基本情報

学部 共通課程
科目 ロジカルライティング
教員名 倉持 長子
年度 / 学期 2019年度春学期
開講期間 2019/5/28  ~  2019/8/6
科目履修区分 教養(選択)/専門基礎(選択)/教養科目
単位 1
科目レベル 1

ページの先頭へ戻る

科目概要

文章を書くことは、自分の考えを相手に伝えるためのコミュニケーションのひとつである。この科目では、受講生が社会生活において必要な文章を書くことができるよう、「主張を的確に伝える文章のポイント」について基礎から解説する。第一部では、レポート・論文の書き方について、例を示しながら説明する。第二部では、さまざまなビジネスシーンにおける文章の特徴とルールを紹介する。科目全体を通して、生涯にわたって活用できる、実践的な文章力の習得を目指す。

ページの先頭へ戻る

科目目標

①レポートを適切に作成するためのポイントを説明できる
②アイディアを広げ、オリジナリティの高い論点を発見する方法について説明できる
③自分の意見を読み手に正確に伝える文章を書くためのポイントを説明できる
④社会生活で必要となる文章の特徴について説明できる
⑤ビジネス文書とメールの基本を理解し、その作成手順について具体的に説明できる

ページの先頭へ戻る

履修前提条件

なし

ページの先頭へ戻る

授業教材

教科書 ※購入必須

なし

ツール

なし
大学の定める必要環境はご用意ください。

参考資料 ※購入任意

題名 著者 出版社 発行年 備考
題名
レポート・論文の書き方入門 第4版
著者
河野哲也
出版社
慶應義塾大学出版会
発行年
2018年
備考
1,000円(税別)

その他の資料

なし

ページの先頭へ戻る

期末試験実施方法について

Webテスト形式

ページの先頭へ戻る

授業時間外の学修と評価について

【評価について】
■本科目は、小テスト(60%)と期末試験(40%)の合計100%で成績評価を行います。
■なお、第5回の「レポート」課題については、任意提出とします。ただし、小テストと期末試験による総合評点が100点に満たない場合、第5回レポート(任意)を提出した人に限り、評点を加点します(最大5点)。
■第5回レポート(任意)は、システムの都合上、第5回の授業セクションに設置されますが、第8回授業の出席認定期間が終了するまで、提出を受け付けます。

■授業時間外の学修
・前回の講義内容について繰り返し視聴を行って復習するとともに、予習として「科目のお知らせ」で提供する追加情報や次回の学習資料を確認してください。
・学習資料を見た上で、分からない専門用語については、学内外の電子辞書サービス等を活用して調べておきましょう。
・受講後の発展的学習として、「科目のお知らせ」で紹介する参考図書や関連情報を参考にしてください。

ページの先頭へ戻る

評価配分

ディベート レポート 小テスト 期末試験 その他 合計
0 % 0 % 60 % 40 % 0 % 100 %
 0 %   0 %   60 %   40 %   0 %   100 % 

ページの先頭へ戻る

各回の授業内容

授業内容および目次 小テスト他 備考(教科書、参考資料等)
第1回 1)タイトル:
ロジカルライティングとは

2)学習目標:
社会生活において説得力を持つ文章の書き方、つまりロジカルライティングの全体像を捉えたうえで、レポートの構成と形式について説明できる。

3)目次:
第1章 オリエンテーション
第2章 ロジカルライティングとは
第3章 レポートって何だろう
第4章 レポートの構成と形式

この回の課題
・小テスト
 
第2回 1)タイトル:
アイディアと情報収集

2)学習目標:
レポートの題材となるアイディアを広げ、オリジナリティの高い論点を捉えるためのマインド・マップを作成する手順を説明できる。それを踏まえて、情報検索と収集の手順を説明できる。

3)目次:
第1章 レポートにおける論題の重要性
第2章 マインド・マップでアイディアを広げよう
第3章 マインド・マップからの論題設定
第4章 情報の検索と収集

この回の課題
・小テスト
 
第3回 1)タイトル:
ロジカルライティングの実践

2)学習目標:
「ロジカルライティング」の実践として、レポート本文の具体的な作成手順、およびレポートにふさわしい文章表現について説明できるようになる。

3)目次:
第1章 レポート本文の構成
第2章 段落と見出し
第3章 論理的な文章のために
第4章 ロジカルライティングの表現

この回の課題
・小テスト
 
第4回 1)タイトル:
論拠の示し方

2)学習目標:
主張に説得力をもたせるための論拠の示し方について説明できる。

3)目次:
第1章 論拠の重要性
第2章 引用の提示
第3章 注の付け方
第4章 図表を用いた説明の仕方

この回の課題
・小テスト
 
第5回 1)タイトル:
レポート完成のためのポイント

2)学習目標:
研究倫理の大切さと参考文献の書き方について説明できる。レポートを完成させるポイントについて説明できる。

3)目次:
第1章 研究倫理の徹底
第2章 参考文献リストの作成法
第3章 レポートの体裁
第4章 レポートの書き方のまとめ

この回の課題
・小テスト
 
第6回 1)タイトル:
ビジネス文書の書き方

2)学習目標:
社内文書・社外文書の特徴と書き方のポイントについて説明できる。また、正確な敬語の使い方について説明できる。

3)目次:
第1章 ビジネス文書の種類とポイント
第2章 ビジネス文書の基本構造とレイアウト
第3章 ビジネス文書にふさわしい文章とは
第4章 敬語をマスターしよう

この回の課題
・小テスト
 
第7回 1)タイトル:
メールの書き方

2)学習目標:
メールのメリット・デメリットをおさえたうえで、社内メール・社外メールの特徴を理解し、適切なメールを作成する手順を説明できる。

3)目次:
第1章 メールの基礎知識
第2章 メールの書き方①
第3章 メールの書き方②
第4章 メール送信前の注意点

この回の課題
・小テスト
 
第8回 1)タイトル:
自己PR文の書き方

2)学習目標:
これまでに学んできたことの総括として、マインドマップによる自己分析の方法、および読み手が会いたくなる自己PR文の書き方について説明できる。

3)目次:
第1章 自己PR文を書いてみよう
第2章 自己分析をしてみよう
第3章 「会ってみたい人」になるために
第4章 総括

この回の課題
・小テスト
 

ページの先頭へ戻る

open

Now Loading