連分野で社会貢献できる人材を育成します。「学ぶ」とはコンピューターの基礎技術からソフト応用技術、実現する社会の枠組みを含む知識の習得であり、「活かす」とは世界の最先端の研究や働く人々に触れることです。「繋ぐ」とは、ネットワークやセキュリティから、社会や企業を横断的に繋ぐ技術を現場から学ぶことであり、起業から経営に至る幅広い分野で「実践できる」人材を養成します。

変化の激しい情報化社会の中で、技術を習得するとともに、どのような業務や場面でどのように利用されるのかを知り、時代に則した複合的な知識を駆使して国際競争力のある独自技術・応用技術を研究開発し、仕事に役立てることができます。さらに、経営や起業といった実業分野への進出を目指す学生が集まることを期待しています。情報系企業で即戦力になるための研究教育を求める人たちはもちろん、最先端技術をフォローしたいと考える技術者、起業を志す現場の人達が、働きながら学び、学びつつ働くことができます。

特色

教員陣はコンピュータ、ソフトウェア、ネットワーク、セキュリティなど各界で実績のある専門家やIT企業のビジネスパーソンまで、この大学でしか出会えないプロフェッショナルがそろっています。情報技術を総合的に捉え、社会で実践できるように指導が受けられます。

授業では、学生がITシステムを駆使してプレゼンテーションしたり、インターネット上でディスカッションするなど、授業そのものにITが深く組み入れられています。

教育研究上の目的

IT総合学部IT総合学科は、一般生活や事業活動において社会基盤となりつつある情報通信技術の基礎知識から利用技術を身に付け、技術革新に即したITの実践的価値観を養い、ビジネス原理に基づく経済価値の創造への適用を探求することを教育研究目的とする。