基本情報

学部 共通課程
科目 和食文化論
教員名 福留 奈美
年度 / 学期 2019年度春学期
開講期間 2019/4/4  ~  2019/6/18
科目履修区分 教養(選択)/教養科目
単位 1
科目レベル 1

ページの先頭へ戻る

科目概要

本科目では、日本の伝統的な食文化である和食文化に焦点をあて、その特徴と成り立ちについて講義する。和食文化を特徴づける具体的な食材、調理法、料理、盛り付け、作法などの事例紹介を豊富に取り入れる。食文化をとらえるには、歴史的な時間軸と地域特性をふまえた空間軸のふたつの視点が必要となる。本科目では、このふたつの視点を通して和食文化の概要を理解し、世界が注目するWASHOKUについて説明できる力を養う。

ページの先頭へ戻る

科目目標

①食文化の形成要因の概要を説明できる
②和食文化の代表的な特徴を説明できる
③日本の食文化の歴史的・地域的な変化と多様性について説明できる
④日本の食生活と和食文化の現状の問題点を説明できる

ページの先頭へ戻る

履修前提条件

本科目では、学習資料(テキスト形式)を配布します。スライド形式の学習資料は配布しませんので、この点を理解した上で、履修登録を行ってください。

ページの先頭へ戻る

授業教材

教科書 ※購入必須

なし

ツール

なし
大学の定める必要環境はご用意ください。

参考資料 ※購入任意

題名 著者 出版社 発行年 備考
題名
日本の食文化 新版 「和食」の継承と食育
著者
江原絢子・石川尚子
出版社
株式会社 アイ・ケイ コーポレーション
発行年
2016.9
備考
2,500円(税別)

その他の資料

資料及びサイト 内容
資料及びサイト
農林水産省/食文化 ホームページ
内容
http://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/
資料及びサイト
一般社団法人和食文化国民会議(略称:和食会議)
内容
http://washokujapan.jp/


ページの先頭へ戻る

期末試験実施方法について

Webテスト形式

ページの先頭へ戻る

授業時間外の学修と評価について

<時間外の学修>
1. 講義内容について繰り返し視聴を行って復習するとともに、予習として次回の学習資料を確認してください。
2. 学習資料及び講義スライドで提示された専門用語のうち、分からないものは調べておきましょう(学内外の電子辞書サービス等を積極的に活用しましょう)。
3. シラバスで紹介している参考図書を受講後の発展的学習として閲読するなど、知識の定着・向上に努めましょう。

ページの先頭へ戻る

評価配分

ディベート レポート 小テスト 期末試験 その他 合計
0 % 0 % 60 % 40 % 0 % 100 %
 0 %   0 %   60 %   40 %   0 %   100 % 

ページの先頭へ戻る

各回の授業内容

授業内容および目次 小テスト他 備考(教科書、参考資料等)
第1回 1)タイトル:
食文化の形成要因と和食の定義

2)学習目標:
本科目の構成を理解するとともに、食文化の形成要因、食文化をとらえる視点、そして「和食」の定義について理解する。

3)目次:
第1章 オリエンテーション
第2章 食文化の形成要因
第3章 食文化をとらえる視点
第4章 「和食」の定義

この回の課題
・小テスト
 
第2回 1)タイトル:
食材の多様性

2)学習目標:
日本の食材の多様性を生んだ形成要因を理解し、日本ならではの食材の多様性について説明できるようになる。
日本の自然環境要因と人々の暮らしの知恵が相互に影響していることを、事例をあげて説明できるようになる。

3)目次:
第1章 日本の気候と風土
第2章 海と湖川の恵み
第3章 農耕と狩猟採集の生活
第4章 自給自足の知恵

この回の課題
・小テスト
 
第3回 1)タイトル:
料理様式と献立

2)学習目標:
日本の献立の基本の形式を知り、日常の食事形式と伝統的な日本料理の形式の違いや共通する点を理解する。

3)目次:
第1章 一汁三菜
第2章 日本型食生活の利点と欠点
第3章 懐石/会席料理の形式
第4章 精進料理の特徴

この回の課題
・小テスト
 
第4回 1)タイトル:
季節感と自然の尊重

2)学習目標:
季節感と自然とのつながりを尊重する日本人の豊かな感覚を再認識し、具体的な事例を通して理解する。

3)目次:
第1章 自然と季節を感じる食卓
第2章 和食器の特徴
第3章 調理と盛り付けの特徴
第4章 もてなしの心と食べ手の心得

この回の課題
・小テスト
 
第5回 1)タイトル:
行事食と郷土の味

2)学習目標:
正月料理をはじめとする年中行事食の意味と地域特性および郷土の味、家庭の味の多様性を構成する要因について理解する。

3)目次:
第1章 願いを込めるおせち
第2章 日本人にとっての米・餅・酒
第3章 年中行事と人生儀礼の食
第4章 郷土料理と家庭料理

この回の課題
・小テスト
 
第6回 1)タイトル:
異文化接触と変遷

2)学習目標:
日本の食文化の異文化接触の歴史を、大きな時代の区切りとともに理解し、説明できるようになる。

3)目次:
第1章 大陸文化、南蛮文化・紅毛文化
第2章 西洋化と洋食の普及
第3章 欧米化と多国籍化
第4章 世界のWASHOKU

この回の課題
・小テスト
 
第7回 1)タイトル:
日本の米食・魚食文化と変化

2)学習目標:
日本の食生活の基本的特徴である米食と魚食について、その多様性と共通性を時間軸と空間軸の両面からとらえ、理解する。

3)目次:
第1章 日本の米食文化と変化
第2章 日本の魚食文化と変化
第3章 近年の欧米化した食卓
第4章 肉食・小麦食の特徴と課題

この回の課題
・小テスト
 
第8回 1)タイトル:
食生活の課題と和食の未来

2)学習目標:
食生活と和食文化の現状の問題点を理解し説明できるようになるとともに、和食文化の未来について自分の考えを述べられるようになる。

3)目次:
第1章 食生活を取り巻く課題
第2章 和食の継承と食の教育
第3章 食を取り巻く世界の動き
第4章 総括

この回の課題
・小テスト
 

ページの先頭へ戻る

open

Now Loading