基本情報

学部 IT総合学部
科目 経営組織論
教員名 宮元 万菜美
年度 / 学期 2019年度春学期
開講期間 2019/4/4  ~  2019/8/8
科目履修区分 基礎講義(選択)/専門基礎(選択)/専門基礎科目
単位 2
科目レベル 2

ページの先頭へ戻る

科目概要

現代社会では、多くの人がさまざまな目的でつながり、組織を構成したり組織に所属したりしている。本講義では、「組織の成り立ち」「組織の構造」「組織の運営」「組織と人」といった側面から、組織論の基礎を学ぶ。マクロ組織論およびミクロ組織論のそれぞれについて代表的なトピックスを取り扱う。組織と人材に関する初歩的概念および用語の習得を通じて、マルチパラダイム化している今日の組織理論の多様性とその基礎的な内容を理解することが、本講義の目的であり到達目標である。

ページの先頭へ戻る

科目目標

①組織論の成立と歴史的展開を理解する
②組織のデザイン、組織の基本的な形態を理解する
③組織の成長と代表的なマクロ理論を理解する
④組織の意思決定の基本を理解する
⑤人の行動とモチベーションに関する理論を理解する
⑥リーダーシップとマネジメントに関する基本を理解する
⑦組織学習の概念と組織変革に関する基本を理解する
⑧人的資源管理の基本概念を理解する

ページの先頭へ戻る

履修前提条件

・企業経営入門
の単位を修得していることが望ましい。

ページの先頭へ戻る

授業教材

教科書 ※購入必須

なし

ツール

なし
大学の定める必要環境はご用意ください。

参考資料 ※購入任意

題名 著者 出版社 発行年 備考
題名
講義の中で適宜紹介する
著者
出版社
発行年
備考

その他の資料

なし

ページの先頭へ戻る

期末試験実施方法について

Webテスト形式

ページの先頭へ戻る

授業時間外の学修と評価について

■前回の講義内容について繰り返し視聴を行って復習してください。以降の講義では、それまでの回に学習した内容は理解できているものとして進捗します。わからないことはそのままにしないようにしましょう。
■学習資料を見た上で、わからない専門用語については、学内外の電子辞書サービス等を活用して調べておきましょう。
■受講後の発展的学習として、授業内で紹介する参考図書や関連情報のサイトを参考にしてください。購入の必要は必ずしもありませんが、学習資料の中で引用している書籍も発展的学習の役にたちます。

ページの先頭へ戻る

評価配分

ディベート レポート 小テスト 期末試験 その他 合計
0 % 0 % 50 % 50 % 0 % 100 %
 0 %   0 %   50 %   50 %   0 %   100 % 

ページの先頭へ戻る

各回の授業内容

授業内容および目次 小テスト他 備考(教科書、参考資料等)
第1回 1)タイトル:
イントロダクション

2)学習目標:
本講義で取り扱うスコープの理解を通じ、組織論と呼ばれるものの姿をおおまかに理解する。

3)目次:
第1章 組織とは何か
第2章 組織論の成立と展開
第3章 マクロ組織論とミクロ組織論の視点
第4章 合理性の限界

この回の課題
・小テスト
 
第2回 1)タイトル:
組織デザイン

2)学習目標:
代表的な組織の構造を理解する。

3)目次:
第1章 官僚制組織
第2章 職能性組織
第3章 事業部組織
第4章 マトリクス組織

この回の課題
・小テスト
 
第3回 1)タイトル:
組織の成長

2)学習目標:
組織の変化を成長、ライフサイクルという見方でとらえることを理解する。

3)目次:
第1章 組織の成長とライフサイクルモデル
第2章 組織文化のダイナミクス
第3章 環境変化への対応と阻害要因
第4章 組織エコロジー論

この回の課題
・小テスト
 
第4回 1)タイトル:
マクロ組織論の代表的理論

2)学習目標:
マクロ組織論の初学者必修とされる代表的な理論を理解する。

3)目次:
第1章 マクロ組織論の背景
第2章 コンティンジェンシー理論
第3章 取引コスト理論
第4章 組織のネットワーク理論

この回の課題
・小テスト
 
第5回 1)タイトル:
組織文化

2)学習目標:
組織をめぐる「風土」「文化」とはどのようなものかを理解する。

3)目次:
第1章 組織文化とは
第2章 組織文化の形成
第3章 組織文化の機能
第4章 組織文化の革新

この回の課題
・小テスト
 
第6回 1)タイトル:
ミクロ組織論の誕生と組織の力学

2)学習目標:
ミクロ組織論の中核的関心事である組織と人をめぐる視点、グループダイナミクスに関する諸概念を理解する。

3)目次:
第1章 ミクロ組織論の誕生
第2章 組織の力学
第3章 人に対する表裏の視点
第4章 認知的不協和と帰属理論

この回の課題
・小テスト
 
第7回 1)タイトル:
意思決定論

2)学習目標:
組織における意思決定に関わる諸概念を理解する。

3)目次:
第1章 意思決定とは
第2章 最適化意思決定と満足化意思決定
第3章 ごみ箱モデル
第4章 グループシンク(集団浅慮)

この回の課題
・小テスト
 
第8回 1)タイトル:
科学的管理法から人間関係論へ

2)学習目標:
効率的な組織設計やワークモチベーションに関する、初期の科学的研究概念について理解する。

3)目次:
第1章 テイラーの科学的管理法
第2章 科学的管理法による動機づけ
第3章 ホーソン実験と人間関係論
第4章 人間資源アプローチと欲求説

この回の課題
・小テスト
 
第9回 1)タイトル:
動機づけ理論

2)学習目標:
組織の中の個人に焦点をあてた、モチベーションに関する理論を理解する。

3)目次:
第1章 過程説:期待理論
第2章 動機づけ衛生理論
第3章 内発的動機づけ
第4章 達成動機づけ

この回の課題
・小テスト
 
第10回 1)タイトル:
マネジメント・コントロール

2)学習目標:
組織におけるマネジメント、リーダーの役割に関する諸概念を理解する。

3)目次:
第1章 対人的影響
第2章 リーダーシップ・カリスマ
第3章 管理過程
第4章 リーダーシップエンジン

この回の課題
・小テスト
 
第11回 1)タイトル:
リーダーシップ論

2)学習目標:
リーダーシップの類型や管理スタイルなどに関する諸理論を理解する。

3)目次:
第1章 マネジリアルグリッドとPM理論
第2章 3つのリーダーシップ理論
第3章 SL理論とリッカートのシステム4
第4章 変革型リーダーシップとサーバントリーダーシップ

この回の課題
・小テスト
 
第12回 1)タイトル:
コンフリクトマネジメント

2)学習目標:
組織におけるコンフリクトの発生やマネジメントに関するダイナミクスを理解する。

3)目次:
第1章 パワー関係のダイナミクス
第2章 コンフリクトモデル
第3章 個人・集団間のコンフリクト
第4章 コンフリクトマネジメント

この回の課題
・小テスト
 
第13回 1)タイトル:
組織学習と組織変革

2)学習目標:
組織学習の概念を中心に、学習サイクルや組織変革、またそれらを阻害する要因について理解する。

3)目次:
第1章 組織学習概念
第2章 学習サイクル
第3章 戦略的組織変革
第4章 移行プロセスのマネジメント

この回の課題
・小テスト
 
第14回 1)タイトル:
人的資源管理

2)学習目標:
組織構成員のエンパワーメント、評価、キャリアデザインなど、人的資源に関わる諸側面から組織運営を理解する。

3)目次:
第1章 HRM・MBO
第2章 エンパワーメント
第3章 キャリアデザイン
第4章 エンプロイヤビリティ―

この回の課題
・小テスト
 
第15回 1)タイトル:
講義のまとめ

2)学習目標:
講義のまとめおよび、組織活動の最も不全な状態である組織不祥事についての考察と理解をし、講義全体を締めくくる。

3)目次:
第1章 組織不祥事の発生と原因
第2章 組織不祥事の対応
第3章 講義のまとめ(1)
第4章 講義のまとめ(2)

この回の課題
・小テスト
 

ページの先頭へ戻る

open

Now Loading