基本情報

学部 共通課程
科目 日本語文化論
教員名 見城 美枝子
年度 / 学期 2019年度春学期
開講期間 2019/5/28  ~  2019/8/6
科目履修区分 教養(選択)/専門基礎(選択)/教養科目
単位 1
科目レベル 1

ページの先頭へ戻る

科目概要

日本語の正しい使い方と人間関係をより良くする表現等を実例を挙げながら学んでいく。
1. 気持ちよく挨拶をしましょう
1. 美しく豊かな言葉を使いましょう 等
ここで学ぶ適切な言葉の選び方は、社会人にとっても有益なものとなる。また、会話やコミュニケーションが苦手な学生にも、ぜひ受講してもらいたい。

ページの先頭へ戻る

科目目標

言葉は人間関係を構築する重要な要素のひとつです。そしてコミュニケーションは相互の言葉のやりとり、会話により成立します。ここでは、言葉や言葉づかいを学び、円滑な人間関係を築くための会話に必要な基礎知識を習得することを目標とします。また、言葉は時代を反映します。言葉に対する感覚を磨いてください。

ページの先頭へ戻る

履修前提条件

本科目は、授業コンテンツのスライドを学習資料として配布する予定はありません。
この点を理解した上で、履修登録を行ってください。

ページの先頭へ戻る

授業教材

教科書 ※購入必須

題名 著者 出版社 発行年 備考
題名
会話が苦手なあなたへ
著者
見城 美枝子
出版社
リヨン社
発行年
2004.10
備考
価格1,300円(税別)

ツール

なし
大学の定める必要環境はご用意ください。

参考資料 ※購入任意

題名 著者 出版社 発行年 備考
題名
会話が上手になりたいあなたへ
著者
見城 美枝子
出版社
リヨン社
発行年
2007.03
備考
価格1,300円(税別)

その他の資料

なし

ページの先頭へ戻る

期末試験実施方法について

Webテスト形式

ページの先頭へ戻る

授業時間外の学修と評価について

<時間外の学修>
1. 講義内容について繰り返し視聴し、声に出して練習する等、復習に努めましょう。
2. 教科書及び講義スライドで提示された専門用語のうち、分からないものは調べておきましょう(学内外の電子辞書サービス等を積極的に活用しましょう)。
3. シラバスで紹介している参考図書を受講後の発展的学習として閲読するなど、知識の定着・向上に努めましょう。

ページの先頭へ戻る

評価配分

ディベート レポート 小テスト 期末試験 その他 合計
0 % 0 % 60 % 40 % 0 % 100 %
 0 %   0 %   60 %   40 %   0 %   100 % 

ページの先頭へ戻る

各回の授業内容

授業内容および目次 小テスト他 備考(教科書、参考資料等)
第1回 1)タイトル:
日本語の正しい発音


2)学習目標:
講師の自己紹介、授業の進め方、受講の心構えについて説明。正しい発音のための姿勢、腹式呼吸、活舌について。50音を正しく発音するための基礎、また濁音、鼻濁音を正しく発音するための基礎を学ぶ。

3)目次:
第1章 オリエンテーション
第2章 発声について
第3章 発声練習(1)(あえいうえおあお)
第4章 発声練習(2)(鼻濁音,拗音)

この回の課題
・小テスト
 
第2回 1)タイトル:
気持ちよく挨拶しましょう


2)学習目標:
初対面の人への挨拶と接し方について。日常の中での挨拶と接し方について、お礼・感謝の表現。冠婚葬祭、プライベートでの喜びや悲しみの表現。以上について学ぶ。

3)目次:
第1章 Lesson 1, 2
第2章 Lesson 3, 4
第3章 Lesson 5, 6, 7, 8
第4章 Lesson 9, 10

この回の課題
・小テスト
 
第3回 1)タイトル:
相手と自分をよく見ましょう


2)学習目標:
会話は言葉と心のキャッチボール、相手の立場を考えて話すこと。コミュニケーションツールとしての間(ま)の必要性。上手にほめる、ほめられる、叱る、叱られること。以上について学ぶ。

3)目次:
第1章 Lesson 11, 12
第2章 Lesson 13, 14, 15
第3章 Lesson 16, 17, 18
第4章 Lesson 19, 20

この回の課題
・小テスト
 
第4回 1)タイトル:
明るくわかりやすく伝えましょう


2)学習目標:
明るくわかりやすく伝えるためのツール、クッション言葉。電話は起承転結と顔が見えない分、心を込めること。限られた時間、不特定多数の人への伝え方。以上について学ぶ。

3)目次:
第1章 Lesson 21, 22
第2章 Lesson 23, 24, 25
第3章 Lesson 26, 27, 28
第4章 Lesson 29, 30

この回の課題
・小テスト
 
第5回 1)タイトル:
相手に楽しく話をしてもらいましょう


2)学習目標:
会話のキャッチボールにはまず聞く耳を持つこと。適切なあいづち、質問・反論が会話を弾ませる。「はい」と笑顔、真顔の「うなづき」が必要。以上について学ぶ。

3)目次:
第1章 Lesson 31, 32
第2章 Lesson 33, 34, 35
第3章 Lesson 36, 37, 38
第4章 Lesson 39, 40

この回の課題
・小テスト
 
第6回 1)タイトル:
美しく豊かな言葉を使いましょう


2)学習目標:
美しい発音、明るい発生、句読点のある話し方について。言葉は丁寧に、相手との関係によって敬語や謙譲語を使えるようにする。以上に付いて学ぶ。


3)目次:
第1章 Lesson 41, 42
第2章 Lesson 43, 44, 45
第3章 Lesson 46, 47, 48
第4章 Lesson 49, 50

この回の課題
・小テスト
 
第7回 1)タイトル:
会話上手になりましょう


2)学習目標:
会話は自分と相手がいて成り立つもの。独りよがりな会話は「壊和」。心地よい「快和」を目指して学ぶ。


3)目次:
第1章 傾聴してみましょう
第2章 想像してみましょう
第3章 尊重してみましょう 
第4章 言葉は時代を反映します

この回の課題
・小テスト
 
第8回 1)タイトル:
まとめ

2)学習目標:
講義全体を振り返る。

3)目次:
第1章 まとめ

この回の課題
・小テスト
 

ページの先頭へ戻る

open

Now Loading