MENU

学部紹介

テクノロジーとビジネスをバランスよく学び、真の実践力を身につける

IT総合学部

IT総合学部では、テクノロジーとビジネスの両面を教えることを基本コンセプトにしています。ソフトバンクが親会社であることを活かし、最先端の情報技術を総合的にとらえ、未来に向けて人々が豊かな人間性と多様な個性を育む社会の可能性を追求できる技術の研究教育を行っています。また、その応用としてのケーススタディ、さらにITが実際のビジネスにおいてどのように活用されているかなどITを使った最新のビジネスモデルまで、深く幅広く学びます。

高度IT人材

カリキュラム

本学部は、仕事や生活にITを活用したい全ての人に開かれた学習機会を提供し、ITそのものを習得することはもとより、商用化された最先端のテクノロジーを総合的に捉え、その活用技術の本質を理解し応用できる人材を育成します。
1、2年次は「ビジネスのわかるITエンジニア」と「ITのわかるビジネスパーソン」になるための必要なITとビジネスの基礎を習得します。 3年次からはコースを選択します。社会的ニーズの高い分野を体系的に学び、社会で活躍できる真の実践力を身につけます。

テクノロジーコース

ビジネスの分かるITエンジニアを目指す

テクノロジーコース

TECHNOLOGY

コースの詳細はこちら

ITコミュニケーションコース

ITを活用したい全ての人へ

ITコミュニケーションコース

IT COMMUNICATION

コースの詳細はこちら

卒業要件・卒業時に取得できる学位

正科生が学士号を取得するには、「専門基礎」「専門応用」「卒業研究」の科目群で構成される専門科目と、教養科目・外国語科目を合計で124単位以上、修得する必要があります。また、他大学で修得した単位について、その内容を審査の上、単位認定する制度もあります。

科目 必要単位 内訳
専門科目(専門基礎、専門応用、卒業研究) 62単位 2単位×31科目
教養科目 24単位 1単位×24科目※1
外国語科目 12単位※2 2単位×6科目
共通区分(専門・教養・外国語科目から選択) 26単位 専門・教養・外国語科目いずれでもよい。ただし外国語は上限8単位
  • ※1、2単位の科目もあります。
  • ※2、外国語の4単位は教養科目の選択科目から履修可能。

卒業時にIT総合学の学士号(4年制大学の卒業資格)を取得できます。

資格取得に活かせる科目

サイバー大学の専門科目は、自学自習では難しい体系だてた知識の習得が可能なことと、その実践的な内容が資格認定機関に認められ、以下の資格を取得する際の申請条件として活用することができます。

  • プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル(PMP)
  • 情報セキュリティ監査アソシエイト(CAIS-Associate)
  • TOEIC、TOEFL、英検(実用英語技能検定)

詳しくはこちら