基本情報

学部 共通課程
科目 プレゼンテーション入門
教員名 前田 鎌利
年度 / 学期 2019年度春学期
開講期間 2019/5/28  ~  2019/8/6
科目履修区分 教養(選択)/専門基礎(選択)/教養科目
単位 1
科目レベル 1

ページの先頭へ戻る

科目概要

本科目では、基本的なプレゼンテーション資料の準備段階での思考方法から作成方法、そしてプレゼンテーションによって自己を表現し、相手に伝えることについて網羅的に講義する。企業内では日常的に報告、提案にプレゼンテーションを用いることが多々あり、プレゼンテーションの成功により大きなアドバンテージを得ることが可能となる。本科目を通して実践的なプレゼンテーションスキルの知識を身につけることを目的とする。

ページの先頭へ戻る

科目目標

①プレゼンテーションを組み立てる前の手順を身につける
②プレゼンテーションのシナリオ構築の型を理解する
③プレゼンテーション資料の基礎的な型を理解する
④プレゼンテーション資料の効率的な検索手法等を理解する
⑤プレゼンテーション資料の表現における型を理解する
⑥プレゼンテーションのデータ表現における型を理解する
⑦プレゼンテーション資料のビジュアルにおける型を理解する
⑧プレゼンテーションのブラッシュアップにおける型を理解する

ページの先頭へ戻る

履修前提条件

なし

ページの先頭へ戻る

授業教材

教科書 ※購入必須

なし

ツール

なし
大学の定める必要環境はご用意ください。

参考資料 ※購入任意

題名 著者 出版社 発行年 備考
題名
社内プレゼンの資料作成術
著者
前田鎌利
出版社
ダイヤモンド社
発行年
2015.07
備考
1,600円(税別)
題名
社外プレゼンの資料作成術
著者
前田鎌利
出版社
ダイヤモンド社
発行年
2016.02
備考
1,600円(税別)

その他の資料

なし

ページの先頭へ戻る

期末試験実施方法について

Webテスト形式

ページの先頭へ戻る

授業時間外の学修と評価について

【授業時間外の学修について】
■学習資料を見た上で、分からない専門用語については、学内外の電子辞書サービス等を活用して調べておきましょう。
■受講後の発展的学習として、参考資料や関連情報のサイトを参照してください。

【評価について】
■本科目は、小テスト(60%)と期末試験(40%)の合計100%で成績評価を行います。
■なお、第1回で実施する「ディベート」課題については、任意参加とします。ただし、小テストと期末試験による総合評点が100点に満たない場合、第1回「ディベート」に参加した人に限り、評点を加点します(最大5点)。
■第1回ディベート(任意)は、システムの都合上、第1回の授業セクションに設置されますが、第8回授業の出席認定期間が終了するまでの講義全期間を通して開催します。

ページの先頭へ戻る

評価配分

ディベート レポート 小テスト 期末試験 その他 合計
0 % 0 % 60 % 40 % 0 % 100 %
 0 %   0 %   60 %   40 %   0 %   100 % 

ページの先頭へ戻る

各回の授業内容

授業内容および目次 小テスト他 備考(教科書、参考資料等)
第1回 1)タイトル:
プレゼン資料作成の前にやるべき10のポイント

2)学習目標:
プレゼンテーションはいきなり作成し始めるのではなく、準備をしてから作成をすることを理解し、プレゼンテーションの作成プロセスを身につける。

3)目次:
第1章 プレゼンテーションって?
第2章 プレゼンテーマを考える
第3章 プレゼンターゲットを考える
第4章 プレゼンツール

この回の課題
・小テスト
 
第2回 1)タイトル:
プレゼン資料のシナリオ作成術

2)学習目標:
プレゼンはシンプルなシナリオであればあるほど伝わるもの。シナリオの型を理解する。

3)目次:
第1章 3分プレゼン
第2章 4つのパーツ
第3章 ストーリーとロジック
第4章 ブレストポイント

この回の課題
・小テスト
 
第3回 1)タイトル:
プレゼン資料作成術-基本編

2)学習目標:
プレゼン資料を作成する上での基本的なポイントを理解しプレゼンテーションに必要な表現手法を身につける。

3)目次:
第1章 基本テクニック1~3
第2章 基本テクニック4~6
第3章 基本テクニック7~9
第4章 基本テクニック10+α

この回の課題
・小テスト
 
第4回 1)タイトル:
プレゼン資料作成術-準備編

2)学習目標:
プレゼン資料では説得力を持たせるために多くのデータが必要。短時間で必要なデータを検索するスキルや画像へのリーチスキルなどを身につける。

3)目次:
第1章 説得力がある資料とは?
第2章 検索力スキルアップ(データ編)
第3章 検索力スキルアップ(画像編)
第4章 検索ツールの使い方(応用編)

この回の課題
・小テスト
 
第5回 1)タイトル:
プレゼン資料作成術-表現編

2)学習目標:
プレゼンでは様々なエフェクトがあるが有効な表現、適切な表現、必要な表現などを理解する。

3)目次:
第1章 スライド内でのエフェクト
第2章 画面切り替えのエフェクト
第3章 効果的な数字の見せ方
第4章 効果的なメッセージの見せ方

この回の課題
・小テスト
 
第6回 1)タイトル:
プレゼン資料作成術-データ編

2)学習目標:
ロジカルな資料はデータに基づく。説得力を味方につけるためにデータを短時間で理解できる表現を身につける。

3)目次:
第1章 シンプルデータとは?
第2章 棒グラフ編
第3章 折れ線グラフ編
第4章 円グラフ編

この回の課題
・小テスト
 
第7回 1)タイトル:
プレゼン資料作成術-ビジュアル編

2)学習目標:
対外的なプレゼンテーションはビジュアルが重要なウェイトを占める。効果的なビジュアルの活用方法を身につける。

3)目次:
第1章 ビジュアルプレゼンのポイント
第2章 ビジュアルプレゼンの見せ方
第3章 ビジュアル加工テクニック
第4章 著作権について

この回の課題
・小テスト
 
第8回 1)タイトル:
プレゼン資料作成術-ブラッシュアップ編

2)学習目標:
プレゼンを最後にブラッシュアップかけることでより精査されたプレゼンテーションとなり、説得力のあるプレゼンテーションとなる。最後の仕上げのポイントを理解する。

3)目次:
第1章 仕上げのポイントはアペンディックス
第2章 決裁者タイプ
第3章 1分バージョンの準備
第4章 話し方・伝え方について

この回の課題
・小テスト
 

ページの先頭へ戻る

open

Now Loading