基本情報

学部 共通課程
科目 上級英語Ⅱ-A
教員名 岡本 桂香
年度 / 学期 2019年度春学期
開講期間 2019/4/11  ~  2019/7/9
科目履修区分 外国語(選択)/外国語科目
単位 2
科目レベル 4

ページの先頭へ戻る

科目概要

一般的な生活の場面における緻密でかつ長い意見の要点を理解し、記憶し、それに応対できる中級・上級の英語力を伸ばす。リスニングにおいては、ことわざや時事用語を使った論理的な長文意見の要点を聞き取る能力を身に付ける練習を繰り返し行う。リーディングとライティングにおいては、社会情勢や時事問題を論じる場面での意見や主張を論述する文章を聞き・読解し、要点を理解して別の言葉で表現する練習を行う。スピーキングにおいては、学習した表現を用いて文章を作成し、口頭での実践を行う。

ページの先頭へ戻る

科目目標

[聞]・IT関連のテーマにおいて新技術の解説を行う場面における英語会話を聞き、理解できる。
  ・新しい技術用語や機能用語を聞き、理解できる。
[読]・新技術への賛否両論や最近の社会問題、社会情勢に関する解説を述べた英文を読み、理解できる。
[書]・新しい技術動向や複雑な社会問題を論じる場面で頻出する英単語を同義語に置き換えて正しく綴ることができる。
[話]・英語で新技術や新しい社会問題に対する自分なりの意見を述べることができる。

ページの先頭へ戻る

履修前提条件

・上級英語Ⅰ-A
・上級英語Ⅰ-B
の単位を修得していることが望ましい

※この科目では専用の英語学習システムを利用するため、「実習環境利用料」として授業料とは別に3,000円が徴収されます。専用システムのライセンスを発行しますので、追加履修登録終了後の受講取消は受け付けられません。

ページの先頭へ戻る

授業教材

教科書 ※購入必須

なし

ツール

なし
大学の定める必要環境はご用意ください。

参考資料 ※購入任意

なし

その他の資料

資料及びサイト 内容
資料及びサイト
「英辞郎 on the WEB」 https://www.alc.co.jp/
内容
無料オンライン英語辞書(日英・英日)
資料及びサイト
「英文法大全」 http://www.eibunpou.net/index.html
内容
無料オンライン英文法学習コンテンツ
資料及びサイト
『ランダムハウス英和大辞典』 (改訂第2版),『プログレッシブ英和中辞典』(第5版),『プログレッシブ和英中辞典』(第4版)
内容
【附属図書館で提供している「ジャパンナレッジLib」で見ることができます。https://sites.google.com/cyber-u.ac.jp/library/site/search/japanknowledge


ページの先頭へ戻る

期末試験実施方法について

Webテスト形式

ページの先頭へ戻る

授業時間外の学修と評価について

[授業時間外の学修について]
・レッスンに取り組む上で分からない単語が出てきた際には、無料オンライン辞書などを活用して意味を調べること。(参照:参考資料)
・レッスン上で出てくる英文法は高校までの既出英文法だが、分からない英文法や構文が出てきた際には、無料オンライン英文法コンテンツなどを活用して復習すること。(参照:参考資料)
・任意課題に含まれる「グループレッスン(24hオンラインスピーキング)」「個別ユニット」「時事メディア」「文法ガイド」「単語帳」は上限無く利用可能である[*1]。必修課題と並行して積極的に利用すること。
・英語学習だけでなく、題材の内容に関しても学習すること。レッスンの合間にテーマに関して調べ、知識を増やすこと。
[*1]「グループレッスン(24hオンラインスピーキング)」のみ1ヵ月30回が上限。

[評価について]
・「その他」として、「必修ユニット」の評価を当てる。
・期末試験を受験していなければ、単位修得は認めない。
・任意課題の学習量をもとに最大10点の加点を行う(任意課題の内容と加点についての詳細は、ガイダンスビデオを参照のこと)。

ページの先頭へ戻る

評価配分

ディベート レポート 小テスト 期末試験 その他 合計
0 % 0 % 0 % 10 % 90 % 100 %
 0 %   0 %   0 %   10 %   90 %   100 % 

ページの先頭へ戻る

各回の授業内容

授業内容および目次 小テスト他 備考(教科書、参考資料等)
第1回 1)タイトル:
ガイダンス/レベル確認テスト[1]

2)学習目標:
・ガイダンスビデオを視聴する。
・レベル確認テスト[1]を完了する。

3)目次:
第1章 英語科目の基礎知識
第2章 CU ENGLISHでの学習方法
第3章 英語科目の成績評価基準
第4章 レベル確認テストⅠの受験方法

この回の課題
レベル確認テストの標準的な受験時間は60分です。
第2回 1)タイトル:
必修ユニット【Ⅰ期】

2)学習目標:
・必修ユニット【Ⅰ期】の学習を完了する。
・必修ユニット【Ⅰ期】のそれぞれのユニットの最後に設置されている「習熟度テスト(ユニット修了テスト)」を完了する。

3)目次:
第1章 必修ユニット1「Connecting Through Conversation」
第2章 必修ユニット2「Professional Life」
第3章 ライブ指導[グループクラス] に参加する

この回の課題
各ユニット(習熟度テストを除く)の標準的な学習時間は3時間です。
「グループクラス」は1回30分のオンライン会話レッスンです。
第3回 1)タイトル:
必修ユニット【Ⅱ期】

2)学習目標:
・必修ユニット【Ⅱ期】の学習を完了する。
・必修ユニット【Ⅱ期】のそれぞれのユニットの最後に設置されている「習熟度テスト(ユニット修了テスト)」を完了する。

3)目次:
第1章 必修ユニット3「Self-Care and Wellbeing」
第2章 必修ユニット4「Cooking and Cuisine」
第3章 ライブ指導[グループクラス] に参加する

この回の課題
各ユニット(習熟度テストを除く)の標準的な学習時間は3時間です。
「グループクラス」は1回30分のオンライン会話レッスンです。
第4回 1)タイトル:
必修ユニット【Ⅲ期】

2)学習目標:
・必修ユニット【Ⅲ期】の学習を完了する。
・必修ユニット【Ⅲ期】のそれぞれのユニットの最後に設置されている「習熟度テスト(ユニット修了テスト)」を完了する。

3)目次:
第1章 必修ユニット5「Shaping History」
第2章 必修ユニット6「Debates & Discussions」
第3章 ライブ指導[グループクラス] に参加する

この回の課題
各ユニット(習熟度テストを除く)の標準的な学習時間は3時間です。
「グループクラス」は1回30分のオンライン会話レッスンです。
第5回 1)タイトル:
任意課題/復習/レベル確認テスト[2]


2)学習目標:
>任意課題
・任意課題は学習してもしなくてもよい。
・任意課題の学習は最大で10点のボーナスポイント採点対象となる。

>復習/レベル確認テスト[2]
・既習の課題の復習を行い、レベル確認テスト[2]の受験に備える。
・レベル確認テスト[2]を完了する。

3)目次:
第1章 レベル確認テストⅡの受験方法

この回の課題
レベル確認テストの標準的な受験時間は60分です。

ページの先頭へ戻る

open

Now Loading