MENU

セキュリティプログラム

安全なネットワーク利用のために。
未知の課題にも適切な対策を実践できる人材の輩出を目指す

ネットワークやソフトウェアの基礎を習得して、基本的なIT環境を十分理解した上で、実社会で問題になっている事例やその対策に触れながら、情報セキュリティに関する本質的な考え方を学ぶプログラムです。さまざまなセキュリティ障害に対し、適切な対策を実践できる、社会から求められる人材を育成します。

主な履修科目

UNIXサーバ構築Ⅱ、インターネット技術Ⅱ、情報セキュリティ入門、情報セキュリティマネジメント、暗号技術と情報セキュリティなど

科目 PICK UP!

「情報セキュリティ入門」

ITやIoT(モノのインターネット)が世界に広がり浸透する中で、情報セキュリティに関わる問題は深刻さが増すと同時に、企業や個人の生活において身近な問題となっている。ウイルスプログラムのみならず、無線通信の盗聴や、不正送金を目的としたマルウェアなどの新たな脅威も発生している。本科目の前半では、これらセキュリティ上の脅威に関する基礎知識と対応策について学習する。後半では、実際にパソコンやスマートフォンを利用するにあたって気をつけるべき事項について、具体的な事例を基にしたセキュリティ対策の修得を目指す。

講義を体験してみる
科目履修体系図

科目履修体系図

本学は、学生が目標とする知識と技術を効果的・効率的に身に付けられるよう、必修科目・選択科目の2種類の「履修区分」と各科目の「履修前提科目」をプログラム別に設定しています。
これらを図解したものが「科目履修体系図」です
卒業までの履修イメージを把握するためのツールとして活用してください。

卒業後の進路(職業例)

・セキュリティ部門担当者