基本情報

学部 IT総合学部
科目 Pythonプログラミング演習
教員名 鶴長 鎮一
年度 / 学期 2019年度春学期
開講期間 2019/4/4  ~  2019/8/8
科目履修区分 専門演習(選択)/専門応用(選択)/専門応用科目
単位 2
科目レベル 4

ページの先頭へ戻る

科目概要

Python(パイソン)は汎用性が高く、Javaと並び人気の軽量プログラミング言語である。データ解析/分析、機械学習/AI(人工知能)、GPUコンピューティング、IoTなど、Pythonはあらゆる分野の標準言語となっており、Googleをはじめ様々なクラウドサービスから数多くのAPIが提供されている。近年その応用分野はさらに拡大しており、Pythonのスキルが広く求められている。本科目ではPythonの基礎知識を学び、Pythonプログラミングを通して代表的なAPIやサービスの活用方法を身につける。

ページの先頭へ戻る

科目目標

①Pythonプログラミングの必要性を理解する
②Pythonの基本的な構文を理解する
③実践的なPythonプログラムをコーティングできる
④Python APIを活用する応用力を身につける
⑤Pythonをとおして最新技術の動向を探り体感する

ページの先頭へ戻る

履修前提条件

・ソフトウェア開発論Ⅰ
の単位を修得済みであること。
また、
・UNIXサーバ構築Ⅰ
の単位を修得していることが望ましい。

・LinuxやmacOSでのコマンド操作、Windows OS上でのコマンドプロンプト操作ができること。
・Python開発環境をインストールし実行できるPCが必要になります。授業後半回でAmazon Web Servicesを使用します(該当パートの実行は任意です。Amazon Web Servicesの利用には費用が発生します)。

・この科目はテキスト形式の授業コンテンツが多数を占めています。この点をよく理解した上で、履修登録を行ってください。

ページの先頭へ戻る

授業教材

教科書 ※購入必須

なし

ツール

ツール名 発売元 バージョン 必要PCスペック 備考
ツール名
Anaconda
発売元
Anaconda, Inc.
バージョン
必要PCスペック
Windows、macOS
備考
オープンソース

参考資料 ※購入任意

題名 著者 出版社 発行年 備考
題名
みんなのPython 第4版
著者
柴田 淳
出版社
SBクリエイティブ
発行年
2016年
備考
題名
Linuxで旧型PCを復活!改ニ(日経Linux, 2017/09号, 138〜143ページ掲載)
著者
鶴長 鎮一
出版社
日経BP
発行年
2017年
備考
「日経BP記事検索サービス」にて閲覧可能
題名
「11個のキーワードで学ぶ統計学入門」(日経ソフトウエア, 2018/01号, 76〜87ページ掲載)
著者
森谷 博之
出版社
日経BP
発行年
2018年
備考
「日経BP記事検索サービス」にて閲覧可能
題名
特集1「 基礎から実践まで Pythonで機械学習」(日経ソフトウエア 2017年08月号)
著者
染谷 悠一郎、石田 岳志
出版社
日経BP
発行年
2017年
備考
「日経BP記事検索サービス」にて閲覧可能

その他の資料

資料及びサイト 内容
資料及びサイト
https://github.com/soracom/handson/blob/master/ultrasonic-sensor/kit.md
内容
「SORACOM x RaspberryPi ハンズオン 〜超音波センサー編〜」(第15回にて)


ページの先頭へ戻る

期末試験実施方法について

Webテスト形式

ページの先頭へ戻る

授業時間外の学修と評価について

【評価について】
本科目は 全体の【40%】の評価を レポート が占める 演習科目 です。
レポートは、第6, 9回 で 実施し、「小テスト」の枠組みを使用しています。
以上から「評価配分」欄に示す内訳は、実質的には

   レポート:40%, 小テスト:40%, 期末試験:20%

となります。

【授業時間外の学修について】
■前回の講義内容について繰り返し視聴を行って復習するとともに、予習として科目のお知らせで提供する追加情報や次回の学習資料を確認してください。
■学習資料を見た上で、分からない専門用語については、学内外の電子辞書サービス等を活用して調べておきましょう。
■受講後の発展的学習として、シラバスや授業内で紹介する参考図書や関連情報のサイトを熟読してください。

ページの先頭へ戻る

評価配分

ディベート レポート 小テスト 期末試験 その他 合計
0 % 0 % 80 % 20 % 0 % 100 %
 0 %   0 %   80 %   20 %   0 %   100 % 

ページの先頭へ戻る

各回の授業内容

授業内容および目次 小テスト他 備考(教科書、参考資料等)
第1回 1)タイトル:
オリエンテーション/Pythonの概要

2)学習目標:
この授業の目的を理解する。またPython実行など基本的な技術を習得する。

3)目次:
第1章 オリエンテーション
第2章 Pythonの基本
第3章 Pythonの開発環境
第4章 開発環境を用意する

この回の課題
・小テスト
 
第2回 1)タイトル:
Pythonプログラミング基礎

2)学習目標:
Pythonの基本的な技術を習得する。

3)目次:
第1章 基本変数
第2章 コレクション
第3章 条件判断処理
第4章 繰り返し処理

この回の課題
・小テスト
 
第3回 1)タイトル:
オブジェクトとクラス

2)学習目標:
Pythonの基本的な技術を習得する。

3)目次:
第1章 オブジェクトとクラス
第2章 文字列操作
第3章 正規表現
第4章 補足

この回の課題
・小テスト
 
第4回 1)タイトル:
関数とモジュール

2)学習目標:
Pythonの基本的な技術を習得する。

3)目次:
第1章 関数の基本
第2章 関数の定義
第3章 モジュール
第4章 モジュールの探し方

この回の課題
・小テスト
 
第5回 1)タイトル:
Pythonプログラミング応用Ⅰ

2)学習目標:
Pythonアプリを独自に作成する。

3)目次:
第1章 Pythonプログラミング実習(1)
第2章 Pythonプログラミング実習(2)
第3章 Pythonプログラミング実習(3)

この回の課題
・小テスト
 
第6回 1)タイトル:
Pythonプログラミング応用Ⅱ

2)学習目標:
Pythonアプリを独自に作成する。

3)目次:
第1章 第5回までの復習
第2章 課題説明

この回の課題
・小テスト
 
第7回 1)タイトル:
WebアプリⅠ

2)学習目標:
Webフォームアプリを作成する。

3)目次:
第1章 Web技術の基本
第2章 Web技術:URI/URL
第3章 Web技術:HTTP配信技術

この回の課題
・小テスト
 
第8回 1)タイトル:
WebアプリⅡ

2)学習目標:
DBと連携したWebアプリを作成する。

3)目次:
第1章 コンテンツ(HTML/XML/JSON)
第2章 WebアプリケーションフレームワークのDjango
第3章 Djangoのインストールと簡易Webアプリケーションの開発
第4章 データベースの操作

この回の課題
・小テスト
 
第9回 1)タイトル:
WebアプリⅢ

2)学習目標:
Django_DBと連携したWebアプリを作成する。

3)目次:
第1章 Templateを使う
第2章 Modelを使う
第3章 課題説明

この回の課題
・小テスト
 
第10回 1)タイトル:
スマホアプリ

2)学習目標:
基本的なスマホアプリ開発技術を習得する。

3)目次:
第1章 スマホアプリ開発概要
第2章 Kivy概要
第3章 Kivy開発Ⅰ
第4章 Kivy開発Ⅱ

この回の課題
・小テスト
 
第11回 1)タイトル:
インフラ自動化

2)学習目標:
基本的なインフラ自動化技術を習得する。

3)目次:
第1章 インフラ自動化概要
第2章 インフラ自動化ツールAnsible
第3章 Ansible実践Ⅰ
第4章 Ansible実践Ⅱ

この回の課題
・小テスト
 
第12回 1)タイトル:
データサイエンス(解析/分析)

2)学習目標:
基本的なデータサイエンス技術を習得する。

3)目次:
第1章 データサイエンス概要
第2章 NumPyとPandas
第3章 NumPy実践
第4章 Pandas実践

この回の課題
・小テスト
 
第13回 1)タイトル:
機械学習/ディープラーニング

2)学習目標:
基本的な機械学習/ディープラーニング技術を理解する。

3)目次:
第1章 AI/機械学習/ディープラーニング
第2章 Pythonと機械学習/ディープラーニング
第3章 scikit-learn実践
第4章 TensorFlow実践

この回の課題
・小テスト
 
第14回 1)タイトル:
GPUコンピューティング

2)学習目標:
基本的なGPUコンピューティング技術を理解する。

3)目次:
第1章 GPUコンピューティング
第2章 GPUコンピューティング概要
第3章 GPUコンピューティング環境の構築
第4章 GPUコンピューティング実践

この回の課題
・小テスト
 
第15回 1)タイトル:
IoTプログラミング

2)学習目標:
基本的なIoTプログラミング技術を理解する。

3)目次:
第1章 IoTプログラミング
第2章 Raspberry Piについて
第3章 Raspberry Pi開発実践Ⅰ
第4章 Raspberry Pi開発実践Ⅱ

この回の課題
・小テスト
 

ページの先頭へ戻る

open

Now Loading