基本情報

学部 共通課程
科目 西洋音楽史
教員名 三枝 成彰
年度 / 学期 2019年度春学期
開講期間 2019/5/28  ~  2019/8/6
科目履修区分 教養(選択)/教養科目
単位 1
科目レベル 1

ページの先頭へ戻る

科目概要

なぜ西洋音楽は、これほど世界中に広まったのか?それを知ろうとすることはすなわち、西洋文化の特質と、その受容の歴史を紐解くことに他ならない。中世からの長きにわたる西洋音楽の歴史を紹介しつつ、宗教や哲学に深く根ざした西洋人のメンタリティに触れる。今日の私たちにもなじみ深い音楽作品の数々が生まれるに至った経緯を探り、音楽をはじめとする芸術を媒介にした西洋文化への広い理解へと導いてゆく。

ページの先頭へ戻る

科目目標

西洋音楽は古代から現代まで営々と発展を遂げてきた。その歴史を知ると同時に、西洋音楽の持つ強みと特異性を理解することは、西洋文化全体を理解する一助となろう。また、著名な作曲家の思想とその仕事を広く知っておくことは、すなわち西洋人のものの考え方、メンタリティを知ることにもつながり、国際社会に生きる日本人を考察するときのよき手がかりとなると考える。音楽をきっかけとした西洋文化への理解、これを本講座の目標と考える。

ページの先頭へ戻る

履修前提条件

なし

ページの先頭へ戻る

授業教材

教科書 ※購入必須

なし

ツール

なし
大学の定める必要環境はご用意ください。

参考資料 ※購入任意

題名 著者 出版社 発行年 備考
題名
大作曲家の生涯(上・中・下)
著者
ハロルド・C・ショーンバーグ著、亀井旭,玉木裕共訳
出版社
共同通信社
発行年
1984年
備考
現在は絶版のため入手できません。図書館等を利用して参照してみて下さい。

その他の資料

なし

ページの先頭へ戻る

期末試験実施方法について

Webテスト形式

ページの先頭へ戻る

授業時間外の学修と評価について

・前回の講義内容について繰り返し視聴を行って復習するとともに、予習として次回の学習資料を確認してください。
・学習資料を見た上で、分からない専門用語については、学内外の電子辞書サービス等を活用して調べておきましょう。
・受講後の発展的学習として、シラバスや授業内で紹介する参考図書や関連情報のサイトを熟読してください。

ページの先頭へ戻る

評価配分

ディベート レポート 小テスト 期末試験 その他 合計
0 % 0 % 60 % 40 % 0 % 100 %
 0 %   0 %   60 %   40 %   0 %   100 % 

ページの先頭へ戻る

各回の授業内容

授業内容および目次 小テスト他 備考(教科書、参考資料等)
第1回 1)タイトル:
西洋音楽とは何か

2)学習目標:
8回の講義全体にわたる概説として、西洋音楽を世界に広く浸透せしめた要因を学ぶ。

3)目次:
第1章 教会と音楽の関係
第2章 「楽譜」の登場
第3章 「ハーモニー」の発見
第4章 「様式」の必要性

この回の課題
・小テスト
 
第2回 1)タイトル:
中世の音楽

2)学習目標:
ギリシャからバロックまで、中世の音楽の発展過程を学ぶ。

3)目次:
第1章 聖歌とゴシックまでの西洋音楽
第2章 ルネサンスの音楽
第3章 バロックの音楽
第4章 バロックの音楽、音楽の父・バッハ

この回の課題
・小テスト
 
第3回 1)タイトル:
古典派の音楽

2)学習目標:
著名な音楽家の足跡をたどり、古典派の音楽とは何かを知る。

3)目次:
第1章 古典派の音楽とは
第2章 古典派の三大巨匠
第3章 音楽の変革者、ベートーヴェン
第4章 ソナタ、シンフォニーの誕生

この回の課題
・小テスト
『大作曲家の生涯』上・中・下、ハロルド・C・ショーンバーグ著、亀井旭,玉木裕共訳、共同通信社、1984年。
第4回 1)タイトル:
ロマン派の音楽

2)学習目標:
古典派の後に現れたロマン派とは何か、その概要を学ぶ。

3)目次:
第1章 予測のつかないロマン派の音楽
第2章 ベルリオーズと“交響詩”の誕生
第3章 ショパン、リストと19世紀音楽の隆盛
第4章 ブラームスとワーグナー

この回の課題
・小テスト
『大作曲家の生涯』上・中・下、ハロルド・C・ショーンバーグ著、亀井旭,玉木裕共訳、共同通信社、1984年。
第5回 1)タイトル:
マージナルの音楽、印象派の音楽

2)学習目標:
ロマン派の後、辺境(マージナル)といわれた国からも、豊かな音楽が興る。ロシアの音楽と、フランスを中心とする印象派の音楽を知る。

3)目次:
第1章 チャイコフスキーとロシア5人組
第2章 フランスの音楽
第3章 印象派の音楽、ドビュッシー
第4章 印象派から20世紀音楽へ

この回の課題
・小テスト
『大作曲家の生涯』上・中・下、ハロルド・C・ショーンバーグ著、亀井旭,玉木裕共訳、共同通信社、1984年。
第6回 1)タイトル:
オペラ、その豊穣なる世界

2)学習目標:
近世に興り、独自の発展を遂げたオペラ(歌劇)の歴史をたどり、その魅力を知る。

3)目次:
第1章 オペラ史概観
第2章 近世のオペラ
第3章 ヴェルディ、プッチーニ
第4章 20世紀のオペラとワーグナー

この回の課題
・小テスト
『大作曲家の生涯』上・中・下、ハロルド・C・ショーンバーグ著、亀井旭,玉木裕共訳、共同通信社、1984年。
第7回 1)タイトル:
20世紀の音楽

2)学習目標:
激しく変化を遂げた20世紀の西洋音楽を概観し、音楽文化のこれからを考える。

3)目次:
第1章 先へ進む者、後ろを振り返る者
第2章 誰でも弾ける名曲「4分33秒」
第3章 日本の西洋音楽
第4章 西洋音楽のこれから

この回の課題
・小テスト
『大作曲家の生涯』上・中・下、ハロルド・C・ショーンバーグ著、亀井旭,玉木裕共訳、共同通信社、1984年。
第8回 1)タイトル:
今までの講義を振り返って

2)学習目標:
今までの講義を振り返る。

3)目次:
第1章 今までの講義を振り返って

この回の課題
・小テスト
 

ページの先頭へ戻る

open

Now Loading