基本情報

学部 共通課程
科目 博物学
教員名 荒俣 宏
年度 / 学期 2019年度春学期
開講期間 2019/4/4  ~  2019/6/18
科目履修区分 教養(選択)/教養科目
単位 1
科目レベル 2

ページの先頭へ戻る

科目概要

宇宙、自然、社会すべてを網羅する総合学として構想された最も壮大な知の冒険だった「博物学」。20世紀に入ると壮大すぎるがゆえに滅びたが、21世紀にはその発想が再び意味を持つ。本科目では偉大な博物学者たちを通じて、その独特な世界観を紹介し、私たちの知的刺激とする。
【2007年制作】

ページの先頭へ戻る

科目目標

壮大な自然を扱う学問である「博物学」は、あまりに壮大すぎるがゆえに20世紀に入ると一度は滅びた学問である。しかしながら、ここ20年ほどで世界的に大きな関心を再び持たれている。この授業では、古い「博物学」を語るというよりは、21世紀の世の中に役に立つ「博物学」の新しい力を伝えることを目標とする。

ページの先頭へ戻る

履修前提条件

本科目は、授業コンテンツのスライドを学習資料として配布する予定はありません。
この点を理解した上で、履修登録を行ってください。

ページの先頭へ戻る

授業教材

教科書 ※購入必須

なし

ツール

なし
大学の定める必要環境はご用意ください。

参考資料 ※購入任意

題名 著者 出版社 発行年 備考
題名
想像力の地球旅行
著者
荒俣 宏
出版社
角川書店
発行年
2004.02
備考
品切れ 図書館等をご利用ください
題名
アラマタ美術誌
著者
荒俣 宏
出版社
新書館
発行年
2010.02
備考
価格2,800円(税別)
題名
アラマタ図像館① 怪物
著者
荒俣 宏
出版社
小学館
発行年
1999.06
備考
絶版 図書館等をご利用ください
題名
年表で読む荒俣宏の博物探検史
著者
荒俣 宏
出版社
平凡社
発行年
2000.09
備考
絶版 図書館等をご利用ください
題名
日本博物誌年表
著者
磯野 直秀
出版社
平凡社
発行年
2002.06
備考
品切れ 図書館等をご利用ください
題名
奇想の20世紀
著者
荒俣 宏
出版社
NHK出版
発行年
2004.01
備考
絶版 図書館等をご利用ください
題名
エロトポリス : 性愛人類史観
著者
荒俣 宏
出版社
集英社
発行年
1998.02
備考
絶版 図書館等をご利用ください
題名
怪物の友
著者
荒俣 宏
出版社
集英社
発行年
1994.04
備考
絶版 図書館等をご利用ください

その他の資料

なし

ページの先頭へ戻る

期末試験実施方法について

Webテスト形式

ページの先頭へ戻る

授業時間外の学修と評価について

<時間外の学修>
1. 講義内容について繰り返し視聴を行って復習に努めてください。
2. 講義スライドで提示された専門用語のうち、分からないものは調べておきましょう(学内外の電子辞書サービス等を積極的に活用しましょう)。

<評価に関連して>
本科目の小テストおよび期末試験では、講義内容を理解した上で、発展的な内容を問う設問も出題します。
満点を取得することを目指すのであれば、自発的な学習が求められます。

ページの先頭へ戻る

評価配分

ディベート レポート 小テスト 期末試験 その他 合計
0 % 0 % 60 % 40 % 0 % 100 %
 0 %   0 %   60 %   40 %   0 %   100 % 

ページの先頭へ戻る

各回の授業内容

授業内容および目次 小テスト他 備考(教科書、参考資料等)
第1回 1)タイトル:
博物学

2)学習目標:
「生き抜く力」から「見抜く力」への変遷を知る。


3)目次:
第1章 知と冒険の始まり
第2章 飲み込み、食べることの、隠喩
第3章 視覚の思考
第4章 名づけ、秩序化する力

この回の課題
・小テスト
『想像力の地球旅行』
第2回 1)タイトル:
寓意と観相の生物誌


2)学習目標:
生物の形や性質に人間の心理を重ね合わせる動物占いや花言葉にも博学精神は宿ったことを理解する。

3)目次:
第1章 「ダ・ヴィンチ・コード」のような博物学
第2章 アリストテレス動物学が知を実践に結びつけた
第3章 道徳動物学と人生植物学の成立
第4章 意味を含んだ装飾の解読

この回の課題
・小テスト
『想像力の地球旅行』
第3回 1)タイトル:
異常なる自然の歴史


2)学習目標:
神が創造したこの世に、なぜ異変や奇跡が起こるのか。怪物や架空の生物はなぜ生まれたかを探る。

3)目次:
第1章 科学博物館も関心「化けもの文化誌」
第2章 自然は生物創造に失敗するのか?
第3章 人工怪物登場
第4章 シーボルトとニッポン人魚の謎

この回の課題
・小テスト
『怪物の友』
『アラマタ図像館①怪物』
第4回 1)タイトル:
驚異の殿堂「ヴンダーカマー」の謎


2)学習目標:
博物館の起源は珍品奇品コレクションにあった。物を集める情熱と展示の戦略を理解する。

3)目次:
第1章 世界を所有する部屋
第2章 ヴンダーカマーの成立
第3章 標本箱と博物館への道
第4章 装飾としての自然物の力

この回の課題
・小テスト
『想像力の地球旅行』
『エロトポリス:性愛人類史観』
第5回 1)タイトル:
探検航海と地球の歴史


2)学習目標:
世界が広がり、地球が狭まった時代。交易にはじまり、自然に癒された博物航海について理解する。

3)目次:
第1章 伝説の追求から自然の解明へ
第2章 キャプテン・クックVSラ・ペルーズ
第3章 ナポレオンは時間を、フンボルトは広がりを征服する
第4章 ダーウィンが地球の歴史を知る

この回の課題
・小テスト
『年表で読む荒俣宏の博物探検史』
第6回 1)タイトル:
日本の博物学精神


2)学習目標:
中国と西洋から学び、しかもなお独自の自然観を貫いた日本人と博物学の歴史に流れる風流と粋について理解する。

3)目次:
第1章 中国からの伝来
第2章 西洋人による「日本の発見」と影響力
第3章 諸国お尋ねと愛好会の隆盛
第4章 日本的な自然観とはなにか

この回の課題
・小テスト
『想像力の地球旅行』
『日本博物誌年表』
第7回 1)タイトル:
構造・形態・共生の思想


2)学習目標:
万国博覧会の発展とともに「美」が構造へと移り、自然の営むエコロジーが未来の人間生活を救うことについて理解する。

3)目次:
第1章 エッフェル塔が美しくなった理由
第2章 エルンスト・ヘッケルと生物哲学
第3章 自然も絵が描けることの博物学的な解明
第4章 共生と日本の自然観

この回の課題
・小テスト
『奇想の20世紀』
第8回 1)タイトル:
まとめ

2)学習目標:
全体を通したメッセージを提示する。

3)目次:
第1章 まとめ

この回の課題
・小テスト
各回講義内容

ページの先頭へ戻る

open

Now Loading