基本情報

学部 共通課程
科目 AI(人工知能)入門
教員名 松原 仁
年度 / 学期 2019年度春学期
開講期間 2019/5/28  ~  2019/8/6
科目履修区分 教養(選択)/教養科目
単位 1
科目レベル 1

ページの先頭へ戻る

科目概要

人工知能の厳密な定義は存在しないが、コンピュータあるいはロボットに知能を持たせることを目標とした研究領域である。本科目では人工知能の基礎として、人工知能の定義、人工知能の歴史、画像認識・自然言語処理・ゲーム(チェス・将棋・囲碁)などの応用事例、さらに近年注目を集めているディープラーニングの基本について学ぶ。将来の人間と人工知能の関わりについて、人間の仕事はどのように置き換えられていくのか、人工知能が人間を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)によって人間の将来はどうなるのか、などについて考える。

ページの先頭へ戻る

科目目標

①AI(人工知能)について基本的な事項を学ぶ
②AI(人工知能)を考えることは人間を考えることであると知る
③人間と人工知能がどう付き合っていくべきなのかを自分で考えることができるようになる

ページの先頭へ戻る

履修前提条件

なし

ページの先頭へ戻る

授業教材

教科書 ※購入必須

なし

ツール

なし
大学の定める必要環境はご用意ください。

参考資料 ※購入任意

題名 著者 出版社 発行年 備考
題名
鉄腕アトムは実現できるか?
著者
松原 仁
出版社
河出書房新社
発行年
1999.3
備考
品切れ 図書館等をご利用ください
題名
ロボットの情報学 2050年ワールドカップ、人間に勝つ!?
著者
松原 仁、沼田 寛、竹内 郁雄
出版社
NTT出版
発行年
2001.5
備考
品切れ 図書館等をご利用ください
題名
人工知能とは
著者
人工知能学会(監修)、松尾 豊(編著)、中島 秀之 他(共著)
出版社
近代科学社
発行年
2016.5
備考
2,400円(税別) 【附属図書館の「Maruzen eBook Library」でも提供しています。 https://sites.google.com/cyber-u.ac.jp/library/site/search/maruzenebook?authuser=0 (新入生のID、PWの発行は4月中旬または10月中旬に実施予定)】
題名
コンピュータが小説を書く日
著者
佐藤 理史
出版社
日本経済新聞出版社
発行年
2016.11
備考
1,500円(税別)
題名
AIに心は宿るのか
著者
松原 仁
出版社
集英社インターナショナル
発行年
2018.2
備考
700円(税別)

その他の資料

なし

ページの先頭へ戻る

期末試験実施方法について

Webテスト形式

ページの先頭へ戻る

授業時間外の学修と評価について

<評価について>

◼ 本科目は、小テスト(60%)と期末試験(40%)の合計 100%で成績評価を行います。

◼ なお、第6回で実施する「レポート」課題については、任意参加とします。

ただし、小テストと期末試験による総合評点が 100 点に満たない場合、第6回「レポート」を
提出した人に限り、評点を加点します(最大 10 点)。

◼提出期限は第6回出席認定期間までとします(締切り以降の提出は受付ません)。


<授業時間外の学修について>

◼前回の講義内容について繰り返し視聴を行って復習するとともに、予習として科目のお知らせで提供する追加情報や次回の学習資料を確認してください。

◼学習資料を見た上で、分からない用語については、インターネットで検索するなどして調べておきましょう。

◼受講後の発展的学習として、シラバスや授業内で紹介する参考図書や関連情報のサイトを熟読してください。

ページの先頭へ戻る

評価配分

ディベート レポート 小テスト 期末試験 その他 合計
0 % 0 % 60 % 40 % 0 % 100 %
 0 %   0 %   60 %   40 %   0 %   100 % 

ページの先頭へ戻る

各回の授業内容

授業内容および目次 小テスト他 備考(教科書、参考資料等)
第1回 1)タイトル:
AI(人工知能)とは何か

2)学習目標:
・AI(人工知能)とは何かを知る
・知能にはさまざまな側面があることを知る
・人工知能が世の中でどのように使われているかの例を学ぶ


3)目次:
第1章 人工知能とは
第2章 人工知能と哲学
第3章 人工知能の立場
第4章 人工知能の例

この回の課題
・小テスト
 
第2回 1)タイトル:
人工知能の歴史

2)学習目標:
・人工知能の歴史を学ぶ
・過去の2回のブームとその終わりについて経緯を理解する
・3回目のブームの背景を理解する


3)目次:
第1章 人工知能の発端
第2章 1回目のブームとその終わり
第3章 2回目のブームとその終わり
第4章 3回目のブーム

この回の課題
・小テスト
 
第3回 1)タイトル:
人工知能の研究テーマ

2)学習目標:
・人工知能にさまざまな研究テーマがあることを学ぶ
・いくつかの研究テーマについてどういうテーマなのかを理解する
・人工知能研究の多様性を理解する


3)目次:
第1章 さまざまなテーマ
第2章 画像認識
第3章 自然言語処理
第4章 問題解決

この回の課題
・小テスト
 
第4回 1)タイトル:
機械学習とディープラーニング

2)学習目標:
・機械学習という研究領域について学ぶ
・強化学習について学ぶ
・パーセプトロン、ニューラルネットワーク、ディープラーニングについて学ぶ


3)目次:
第1章 機械学習
第2章 強化学習
第3章 ディープラーニングの背景
第4章 ディープラーニング

この回の課題
・小テスト
 
第5回 1)タイトル:
ゲーム

2)学習目標:
・ゲームが人工知能研究にとって優れた題材であることを理解する
・チェス、将棋、囲碁という代表的なゲームでどのようにコンピュータが強くなったかを理解する

3)目次:
第1章 人工知能の題材としてのゲーム
第2章 ゲームのプログラムとチェス
第3章 将棋
第4章 囲碁とその先のゲーム

この回の課題
・小テスト
 
第6回 1)タイトル:
人工知能における身体性:ロボカップを例にして

2)学習目標:
・知能と身体性の関係について学ぶ
・人工知能とロボットの関係について学ぶ
・ロボットの研究の例としてロボカップについて学ぶ

3)目次:
第1章 人工知能と身体性
第2章 グランドチャレンジとしてのロボカップ
第3章 ロボカップの発端
第4章 ロボカップの展開

この回の課題
・小テスト
 
第7回 1)タイトル:
人工知能と社会

2)学習目標:
・人工知能と社会の関わりについて学ぶ
・人工知能は人間の仕事をどう変えるかを考える
・シンギュラリティについて考える
・賢くなった人工知能と人間がどう付き合うか考える

3)目次:
第1章 人工知能と人間の仕事
第2章 人工知能と倫理
第3章 シンギュラリティ
第4章 人工知能の許容性

この回の課題
・小テスト
 
第8回 1)タイトル:
まとめ:人間とは何か

2)学習目標:
・復習として人工知能のいくつかのトッピクスを振り返る
・最終回として改めて人工知能を通して人間について考える
・人工知能と共にある生活を想像する

3)目次:
第1章 AI(人工知能)の復習1
第2章 AI(人工知能)の復習2
第3章 人間とは何か
第4章 人間と人工知能の共生

この回の課題
・小テスト
 

ページの先頭へ戻る

open

Now Loading