基本情報

学部 共通課程
科目 リーダーシップ概論
教員名 森戸 裕一
年度 / 学期 2019年度春学期
開講期間 2019/5/28  ~  2019/8/6
科目履修区分 教養(選択)/教養科目
単位 1
科目レベル 1

ページの先頭へ戻る

科目概要

本科目では、「求められるリーダーの人材像と発揮できるリーダーシップは、市場や社会環境、組織の状況によって変化する」、「リーダーとは、どのような環境、場面においても、成果を出すことに焦点をあてた意思決定と行動でチームを導く意志、覚悟を持った人材」という考えを前提にして、リーダーが持ち合わせるべき発想法、問題発見と解決方法、マネジメント手法、リーダー自身のあるべき姿(姿勢や態度)について学習する。また、これらをスキルとして身につけるために習慣化すべき思考や行動を学ぶことで、組織におけるリーダーが持つべき最低限の素養を習得することを目指す。

ページの先頭へ戻る

科目目標

①未来志向で物事を考えるために必要な、リーダーが身につけるべき態度、知識、能力の全体像を理解する。
②描いたビジョンを、メンバーに示す必要性と考え方、魅力的に伝える手法を理解する。
③チームとして成果をあげるための、リーダーに求められる創意工夫の必要性と発想方法を理解する。
④成果につながる目標の考え方と設定手法を理解する。
⑤チームが置かれた状況を把握して、成果達成の道筋にある問題を発見し、課題を設定するための考え方と問題発見の手順を理解する。
⑥課題解決の方法と実行案の意思決定までを、論理的に考えるためのツール(フレームワーク)とプロセスを理解する。
⑦目標達成の確率をあげるために、メンバーの行動を確実にする仕組みとしてのマネジメント手法を理解する。
⑧メンバーの動機付けに関わるリーダーとしてのコミュニケーションのあり方を理解する。

ページの先頭へ戻る

履修前提条件

なし

ページの先頭へ戻る

授業教材

教科書 ※購入必須

なし

ツール

なし
大学の定める必要環境はご用意ください。

参考資料 ※購入任意

題名 著者 出版社 発行年 備考
題名
サーバントリーダーシップ入門
著者
金井 壽宏、池田守男
出版社
かんき出版
発行年
2007.11
備考
1500円(税別) http://www.amazon.co.jp/dp/476126473X

その他の資料

なし

ページの先頭へ戻る

期末試験実施方法について

Webテスト形式

ページの先頭へ戻る

授業時間外の学修と評価について

【授業時間外の学修と評価について】
・前回の講義内容について繰り返し視聴を行って復習するとともに、予習として次回の学習資料を確認すること。
・学習資料を見た上で、分からない専門用語については、学内外の電子辞書サービス等を活用して調べておくこと。
・受講後の発展的学習として、シラバスや授業内で紹介する参考図書や関連情報のサイトを熟読すること。

ページの先頭へ戻る

評価配分

ディベート レポート 小テスト 期末試験 その他 合計
0 % 0 % 60 % 40 % 0 % 100 %
 0 %   0 %   60 %   40 %   0 %   100 % 

ページの先頭へ戻る

各回の授業内容

授業内容および目次 小テスト他 備考(教科書、参考資料等)
第1回 1)タイトル:
環境変化と求められるリーダー像

2)学習目標:
未来志向で物事を考えるために必要な、リーダーが身につけるべき態度、知識、能力の全体像を理解する。

3)目次:
第1章 私達を取り巻く環境と社会変化
第2章 求められるリーダー像
第3章 リーダーが持つべき思考と素養
第4章 セルフマネジメント

この回の課題
・小テスト
 
第2回 1)タイトル:
ビジョンの策定とプレゼンテーション

2)学習目標:
描いたビジョンを、メンバーに示す必要性と考え方、魅力的に伝える手法を理解する。

3)目次:
第1章 チームマネジメントとリーダーの役割
第2章 チームビルディングのステップ
第3章 伝える内容と話しの組み立て方
第4章 プレゼンテーション技法

この回の課題
・小テスト
 
第3回 1)タイトル:
リーダーに求められる知性と感性

2)学習目標:
チームとして成果をあげるための、リーダーに求められる創意工夫の必要性と発想方法を理解する。

3)目次:
第1章 リーダーに求められる感性
第2章 リーダーに必要な創造的思考
第3章 リーダーに必要な様々な発想法
第4章 創造性を発揮するチームと会議手法

この回の課題
・小テスト
 
第4回 1)タイトル:
成果と目標設定

2)学習目標:
成果につながる目標の考え方と設定手法を理解する。

3)目次:
第1章 成果の考え方
第2章 目標設定
第3章 目標達成のプロセス
第4章 目標管理手法

この回の課題
・小テスト
 
第5回 1)タイトル:
論理的思考と問題解決(1)論理的思考と問題定義

2)学習目標:
チームが置かれた状況を把握して、成果達成の道筋にある問題を発見し、課題を設定するための考え方と問題発見の手順を理解する。

3)目次:
第1章 論理的思考の重要性とフレームワーク
第2章 問題解決の手順
第3章 問題定義-最大の問題を発見する-
第4章 現場の問題解決-問題の原因を特定する-

この回の課題
・小テスト
 
第6回 1)タイトル:
論理的思考と問題解決(2)問題解決の流れと意思決定

2)学習目標:
課題解決の方法と実行案の意思決定までを、論理的に考えるためのツール(フレームワーク)とプロセスを理解する。

3)目次:
第1章 リーダーシップと意思決定
第2章 解決策の探索
第3章 解決策の選択
第4章 解決策の提案と実行

この回の課題
・小テスト
 
第7回 1)タイトル:
マネジメント基礎

2)学習目標:
目標達成の確率をあげるために、メンバーの行動を確実にする仕組みとしてのマネジメント手法を理解する。

3)目次:
第1章 マネジメントの目的とリーダーの役割
第2章 マネジメントが機能する組織
第3章 マネジメント・コントロールの考え方
第4章 メンバーの成長支援

この回の課題
・小テスト
 
第8回 1)タイトル:
リーダーに求められるコミュニケーションのあり方

2)学習目標:
メンバーの動機付けに関わるリーダーとしてのコミュニケーションのあり方を理解する。

3)目次:
第1章 信頼関係の構築とコミュニケーションの基本
第2章 メンバーの動機づけに関わる姿勢と振る舞い
第3章 対立の解消と合意形成
第4章 リーダーの実践的コミュニケーション(実践的交渉術)

この回の課題
・小テスト
 

ページの先頭へ戻る

open

Now Loading