中谷 祐介 | 通信制大学 | サイバー大学

中谷 祐介

NAKAYA Yusuke
  • 教授
  • 専門科目
学 位
博士(情報科学)
専門分野
数値解析
早稲田大学理工学部情報学科を卒業後、同大学院理工学研究科情報科学専攻修士課程、博士課程を修了。その後、早稲田大学理工学部助手、客員講師などを経て、2010年よりサイバー大学IT総合学部に着任。

学生へのメッセージ

プログラミングの上達のためには「習うより慣れろ」ということが言われます。一方的に教わるだけではなく、自ら多くのプログラムを書く方が上達が早いということです。大学の学びにおいても似たようなことが言えます。先生から一方的に教わり分からないことをすぐに質問するのではなく、疑問に思ったことはまず自分で調べてみる。そこから新たな発見があることもあります。その内容を元に先生に質問をすれば、より深い議論ができるでしょう。このように、自ら学ぶことで、物事をより深く理解することができます。ぜひ、サイバー大学で自らの学びを実践してください。

教員データ

教育能力に関する事項

1.教育方法の実践例
1) 講義用Webページの作成
平成15年度~平成21年度 「情報リテラシ」「IT入門」「Cプログラミング」「Javaプログラミング」等の情報系科目を担当

研究テーマ

計算機による数値計算を行う際に含まれる誤差を正確に見積もり,計算結果に対する精度を保証する「精度保証付き数値計算」に関する研究

所属学会

電子情報通信学会

学会・社会活動

2006年6月~2008年5月 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ 庶務幹事
2010年6月~2016年5月 電子情報通信学会 回路とシステム研究専門委員会委員
2011年6月~2013年5月 電子情報通信学会 英文論文誌A 編集幹事
2013年6月~2014年5月 電子情報通信学会 編集顧問

研究活動または実務経験

2002年4月~2003年3月 ドレスデン工科大学(ドイツ) 客員研究員
2010年4月~2016年3月 早稲田大学理工学術院 客員主任研究員
2015年5月~現在 一般財団法人中谷宇吉郎記念財団 評議員

研究業績【論文】

1. Finding All Solutions of Nonlinear Systems of Equations Using Linear Programming with Guaranteed Accuracy
共著 査読有 1998年2月 Journal of Universal Computer Science vol.4, no.2

2. 非線形方程式に対する精度保証付き数値計算法に関する研究(学位論文)
単著 2000年3月 平成11年度早稲田大学 博士論文

3. 変数分離形非線形方程式の解の非存在の厳密な数値的検証法と全解探索への応用
共著 査読有 2001年11月 電子情報通信学会論文誌 A, vol.84, no.11, pp.1377-1384

4. 実対称定値一般化固有値問題のすべての固有値の精度保証付き数値計算法
共著 査読有 2004年8月 電子情報通信学会論文誌 A, vol.87, no.8, pp.1111-1119

5. Numerical existence proof of five solutions for certain two-transistor circuits equations
共著 査読有 2009年11月 Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics, vol.26, no.2-3

6. フルオンライン大学におけるプログラミング系演習科目の運営
単著 2016年 サイバー大学「eラーニング研究」, 第5号, pp.31-38

7. フルオンライン大学におけるプログラミング系科目の演習環境
単著 2017年 サイバー大学「eラーニング研究」, 第6号, pp.33-38

8. 仮想環境を用いたネットワーク演習環境の提案
共著 2018年 サイバー大学「eラーニング研究」, 第7号, pp.1-6

研究業績【その他】

<国際会議>
1. Finding All Solutions of Nonlinear Systems of Equations Using Linear Programming with Guaranteed Accuracy
共著 1996年10月 Proceedings of 1996 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA '96), pp.57-60, Kochi, Japan

2. Finding All Solutions of Nonlinear Systems of Equations Using Linear Programming with Guaranteed Accuracy
共著 1997年9月 Proceedings of GAMM/IMACS International Symposium on Scientific Computing, Computer Arithmetic and Validated Numerics (SCAN '97), pp.VII-5 - VII-8, Lyon, France

3. Mathematical Programming Based Rigorous Numerical Nonexistence Test for Solutions of Nonlinear Equations
共著 1997年9月 Proceedings of GAMM/IMACS International Symposium on Scientific Computing, Computer Arithmetic and Validated Numerics (SCAN '97), pp.VII-9 - VII-11, Lyon, France

4. A Numerical Method for Checking Nonexistence of Solution of Nonlinear Equations Using Optimization
共著 1997年11月 Proceedings of 1997 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA '97), pp.313-316, Hawaii, USA

5. An Efficient Method for Finding All Solutions of Nonlinear Equations with Guaranteed Accuracy
共著 1998年9月 Proceedings of 1998 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA '98), pp.899-902, Crans-Montana, Switzerland

6. Numerical Verification of Nonexistence of Solutions for Nonlinear Equations and its Application to All Solutions Algorithm
共著 1999年12月 Proceedings of 1999 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA '99), pp.835-838, Hawaii, USA

7. A Numerical Method of Proving the Existence of Solution for Nonlinear Equations with Guaranteed Accuracy
共著 2000年9月 Proceedings of 2000 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2000), pp.689-691, Dresden, Germany

8. Numerical Verification of Solution for a System of Nonlinear Equations
共著 2001年10月 Proceedings of 2001 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2001), pp.235-238, Zao, Japan

9. Numerical Verification of Five Solutions in Two-transistor Circuits
共著 2006年9月 Proceedings of 2006 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2006), pp.307-310, Bologna, Italy

10. A class of ill-conditioned nonlinear algebraic equations
共著 2007年9月 Proceedings of 2007 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2007), pp.172-175, Vancouver, Canada

11. Construction of the User Support System for Performance Evaluation Tool of Building Environment
共著 2018年2月 Journal of Asian Institue of Low Carbon Design (JAILCD 2018), pp.39-41, Fukuoka, Japan

<講演>
1. 線形計画法を用いた非線形方程式の精度保証付き全解探索
共同 1996年7月 電子情報通信学会非線形問題研究会 NLP96-57 浜松

2. 線形計画法を用いた非線形方程式の精度保証付き全解探索
共同 1996年9月 電子情報通信学会1996年ソサエティ大会 金沢大学

3. 「高分子溶液の2相平衡」方程式の精度保証付き全解探索
共同 1996年11月 「新しい科学計算技法とその誤差解析」研究集会 九州大学

4. 数理計画法に基づいた非線形方程式の解の非存在の数値的検証法
共同 1996年12月 電子情報通信学会非線形問題研究会 NLP96-111 早稲田大学

5. 化学平衡系の非線形方程式の精度保証付き数値計算
共同 1997年6月 電子情報通信学会非線形問題研究会 NLP97-53 九州大学

6. 高分子溶液の多相平衡に関する非線形方程式の全解探索
共同 1997年9月 電子情報通信学会1997年ソサエティ大会 早稲田大学

7. 最適化手法による非線形方程式の解の非存在性の数値的検証法
共同 1997年9月 電子情報通信学会1997年ソサエティ大会 早稲田大学

8. 内点法を用いた非線形方程式の探索領域における解の非存在判定法について
共同 1998年3月 電子情報通信学会1998年総合大会 東海大学

9. 線形計画法を用いた非線形方程式の解の非存在検証法
共同 1998年3月 電子情報通信学会1998年総合大会 東海大学

10. An Efficient Method for Finding All Solutions of Nonlinear Equations with Guaranteed Accuracy
共同 1998年9月 1998 Internatioal Workshop on Verified Numerical Computation (IWVNC '98) 早稲田大学

11. 非線形方程式の解の非存在検証法の効率化
共同 1998年9月 電子情報通信学会1998年ソサエティ大会 山梨大学

12. 非線形方程式の解の非存在の厳密な数値的検証法
共同 1999年9月 電子情報通信学会1998年ソサエティ大会 日本大学

13. 非線形方程式に対する精度保証付き数値計算法
共同 2001年6月 日本シミュレーション学会第20回シミュレーション・テクノロジー ・コンファレンス 中央大学

14. 回路基本定理の反例の計算機による構成
共同 2007年2月 21世紀COEプログラム「プロダクティブICT アカデミアプログラム」総合シンポジウム 早稲田大学

15. Numerical verification of a counterexample for a fundamental theorem on transistor circuits
共同 2007年3月 International Workshop on Numerical Verification and its Applications (INVA2007) 早稲田大学

16. 線形受動抵抗回路の解の精度保証について
共同 2008年10月 電子情報通信学会非線形問題研究会 NLP2008-56 石巻専修大学

17. 線形抵抗回路の動作点の数値的精度保証法
共同 2009年1月 電子情報通信学会非線形問題研究会 NLP2008-124 宮崎

18. 行列式が1の3次整数行列の一生成法
共同 2009年1月 電子情報通信学会非線形問題研究会 NLP2008-125 宮崎

19. 能動素子を含むある種の抵抗回路の解の精度保証について
共同 2009年7月 電子情報通信学会回路とシステム研究会 CAS2009-4 釧路

20. 建築環境分野における研究・開発支援のためのユーザインタフェースの構築
共同 2014年9月 第13回情報科学技術フォーラム 筑波大学

21. 教育環境分野における建物性能評価ツールに対するユーザ支援システムの構築
共同 2015年3月 情報処理学会第77回全国大会 京都大学

22. オンライン大学のプログラミング演習科目における受講状況と成績の関係に関する考察
共同 2016年3月 情報処理学会第78回全国大会 慶応義塾大学

23. オンライン大学における出席時間に関する考察
共同 2016年3月 2016年電子情報通信学会総合大会 九州大学

24. オンライン大学におけるプログラミング教育の取り組み
共同 2016年3月 2016年電子情報通信学会総合大会 九州大学

25. 個人の認知分析に着目した協調学習を支援するグルーピングシステムの開発
共同 2017年9月 第16回情報科学技術フォーラム講演論文集(FIT2017) 東京大学

26. オンライン大学における演習系科目の運営
共同 2017年9月 教育システム情報学会研究会 サイバー大学

27. Machine Learning Application for Plant Cost Engineering Support System
共同 2018年3月 情報処理学会第80回全国大会 早稲田大学

28. オンライン大学におけるプログラミング演習時間と成績に関する一考察
共同 2018年3月 情報処理学会第80回全国大会 早稲田大学

29. テーマに対する興味と性格傾向による活発な議論を生み出すためのグルーピングシステムの検討
共同 2018年3月 情報処理学会第80回全国大会 早稲田大学

30. ネットワーク教育のためのネットワークシミュレータの仕様に関する考察
共同 2019年3月 情報処理学会第81回全国大会 福岡大学

31. プログラミング教育に必要な英語能力に関する考察
共同 2019年3月 情報処理学会第81回全国大会 福岡大学

<解説>
1. 線形方程式に対する高速精度保証付き数値計算
単著 2003年4月 日本知能情報ファジィ学会誌 vol.15, no.2, pp.161-167

競争的研究資金の採択歴

研究代表者
・2001年度 科学研究費補助金 奨励研究(A)
「非線形方程式に対する精度保証付き数値計算法に関する研究」(13780256)
・2004年度~2006年度 科学研究費補助金 若手研究(B)
「非線形方程式に対する解の存在検証の高速化に関する研究」(16700018)

研究分担者
・2008年度~2010年度 科学研究費補助金 基盤研究(C)
「汎用回路解析プログラムの解の精度評価に関する回路理論及びグラフ理論的検討」(20560374)

教員インタビュー