基本情報

学部 IT総合学部
科目 マクロ経済学
教員名 石川 秀樹
年度 / 学期 2019年度春学期
開講期間 2019/4/4  ~  2019/8/8
科目履修区分 基礎講義(選択)/専門基礎(選択)/専門基礎科目
単位 2
科目レベル 2

ページの先頭へ戻る

科目概要

本科目では、一国経済やグローバル経済など大きな視点から分析するマクロ経済学を扱う。まずは、GDP、利子率や外国為替レートの決まり方などを理解し、その知識を基に金融政策や財政政策が効果を発揮するメカニズムを学ぶ。将来、企業経営者や企業幹部になるために有益な、アダム・スミス、ケインズ、ハイエク、フリードマン、シュンペーターの5人の経済学の思想については、各々の理論という枠を超えて、その思想の社会的背景を踏まえて説明する。その経済思想が、現代の情報化経済にどのように結びついているかを考える。

ページの先頭へ戻る

科目目標

①GDP・利子率や外国為替レート・貿易構造の決定理論を説明できる。
②金融政策の波及メカニズムおよび無効のケースを説明できる。
③財政政策の効果と副作用を説明できる。
④ケインズ派、マネタリスト、合理的期待形成学派の3大学派について、それらの前提条件の違いを明確にして、経済政策の効果に関する見解の違いを説明できる。
⑤自由主義的なアダム・スミス、ハイエク、フリードマンの経済思想について、時代背景と前提条件の違いを明確にして、説明できる。
⑥シュンペーターの時代背景と経済思想、および、複雑系経済学などを理解し、現代の日本においてイノベーションを活発化するために必要な対策を考え説明することができる。

ページの先頭へ戻る

履修前提条件

・経済学入門
の単位を修得していることが望ましい

ページの先頭へ戻る

授業教材

教科書 ※購入必須

なし

ツール

なし
大学の定める必要環境はご用意ください。

参考資料 ※購入任意

題名 著者 出版社 発行年 備考
題名
試験攻略入門塾 速習! マクロ経済学
著者
石川秀樹
出版社
中央経済社
発行年
2011.2
備考
2,400円 (税別)
題名
アダム・スミス―『道徳感情論』と『国富論』の世界 (中公新書)
著者
堂目卓生
出版社
中央公論新社
発行年
2008.3
備考
880円(税別)

その他の資料

資料及びサイト 内容
資料及びサイト
各章にて都度紹介する
内容


ページの先頭へ戻る

期末試験実施方法について

Webテスト形式

ページの先頭へ戻る

授業時間外の学修と評価について

前回の講義内容について繰り返し視聴を行って復習するとともに、発展的学習として、シラバスや授業内で紹介する参考図書や関連情報のサイトを読み理解を深めてください。

ページの先頭へ戻る

評価配分

ディベート レポート 小テスト 期末試験 その他 合計
0 % 0 % 50 % 50 % 0 % 100 %
 0 %   0 %   50 %   50 %   0 %   100 % 

ページの先頭へ戻る

各回の授業内容

授業内容および目次 小テスト他 備考(教科書、参考資料等)
第1回 1)タイトル:
市場経済-アダム・スミスの思想と時代背景-

2)学習目標:
1.国富とは何か、どうすれば国富を増やすことができるのか、という問題について、アダム・スミスの理論を説明できる。
2.経済問題は市場に任せるべきというアダム・スミスの思想の前提にある人間観を説明できる。
3.スミスの思想に基づいて、現代社会における企業の巨大化・グローバル化、SNS等の情報化などの経済への影響を指摘できる。

3)目次:
第1章 オリエンテーション
第2章 アダム・スミスの時代と経済理論
第3章 アダム・スミスの道徳哲学
第4章 アダム・スミスの思想の現代的解釈

この回の課題
・小テスト
堂目卓生 (2008)「アダム・スミス―『道徳感情論』と『国富論』の世界」
第2回 1)タイトル:
有効需要管理政策-ケインズ思想と時代背景-

2)学習目標:
1.ケインズの有効需要の原理を理解し、ケインズ以前の経済学との違いを説明できる。
2.総需要管理政策の長所と短所を説明できる。

3)目次:
第1章 ケインズ以前の正統派経済学(古典派)
第2章 ケインズの時代
第3章 有効需要の原理 
第4章 ケインズ理論の問題点

この回の課題
・小テスト
石川秀樹(2011)「試験攻略 経済学入門塾 速習!マクロ経済学」p25-39
第3回 1)タイトル:
国内総生産(GDP)と物価―日本経済をどう測る?―

2)学習目標:
1.GDPの計算ルールとその問題点を理解し説明できる。
2.消費者物価指数とGDPデフレータの違いを理解し説明できる。


3)目次:
第1章 GDPとは?1
第2章 GDPとは?2
第3章 三面等価の原則・GNP
第4章 物価とは?

この回の課題
・小テスト
石川秀樹(2011)「試験攻略 経済学入門塾 速習!マクロ経済学」p43-68
第4回 1)タイトル:
資産市場―利子率・資産価格はどう決まる?―

2)学習目標:
1.利子率の決まり方を理解し説明できる。
2.資産価格の決まり方を理解し説明できる。


3)目次:
第1章 貨幣とは
第2章 信用創造
第3章 資産価格の決まり方
第4章 流動性選好理論ー利子率の決まり方ー

この回の課題
・小テスト
石川秀樹(2011)「試験攻略 経済学入門塾 速習!マクロ経済学」p135-168
第5回 1)タイトル:
投資の決まり方―利益重視か生産能力重視かー

2)学習目標:
1.投資の限界効率理論を説明できる。
2.投資の限界効率理論に基づいて、投資量は何で決まるのかを説明できる。
3.現実に行われている投資手法を理解し、投資理論との関係を説明できる。

3)目次:
第1章 投資の限界効率理論
第2章 投資量の決まり方
第3章 加速度原理・ストック調整原理
第4章 トービンのq・現実の投資判断

この回の課題
・小テスト
石川秀樹(2011)「試験攻略 経済学入門塾 速習!マクロ経済学」p169-176、333-340
第6回 1)タイトル:
貿易と国際金融ーグローバル化の利益と問題点ー

2)学習目標:
1.比較生産費説を理解し、その理論に基づいて貿易の利益を説明できる。
2.ヘクシャー=オリーンの定理を理解し、その理論に基づいて、どの産業を輸出産業にすべきかを説明できる。
3.グローバル金融取引にはどのようなものがあるのかを理解し説明できる。
4.国際収支統計を理解し、日本の国際収支の特徴を説明できる。

3)目次:
第1章 比較生産費説
第2章 ヘクシャー=オリーンの定理
第3章 グローバル金融取引
第4章 国際収支

この回の課題
・小テスト
石川秀樹(2011)「試験攻略 経済学入門塾 速習!ミクロ経済学」p366-368、371-373
第7回 1)タイトル:
外国為替レートー円高・円安の影響は?ー

2)学習目標:
1.外国為替レートとは何か、円高・円安の意味を説明できる。
2.外国為替レートの決定要因について、時間軸で区分して説明できる。
3.外国為替レートの変動が輸出入に与える影響を説明できる。
4.外国為替レートの変動が日本経済に与える影響を説明できる。

3)目次:
第1章 外国為替レートとは?
第2章 外国為替レートの決定
第3章 外国為替レートと国際収支
第4章 外国為替レートと日本経済

この回の課題
・小テスト
石川秀樹(2011)「試験攻略 経済学入門塾 速習!マクロ経済学」p299-306
第8回 1)タイトル:
金融政策ーその効果と限界ー

2)学習目標:
1.中央銀行が貨幣供給量をコントロールする手段を説明できる。
2.金融政策が有効となるメカニズムを理解し説明できる。
3.金融政策が無効となるケースを理解し説明できる。
4.マネタリスト、合理的期待形成学派の金融政策への考えを説明できる。
5.バブルおよびバブル崩壊の金融的側面、ゼロ金利政策、量的金融緩和、異次元の金融緩和を説明できる。

3)目次:
第1章 金融政策の手段
第2章 金融政策の波及ルート
第3章 金融政策が無効のケース
第4章 日本の金融政策

この回の課題
・小テスト
石川秀樹(2011)「試験攻略 経済学入門塾 速習!マクロ経済学」p177-187
第9回 1)タイトル:
財政政策ー景気対策と巨額の国の借金ー

2)学習目標:
1.財政政策の役割を理解し説明できる。
2.ビルト・イン・スタビライザーと裁量的財政政策(補整的財政政策)の違いを説明できる。
3.財政政策の副作用を理解し説明できる。
4.財政危機の問題点を説明できる。
5.財政の持続可能性の条件を説明できる。
6.日本の財政状況は先進国中最悪であるが、イタリアやギリシャよりも国債の評価が高い理由を説明できる。

3)目次:
第1章 財政の3機能
第2章 ビルト・イン・スタビライザー
第3章 裁量的財政政策
第4章 財政の持続可能性

この回の課題
・小テスト
石川秀樹(2011)「試験攻略 経済学入門塾 速習!マクロ経済学」p36-37、130-132
第10回 1)タイトル:
インフレとデフレーデフレの何が悪いのか?ー

2)学習目標:
1.インフレーションの種類を程度別に説明できる。
2.インフレーションの種類を原因別に説明できる。
3.インフレーションの経済効果を説明できる。
4.物価版フィリップス曲線を用いて、ケインズ派・マネタリスト・合理的期待形成学派の経済論争を説明できる。
5.デフレーションの経済効果を説明できる。

3)目次:
第1章 インフレーションの効果
第2章 インフレーションの原因
第3章 フィリップス曲線と経済論争
第4章 デフレーション

この回の課題
・小テスト
石川秀樹(2011)「試験攻略 経済学入門塾 速習!マクロ経済学」p265-272
第11回 1)タイトル:
景気循環・経済成長ー経済変動や成長はなぜ起こる?ー

2)学習目標:
1.景気循環とは何かを説明できる。
2.景気循環の原因について、ケインズ派・マネタリスト・リアルビジネスサイクル、シュンペーターの4つの視点から説明できる。
3.経済成長の要因について説明できる。
4.経済成長について、ケインズ派・新古典派成長理論・内生的成長理論の視点から説明できる。

3)目次:
第1章 景気循環
第2章 成長会計―経済成長の要因分析―
第3章 ケインズ派と新古典派の経済成長理論
第4章 内生的成長理論

この回の課題
・小テスト
石川秀樹(2011)「試験攻略 経済学入門塾 速習!マクロ経済学」p341-365
第12回 1)タイトル:
消費の決まり方ー消費と貯蓄は裏表ー

2)学習目標:
1.マクロ消費論争とは何かを説明できる。
2.相対所得仮説を使って、ケインズ型短期消費関数とクズネッツ型長期消費関数を矛盾なく説明できる。
3.恒常所得仮説を使って、ケインズ型短期消費関数 とクズネッツ型長期消費関数を矛盾なく説明できる。
4.ライフサイクル仮説を使って、ケインズ型短期消費関数とクズネッツ型長期消費関数を矛盾なく説明できる。
5.ライフサイクル仮説を用いて、高齢化によって日本の貯蓄率がどのように推移するのかを説明できる。

3)目次:
第1章 マクロ消費論争
第2章 相対所得仮設・恒常所得仮設
第3章 ライフサイクル仮説
第4章 高齢化と貯蓄率

この回の課題
・小テスト
石川秀樹(2011)「試験攻略 経済学入門塾 速習!マクロ経済学」p323-332
第13回 1)タイトル:
選択の自由-ハイエクとフリードマンの思想と時代背景-

2)学習目標:
1.ハイエクの思想を説明できる。
2.ハイエクの思想と仮想通貨の関係を説明できる。
3.フリードマンの思想を説明できる。
4.ハイエクとフリードマンの思想に基づいた1980年代の新自由主義について説明できる。

3)目次:
第1章 ハイエクの思想
第2章 ハイエクの思想と仮想通貨
第3章 フリードマンの思想
第4章 新自由主義

この回の課題
・小テスト
石川秀樹(2011)「試験攻略 経済学入門塾 速習!マクロ経済学」p344-346
第14回 1)タイトル:
イノベーション-シュンペーターの思想と時代背景-

2)学習目標:
1.シュンペーターのイノベーションを説明できる。
2.イノベーションの担い手としての企業家について説明できる。
3.イノベーションの必要条件である銀行家の役割を説明できる。
4.シュンペーターが想定した企業家の衰退する経済を説明できる。
5.日本はイノベーションが起こりにくい原因を説明できる。

3)目次:
第1章 イノベーションとは?
第2章 企業家
第3章 企業家の衰退
第4章 イノベーションの国際比較

この回の課題
・小テスト
 
第15回 1)タイトル:
経済学の新しい潮流 ー情報化社会の経済学ー

2)学習目標:
1.経済学の新しい潮流である複雑系経済の概要を説明できる。
2.ネットワーク外部性を説明できる。
3.フリー経済を説明できる。
4.シェア経済を説明できる。
5.人口動態から一国経済の動向をある程度予測できる。

3)目次:
第1章 複雑系経済とは?
第2章 ネットワーク外部性
第3章 フリー経済・シェア経済
第4章 人口動態と経済・まとめ

この回の課題
・小テスト
 

ページの先頭へ戻る

open

Now Loading