朝田 健治 | 通信制大学 | サイバー大学

朝田 健治

ASADA Kenji
  • 客員教授
  • 教養科目
学 位
学士(工学)
専門分野
プロジェクトマネジメント
国立千葉大学工学部写真工学科卒。TVドキュメンタリー番組のカメラマンとして、10数年間アジア、アフリカ、中南米を中心に少数民族の生活や野生動物の生態を撮影。また、古代エジプト調査隊に隊員として参加し、発掘や遺跡の記録映像を制作してきた。

学生へのメッセージ

小型のビデオカメラとパソコンがあれば誰でも映像制作ができる時代になりました。映像は、文章では表現しきれない事柄を雄弁に伝えることのできるメディアです。私の授業では、映像制作の基本知識と、私がアフリカや南米などで伝統的な暮らしを続ける少数民族と長期間生活を共にしながら記録した番組を紹介し、その制作の現場から学んだ実践的な知識を伝えていきたいと考えています。映像は、<その時、その場所>にいた人だけが残すことができる記録です。映像制作のノウハウを学んで、記録映像に取り組んでみてはいかがでしょうか。

教員データ

教育能力に関する事項

1. 教育方法の実践例
1) 株式会社日本映像記録センターにおける新人研修の実施
1984年4月13~15日

2. 作成した教科書,教材
1) 小型映画同好会冊子「ビデオカメラの構造と使い方」
1984年8月1日

2) 映像教材「鎌倉の奇祭・孕人祭」
2007年2月2日

3) e-learning授業コンテンツ制作
2006年~現在に至る

4) 映像教材「フランスの世界遺産巡り」
2010年7月

3. 実務の経験を有する者についての特記事項
1) (株)社会計画研究所主催「映像と町づくりセミナー」での講習
1989年12月15日

2) (株)社会計画研究所主催「合掌造りと「結」セミナー」での講演
1998年12月20日

3) 小型映画同好会主催「小型映画研究会」講習
1985年4月28日

4) 「民族誌映像を見る会」における撮影解説
2008年から現在まで(毎月1回)

5) 「無形文化財「田遊び」の映像アーカイブ制作研修
2010年2月

6) フランス世界遺産研修の実施
2010年6月、2011年8月

職務実績に関する事項

1. 映像制作に関する実務
1972年、日本のテレビドキュメンタリーの草分け的存在である牛山純一が設立した日本映像記録センターで専属スタッフとして入社、同社にて大島渚、堀川弘道のドキュメンタリー制作の助監督を務める。
その後、撮影部に異動し、シリーズ「すばらしい世界旅行」(NTV)二十数作品、シリーズ「知られざる世界」(NTV)十数作品の撮影を担当、その他スペシャル番組等も数作品手がける。86年に独立、オランダに支社を持つユニオンプロジェクト(株)と契約し、2年間オランダに滞在し、主にヨーロッパのモータースポーツの記録映像の撮影演出を手がける。帰国後、テレビのドキュメンタリー番組や教育ビデオなどの演出活動を続け今日に至る。

1998年4月 演出作品:社長賞(日産社内)「neoDIディーゼルエンジン」(日産)
1999年3月 映像作品:第14回マルチメディアグランプリ1999」シアター・展示部門 パブリック賞「結-白川郷に残る日本人の絆」
2000年4月 演出作品:文部科学省選定「落語で学ぶ 八っあん熊さんの交通安全」
2001年3月 映像作品:財産法人電源開発振興センター 平成12年度地域産業情報提供事業  優秀賞「赤い渦巻きはどこから来たのか―装飾古墳の源流を探る」
2002年10月 演出作品:文部科学省教育映画祭優秀作品賞・文部科学省選定「危ない!お母さんの交通安全」
2003年3月 演出作品:文部科学省教育映画祭優秀作品賞・文部科学省選定「狙われる女子高生―出会い系サイトの罠―」

研究テーマ

映像アーカイブの作成(小笠原世界遺産の映像アーカイブおよび映像によるオーラルヒストリーの作成)

所属学会

エジプト学会

学会・社会活動

エジプト学会、日本映画テレビ技術協会、太陽の船復原研究所、民族誌映像を見る会

2011年12月 町おこし映像の制作「新しい岩船の出帆」
2012年7月 町おこし映像の制作「塩谷海岸侵食の現状を訴える」
2013年6月 公開研究集会「国際ジャーナリスト磯村尚徳のDNA」開催

研究活動または実務経験

1972年10月~1987年3月 (株)日本映像記録センター専属カメラマンとして、「すばらしい世界旅行」(NTV)約20作品、「知られざる世界」(NTV)十数作品の撮影を担当、その他スペシャル番組等も数作品手がける。
1987年4月~1989年3月 (株)ユニオンプロジェクトの専属カメラマンとして、オランダに滞在。この間に、ヨーロッパのモータースポーツの記録映像を撮影・演出を担当。
1990年2月 映像制作会社(有)ぱとす設立 代表取締役に就任。テレビ番組、教育ビデオ、企業PRビデオの撮影・演出を手がけてきた。

この間の主な作品:

<撮影作品>
1989年12月 テレビ朝日開局記念30周年番組「ザ・ビッグメディスン、あなたの命があぶない」 テレビ朝日
1992年10月 「中国の秘境、悠久の青海湖」 テレビ東京
1994年 3月 「人体パートⅡ脳と心~無意識と創造性」 NHK・総合
1994年 3月 「動物奇想天外<ザイールのゴリラ>」 TBS
1995年11月 「情熱の大地・ブラジル」 NHK・BS
1997年 7月 「島に祈りがよみがえった~射爆演習場と神女たち~」 NHK総合
1997年12月 ハイビジョン作品「野の芸術家たち」 電源地域振興センター
1998年12月 ハイビジョン作品「結~白川郷に残る日本人の心の絆~」 電源地域振興センター
1999年12月 ハイビジョン作品「水と文化の回廊」 電源地域振興センター
2000年12月 ハイビジョン作品「赤い渦巻きはどこから来たのか ~装飾古墳の源流を探る~」 電源地域振興センター
2001年 7月、2002年10月、2003年10月 第1~3回国際シンポジウム「イスラムとIT」 早稲田大学エジプト学研究所
2004年11月、2005年7月、8月、9月 稲盛和夫「盛和塾」講演の映像記録 (株)ワイツー
2012年 7月 小笠原世界自然遺産の映像アーカイブ収録
2012年 8月 「元NHK磯村尚徳氏のジャーナリズム論をオーラルヒストリとして収録」

<演出作品>
1989年 2月 「君の夢に翼を-豊橋科学技術大学-」豊橋科学技術大学
1989年 9月 「89年早稲田大学エジプト」 日本学術記録株式会社
1990年 2月 「江戸の技~出初め式~」 江戸消防記念会
1990年 3月 「琵琶湖の漁業と漁師の祭」 滋賀県教育委員会
1992年 8月 「住み良し社会に貢献する郵便貯金資金」 郵政省
1995年 5月 「ニュース23特集・森に生きるツシマヤマネコ」 テレビ朝日
1996年 3月 「neoDIディーゼルエンジン」 日産
1996年 9月 「作家たちの関東大震災」 MXTV
1997年 7月 「ニュースステーション特集<赤く染まる海~小笠原の知られざる環境汚染~>」 テレビ朝日
1999年12月 「落語で学ぶ 八っあん熊さんの交通安全」 教配・交通安全協会
2001年 7月 「危ない!お母さんの交通安全」教配・交通安全協会
2002年11月 「出会い系サイト 狙われる女子中高生」教配
2003年 6月 「吉村作治といく古代エジプト歴史の旅」 ポニーキャニオン
2003年10月 「古代エジプト文明と遺跡(追加3部作)」 (株)アケト
2004年 3月 「みんなでやろう小さな農業」 (株)社会計画研究所
2004年 8月 教育ビデオ「やめようネットでウソと悪口」(株)教配
2004年10月 通信講座ビデオ「エジプト考古学入門」 (株)アケト
2005年 3月 「若者の交通事故~増加するバイク事故~」 教配・交通安全協会
2006年 6月 「吉村作治のエジプト発掘40年」 (株)アケト
2008年 5月 「吉村作治の古代エジプトミステリー」 (株)アケト
2010年 5月 「吉村作治の古代エジプトの秘宝」 (株)アケト

<その他>
2012年10月 アーカイブ映像収録『磯村尚徳X松平定知対談(国際ジャーナリスト磯村尚徳の軌跡)』
2012年12月 アーカイブ映像収録『磯村尚徳・講演集会(若者よアメリカだけが世界ではない)』<早稲田大学内において>
2013年1月 アーカイブ映像収録『磯村尚徳・講演集会(日仏の指導者が相手を見る視線ーその将来ー)』<フランス、エコール・ポリテクニックにおいて>
2013年1月 記録映像制作『エジプト考古学者・吉村作治の足跡』
2013年2月 アーカイブ映像収録『磯村尚徳X千住真理子対談(日欧文化交流について)』2013年4月 子ども夢基金「体験してみよう!世界遺産「小笠原諸島」の不思議 サイト公開

研究業績【著書】

1. 伝えたい国際人のDNA 磯村尚徳・国際派ジャーナリストの軌跡(オーラル・ヒストリーシリーズ)
共著 2013年6月 学習ソフトウェア情報研究センター

研究業績【その他】

1. カイロ博物館における展示出土品の記録撮影
2007年10月17日〜26日

2. ルーブル博物館、ベル新博物館、ライデン博物館における古代エジプト関連展示出土品の記録撮影
2008年6月1日〜11日

3. エジプト・ルクソール博物館における展示出土品の記録撮影
2008年3月15日〜24日

4. カイロ博物館における展示出土品の記録撮影
2008年11月9日〜17日

5. メトロポリタン博物館、ボストン博物館、ブルックリン博物館における古代エジプト関連の展示出土品の記録撮影
2008年9月21日〜28日

6. カイロ博物館他における展示出土品の記録撮影
2009年1月28日~2月7日

7. エジプト発掘調査の映像アーカイブ撮影
2009年7月6日~13日、2009年10月12日~21日、2011年6月20日~26日

8. 太陽の船復原プロジェクトシンポジウムの映像記録
2010年11月29日

学内プロジェクト研究所

現代アーカイブズ研究所(研究員)
2010年度~2013年度
無形文化遺産デジタルアーカイブ・ネットワークの研究(オーラル・ヒストリーの制作)

競争的研究資金の採択歴

研究分担者
・2011年度~2012年度 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C)
「アウェアネスとオントロジーを活用したe-Learning支援システムの研究」(23501198)

1999年3月 ハイビジョン作品「結―白川郷に残る日本人の絆」 第14回マルチメディアグランプリ1999」シアター・展示部門 パブリック賞
2001年3月 ハイビジョン作品「赤い渦巻きはどこから来たのか―装飾古墳の源流を探る」 財団法人電源開発振興センター 2000年度地域産業情報提供事業 優秀賞
2002年10月 「危ない!お母さんの交通安全」(教配・交通安全協会) 文部科学省教育映画祭優秀作品賞
2003年3月 「出会い系サイト 狙われる女子中高生」 文部科学省教育映画祭優秀作品賞
2013年7月 「体験してみよう!世界遺産「小笠原諸島」の不思議 学習デジタル教材コンクール学情研賞受賞