基本情報

学部 共通課程
科目 セルフマネジメント論
教員名 小松 俊明
年度 / 学期 2019年度春学期
開講期間 2019/4/4  ~  2019/6/18
科目履修区分 教養(選択)/教養科目
単位 1
科目レベル 1

ページの先頭へ戻る

科目概要

セルフマネジメントとは、学習や仕事において高い生産性をもたらすための自己管理の手法である。セルフマネジメントを実践することにより、効率化を実現し、他者からの評価を高め、自己ブランドを確立し、継続的に有益な情報を発信できることが期待される。本科目では時間管理や目標設定、進捗管理の考え方を学び、キャリアやスキル開発、将来の人生設計を考えるために必要なビジネスマインドを育成する。さらに、異分野とのコラボレーションを通じてイノベーションを起こせる人材になるために必要なものの考え方についても学ぶ。

ページの先頭へ戻る

科目目標

①時間管理の基本ツールについて理解する
②生産性の高い働き方はどのように実行できるのかについて理解する
③目標管理の基本ツールについて理解する
④仕事の段取り力、振り返り力を身に付ける上での重要ポイントについて理解する
⑤パーソナルブランディングについて理解する
⑥役に立つ人脈構築の方法について理解する

ページの先頭へ戻る

履修前提条件

なし

ページの先頭へ戻る

授業教材

教科書 ※購入必須

なし

ツール

なし
大学の定める必要環境はご用意ください。

参考資料 ※購入任意

題名 著者 出版社 発行年 備考
題名
7つの習慣 最優先事項
著者
スティーブン・R.コヴィー, A.ロジャー メリル,レベッカ・R.メリル
出版社
キングベアー出版
発行年
2015.8
備考
2,200円(税別)
題名
仕事が早くなる!Cから始めるPDCA
著者
日本能率協会マネジメントセンター
出版社
日本能率協会マネジメントセンター
発行年
2013.9
備考
1200円(税別)
題名
ポジショニング戦略[新版]
著者
アル・ライズ,ジャック・トラウト,フィリップ・コトラー(序文),川上純子(翻訳)
出版社
海と月社
発行年
2008.4
備考
1800円(税別)

その他の資料

なし

ページの先頭へ戻る

期末試験実施方法について

Webテスト形式

ページの先頭へ戻る

授業時間外の学修と評価について

■前回の講義内容について繰り返し視聴を行って復習するとともに、予習として次回の学習資料を確認してください。
■学習資料を見た上で、分からない専門用語については、学内外の電子辞書サービス等を活用して調べておきましょう。
■受講後の発展的学習として、シラバスで紹介する参考資料を参照してください。

ページの先頭へ戻る

評価配分

ディベート レポート 小テスト 期末試験 その他 合計
0 % 0 % 60 % 40 % 0 % 100 %
 0 %   0 %   60 %   40 %   0 %   100 % 

ページの先頭へ戻る

各回の授業内容

授業内容および目次 小テスト他 備考(教科書、参考資料等)
第1回 1)タイトル:
時間管理の考え方

2)学習目標:
セルフマネジメントとは何かを学び、実生活や仕事への応用の仕方について理解する。

3)目次:
第1章 オリエンテーション
第2章 時間管理の基本
第3章 最優先事項から始める
第4章 生産性を高める働き方

この回の課題
・小テスト
 
第2回 1)タイトル:
目標設定と進捗管理

2)学習目標:
目標の持ち方、段取りの決め方、振り返りの大切さについて理解する。PDCAの考え方を活用して、生産性の高い仕事をするための考え方を理解する。

3)目次:
第1章 目標設定とは何か
第2章 進捗管理の考え方
第3章 PDCAの基本
第4章 PDCAの応用

この回の課題
・小テスト
 
第3回 1)タイトル:
異分野とのコラボレーションとイノベーション

2)学習目標:
自分の専門性を生かし、異分野とのコラボレーションでイノベーションを起こす人物像について理解する。

3)目次:
第1章 ジェネラリストとは何か
第2章 プロフェッショナルの価値
第3章 効果の高いコラボレーションとは
第4章 イノベーションを起こす人材像

この回の課題
・小テスト
 
第4回 1)タイトル:
ビジネスコミュニケーション

2)学習目標:
モチベーションのあがるビジネスコミュニケーションの取り方について学び、人を動かすために必要な要素について理解する。

3)目次:
第1章 ビジネスコミュニケーションの基本
第2章 傾聴とは何か
第3章 アサーションとは何か
第4章 人を動かすコミュニケーションとは

この回の課題
・小テスト
 
第5回 1)タイトル:
自己分析とKAIZEN活動

2)学習目標:
自分の強み、弱みを理解すること、そしてその分析結果をもとにして、日々の仕事や生活の中で自ら変化を起こして進化していくことについて理解する。

3)目次:
第1章 自己分析とは何か
第2章 自己分析の活かし方
第3章 KAIZEN活動とは何か
第4章 KAIZEN活動の活かし方

この回の課題
・小テスト
 
第6回 1)タイトル:
パーソナルブランディングと人脈構築

2)学習目標:
自分の特徴を生かして、他人に負けない強みを見いだすことができれば、パーソナルブランディング(PB)を確立できる。PBを使った人脈構築についても理解する。

3)目次:
第1章 ブランドとは何か
第2章 パーソナルブランドの活かし方
第3章 人脈とは何か
第4章 人脈の活かし方

この回の課題
・小テスト
 
第7回 1)タイトル:
モチベーションコントロールと情報発信

2)学習目標:
日々行う自らのスキル開発と情報発信を通して、モチベーションコントロールを行う方法を理解する。

3)目次:
第1章 モチベーションコントロールとは何か
第2章 モチベーションを高く保つ考え方
第3章 ビジネススキル開発の考え方
第4章 情報発信の考え方

この回の課題
・小テスト
 
第8回 1)タイトル:
セルフマネジメントの総括

2)学習目標:
セルフマネジメントができる人材にとって、自らの中長期のキャリア設計が次の課題。その基本的な考え方を学ぶ。

3)目次:
第1章 タイムマネジメント総論
第2章 目標管理総論
第3章 モチベーションコントロール総論
第4章 パーソナルブランド総論

この回の課題
・小テスト
 

ページの先頭へ戻る

open

Now Loading