基本情報

学部 共通課程
科目 資産運用実践論
教員名 市川 雄一郎
年度 / 学期 2019年度春学期
開講期間 2019/5/28  ~  2019/8/6
科目履修区分 教養(選択)/教養科目
単位 1
科目レベル 2

ページの先頭へ戻る

科目概要

金融教育の機会の少ない日本では、資産運用への意識・関心が高くない。しかしながら、グローバル化が進み経済の変化が激しい昨今では、個人の夢や目標を実現する上で、資産運用は重要かつ必要な手段の一つと言える。本科目では、どのように資産運用を行い、管理をすれば良いのかについて、実践に向けた基礎知識を習得することを目標とする。また、金融とITの進化によるフィンテックが急速な進化を遂げている中で、資産運用やライフプランへの応用、仮想通貨やブロックチェーンの基礎知識を整理・習得することも合わせて目指す。

ページの先頭へ戻る

科目目標

①資産運用の目的と必要性について説明できる 
②ポートフォリオの組み方について説明できる
③各種金融商品の仕組みと特徴について説明できる
④資産運用に関する主なリスクを理解し、各種金融商品のリスクを分析する上でのポイントを説明できる
⑤仮想通貨、ブロックチェーンの基礎事項を説明できる
⑥資産運用を行う上で関連する課税制度や関連法規について説明できる

ページの先頭へ戻る

履修前提条件

・ファイナンシャル・プランニング入門
の単位を修得済みであること

ページの先頭へ戻る

授業教材

教科書 ※購入必須

題名 著者 出版社 発行年 備考
題名
なし
著者
出版社
発行年
備考

ツール

ツール名 発売元 バージョン 必要PCスペック 備考
ツール名
なし
発売元
バージョン
必要PCスペック
備考

参考資料 ※購入任意

題名 著者 出版社 発行年 備考
題名
はじめての株式投資-優良企業のシンプルな選び方
著者
福沢隆雄
出版社
一般財団法人金融財政事情研究会
発行年
2015.10
備考
1,600円(税別)
題名
図解入門ビジネス 最新FinTechの基本と仕組みがよ~くわかる本
著者
長橋賢吾
出版社
秀和システム
発行年
2016.12
備考
1,600円(税別)

その他の資料

資料及びサイト 内容
資料及びサイト
なし
内容


ページの先頭へ戻る

期末試験実施方法について

Webテスト形式

ページの先頭へ戻る

授業時間外の学修と評価について

■授業時間外の学修
・前回の講義内容について繰り返し視聴を行って復習するとともに、予習として科目のお知らせで提供する追加情報や次回の学習資料を確認してください。
・学習資料を見た上で、分からない専門用語については、学内外の電子辞書サービス等を活用して調べておきましょう。
・受講後の発展的学習として、科目のお知らせで紹介する参考図書や関連情報を参考にしてください。

■評価
小テストとWebテスト形式の期末試験の評点の合計で総合評価します。

ページの先頭へ戻る

評価配分

ディベート レポート 小テスト 期末試験 その他 合計
0 % 0 % 60 % 40 % 0 % 100 %
 0 %   0 %   60 %   40 %   0 %   100 % 

ページの先頭へ戻る

各回の授業内容

授業内容および目次 小テスト他 備考(教科書、参考資料等)
第1回 1)タイトル:
なぜ資産運用が必要なのか

2)学習目標:
・なぜ、資産運用が必要なのかということを理解する
・資産運用の概要・目的について理解する
・運用を行う上で何を重視し、どうすることで運用リスクを減らすことができるかを理解する
・資産運用を実践するうえでの学びとその意義について理解する

3)目次:
第1章 経済成長と資産運用の関係
第2章 資産運用のルール
第3章 定年後設計と資産運用
第4章 オリエンテーション

この回の課題
・小テスト
 
第2回 1)タイトル:
資産運用の考え方

2)学習目標:
・金融商品のリスクとリターンの関係について理解する
・資産運用における分散投資の考え方について、理解する
・資産管理のベースとなる預貯金にも様々な商品があることを理解する

3)目次:
第1章 金融商品のリスクとリターンの関係
第2章 ポートフォリオの組み方
第3章 時間の分散投資法(ドル・コスト平均法)
第4章 身近な銀行の主な預貯金

この回の課題
・小テスト
 
第3回 1)タイトル:
主な金融商品のポイント

2)学習目標:
・株式投資における重要な指標について理解する
・配当や株主優待を得るためにどうするべきかを理解する
・債券投資をするうえで重要なリスクの考え方について理解する
・投資信託の仕組みを理解し、購入費用以外の隠れた負担費用の重要性についても理解する

3)目次:
第1章 株式投資判断の主要な指標
第2章 配当金と株主優待
第3章 債券投資のリスクを認識する
第4章 投資信託のチェックポイント

この回の課題
・小テスト
 
第4回 1)タイトル:
不動産投資による資産運用

2)学習目標:
・不動産を活用した資産運用の方法について理解する
・現物不動産投資のサブリース契約について理解する
・不動産投資信託(REIT)の仕組みと運用するための活用ポイントについて理解する
・少額で国内不動産投資が可能なJ-REITの仕組みについて理解する

3)目次:
第1章 現物不動産投資のポイント
第2章 サブリース契約のポイントと注意点
第3章 不動産投資信託 (REIT)の仕組み
第4章 J-REITの活用法

この回の課題
・小テスト
 
第5回 1)タイトル:
他の金融商品と証券口座

2)学習目標:
・金投資の基礎知識と運用する上での活用のポイントを理解する
・外貨建て金融商品の基礎知識と運用する上での活用ポイントを理解する
・複数ある財形貯蓄制度の基礎知識とそれぞれの活用ポイントについて理解する
・証券会社で口座を開き、運用するうえで必要な基礎知識を理解する

3)目次:
第1章 金投資の活用ポイント
第2章 外貨建て金融商品の活用ポイント
第3章 財形貯蓄制度を上手に使いこなそう
第4章 証券口座を開設しよう

この回の課題
・小テスト
 
第6回 1)タイトル:
フィンテックと資産運用

2)学習目標:
・フィンテックがなぜ誕生し、なぜ急速に発展したのかを理解する
・フィンテックにより、金融機関がどう変わり、また我々の生活にどう影響していくのかを理解する
・フィンテックの誕生と資産運用のあり方について考察を深め、理解する
・フィンテックの誕生によって資産管理が手軽になるということを理解する

3)目次:
第1章 フィンテックとは何か
第2章 フィンテックで金融機関が変わる!?
第3章 フィンテックで資産運用が変わる!?
第4章 手軽に投資管理ができるようになる

この回の課題
・小テスト
 
第7回 1)タイトル:
暗号資産(仮想通貨)とは

2)学習目標:
・暗号資産(仮想通貨)の基本的な仕組みやそのメリットについて理解する
・ブロックチェーンの基礎知識を整理し、理解する
・暗号資産(仮想通貨)を活用して資産運用を行う際のポイントを理解する
・暗号資産(仮想通貨)の取引所を選ぶ際の注意点などを理解する

3)目次:
第1章 暗号資産(仮想通貨)とはナニモノか!?
第2章 ・ブロックチェーンの基礎知識
第3章 ・暗号資産で資産運用するポイント
第4章 ・暗号資産の取引所の選び方と利用

この回の課題
・小テスト
 
第8回 1)タイトル:
上手に資産運用を行うために

2)学習目標:
・少額投資非課税制度(NISA)の特徴や活用方法について理解する
・資産運用を行う上で知っておくべき関連法規を理解する
・資産運用を行う上でのどのような点に注意し、意識するべきかを整理し、理解する
・各回のポイントを振り返り知識として身についているか確かめる

3)目次:
第1章 少額投資非課税制度(NISA)とは
第2章 金融商品・資産運用に関する関連法規
第3章 資産運用の心得とは
第4章 全体の総まとめ

この回の課題
・小テスト
 

ページの先頭へ戻る

open

Now Loading