基本情報

学部 共通課程
科目 スタディスキル入門
教員名 米山 あかね、河内 一了
年度 / 学期 2019年度春学期
開講期間 2019/4/2  ~  2019/6/4
科目履修区分 教養(必修)/教養科目
単位 1
科目レベル 1

ページの先頭へ戻る

科目概要

本科目の目的は、eラーニングで必要とされる、基本的な学習技術(スタディスキル)として、「1.クラウドベースのeラーニングシステムを利用した学習方法(テクニカルスキル)」、「2.オンライン授業におけるコミュニケーションスキル」、「3.自己管理能力(マネジメントスキル)」、「4.各課題に取り組むためのアカデミックスキル」を身につけ、「自ら学び続ける力」の基礎を養うことである。具体的には、eラーニングシステムの各機能の使い方、モバイル端末を活用した学習方法、学習計画の立て方、計画の実施・管理方法、情報の検索方法・読み方・まとめ方、レポートの書き方などを扱う。また、学期を通して、意見交換の場である「ディベート」などを活用し、相互に学びあう姿勢を身につける。期末課題としては、卒業までに身につけるべき知識・技能・態度に照らして、現時点での客観的な自己分析の下、卒業後を見据えた学修プランを作成する。

ページの先頭へ戻る

科目目標

①クラウドベースのeラーニングシステムを利用し、学習に必要な機能を使用することができる
②ディベート等を用いて、相手を尊重しながらオンライン授業でのコミュニケーションをはかることができる
③時間管理の仕方、授業の受け方、ノートの取り方、基礎的な情報検索方法、レポートの書き方等についての重要なポイントを挙げることができる
④自己分析をし、自分の学習習熟度を示すことができる
⑤卒業までの目標と学修プランを立てることができる

ページの先頭へ戻る

履修前提条件

※この科目はサイバー大学の正科生として卒業を目指す方を主な対象としています。
授業内容の一部にサイバー大学特有の内容を含むため、履修登録の際にはご注意ください。

※本科目は第7回と第8回を統合しています。
また、各回の出席認定期間の締切が他科目とは異なりますので、必ず「学事スケジュール」にてスケジュールを確認した上で、受講を進めるようにしてください。

【初回の出席認定期間締切(スタディスキル入門のみ)】
 2019年4月9日正午

ページの先頭へ戻る

授業教材

教科書 ※購入必須

なし

ツール

ツール名 発売元 バージョン 必要PCスペック 備考
ツール名
Microsoft Excel
発売元
Microsoft
バージョン
2010以降
必要PCスペック
備考
第2回レポートおよび期末試験で使用します。なお、Excel for Mac 2011 はサポート期間終了のため除外します。

参考資料 ※購入任意

題名 著者 出版社 発行年 備考
題名
大学生のための論文・レポートの論理的な書き方
著者
渡邊淳子
出版社
研究社
発行年
2015.7
備考
1,300円(税別) 【附属図書館で提供している「Maruzen eBook Library」でも見ることができます。 https://sites.google.com/cyber-u.ac.jp/library/site/search/maruzenebook (新入生のID、PWの発行は4月中旬または10月中旬に実施予定)
題名
大学生 学びのハンドブック[4訂版]
著者
世界思想社編集部
出版社
世界思想社
発行年
2018.1
備考
1,200円(税別) 【附属図書館で提供している「Maruzen eBook Library」で[3訂版]を見ることができます。 https://sites.google.com/cyber-u.ac.jp/library/site/search/maruzenebook (新入生のID、PWの発行は4月中旬または10月中旬に実施予定)】
題名
大学生のためのリサーチリテラシー入門
著者
山田剛史/林創
出版社
ミネルヴァ書房
発行年
2011.8.10
備考
2,400円(税別) 【附属図書館で提供している「Maruzen eBook Library」でも見ることができます。 https://sites.google.com/cyber-u.ac.jp/library/site/search/maruzenebook (新入生のID、PWの発行は4月中旬または10月中旬に実施予定)】

その他の資料

なし

ページの先頭へ戻る

期末試験実施方法について

レポート形式

ページの先頭へ戻る

授業時間外の学修と評価について

<授業時間外の学修について>
■前回の講義内容について繰り返し視聴を行って復習するとともに、予習として科目のお知らせで提供する追加情報や次回の学習資料を確認してください。
■学習資料を見た上で、分からない専門用語については、学内外の電子辞書サービス等を活用して調べておきましょう。
■受講後の発展的学習として、シラバスや授業内で紹介する参考図書や関連情報のサイトを熟読してください。

<評価について>
■本科目の評価は小テスト、ディベート、レポート、および期末試験レポートで行います。各回の課題を行うことによって、最後の期末試験レポートが実施可能となる仕組みとなっているため、各回の課題に必ず取り組んでください。
■各回の課題が満点だったとしても、期末試験レポートが提出されなければ単位を得ることは出来ないので必ず提出してください。

ページの先頭へ戻る

評価配分

ディベート レポート 小テスト 期末試験 その他 合計
20 % 10 % 50 % 20 % 0 % 100 %
 20 %   10 %   50 %   20 %   0 %   100 % 

ページの先頭へ戻る

各回の授業内容

授業内容および目次 小テスト他 備考(教科書、参考資料等)
第1回 1)タイトル:
ようこそ!サイバー大学へ

2)学習目標:
学習の流れを見ていきながら、本学で学習する上で必須となる知識、各種課題に取り組む上でのコツや注意点、ネット・メール・ディベート活用方法、困ったときの問い合わせ先について理解し、実際にLMSで小テスト受験、ディベート書き込みができるようになることを目標とする。

3)目次:
第1章 サイバー大学での学び方
第2章 Cloud Campusを使いこなす
第3章 成功の秘訣~ネット、メール、ディベートの活用~
第4章 円滑な学習のために~各種サポート~
第5章 学習を始めるにあたって

この回の課題
・ディベート
・小テスト
 
第2回 1)タイトル:
ゴールとその道筋

2)学習目標:
大学で学ぶ意義、サイバー大学で学ぶことで何を身につけられるのか、卒業までのプロセス、そして目標設定の仕方について理解し、後の回で目標設定を行う準備を整える。
目標設定の第一段階として、自分が身につけている知識・技能・態度がどのレベルにあるのかを自己分析できるようになることを目標とする。

3)目次:
第1章 オリエンテーション
第2章 サイバー大学で学ぶということ
第3章 卒業までの道のり
第4章 目標を考える
第5章 第2回 課題について

この回の課題
・レポート
 
第3回 1)タイトル:
時間管理を身につける

2)学習目標:
タイムマネジメントの基本的な考え方、学修プランのPDCAサイクルをまわすことの大切さ、環境を整えることの大切さについて理解し、その上で、自己の目標、サイバー大学で学び続けるための自分なりの攻略法のうち、どちらかを深堀して考え、提示できるようになることを目標とする。

3)目次:
第1章 時間管理の重要性
第2章 ドラッカー流時間管理術
第3章 計画の立て方
第4章 学修環境を整える
第5章 第3回 課題について

この回の課題
・ディベート
 
第4回 1)タイトル:
効果的学習方法

2)学習目標:
本学での学習をより効率的・効果的にするための、授業の受け方、ノートの取り方などのコツ、およびモバイル端末の活用方法について、重要ポイントを挙げられるようになることを目標とする。

3)目次:
第1章 受講の流れ
第2章 受講の際のポイント
第3章 学習意欲の維持と期末試験
第4章 モバイル端末を活用した効果的学習方法

この回の課題
・小テスト
 
第5回 1)タイトル:
レポートの書き方

2)学習目標:
レポートを書くことの重要性や、レポートと他の文書との違い、レポートを書く上での表現上・形式・内容に関する注意点、レポート作成の手順などについて、重要ポイントを挙げられるようになることを目標とする。

3)目次:
第1章 レポートとは何か
第2章 書く前にやるべきこと
第3章 書く際にやるべきこと/やってはいけないこと
第4章 書き終えた後にやるべきこと

この回の課題
・小テスト
 
第6回 1)タイトル:
情報リテラシー

2)学習目標:
本学図書館で導入しているサービスを用いた検索方法、外部サービスを用いた基礎的な検索方法、情報を批判的に読み取るための基本的な姿勢について理解し、また、適切な参考文献の出典記載を選択することができるようになることを目標とする。

3)目次:
第1章 情報検索の方法
第2章 情報の読み取り方
第3章 情報のまとめ方
第4章 情報リテラシー実践

この回の課題
・小テスト
 
第7回 1)タイトル:
第7・8回 サイバー大学キャンパスライフ・サイバー大学攻略プラン

2)学習目標:
 【第7回の目標】
サイバー大学で利用できる各種サービス、学習や他の学生との交流に活用できる外部サービスについて理解し、サイバー大学でのキャンパスライフをより良くするための方法について、重要ポイントを挙げられるようになることを目標とする。
 【第8回の目標】
本科目で学習してきた内容を振り返り、全体を通しての重要ポイントを挙げられるようになることを目標とする。

3)目次:
第1章 キャンパスライフ充実のための各種サポート
第2章 キャンパスライフ充実のための各種ツール
第3章 サイバー大学学生の心得
第4章 卒業生が語る成功の秘訣
第5章 「サイバー大学攻略プラン」を考える
第6章 学長からのメッセージ

この回の課題
・小テスト
 

ページの先頭へ戻る

open

Now Loading