基本情報

学部 IT総合学部
科目 ビジネス事例から学ぶ統計入門
教員名 髙橋 いづみ
年度 / 学期 2019年度春学期
開講期間 2019/4/4  ~  2019/8/8
科目履修区分 基礎講義(選択)/専門基礎(選択)/専門基礎(必修)/専門基礎科目
単位 2
科目レベル 3

ページの先頭へ戻る

科目概要

本科目では、ビジネスにおける様々なデータを分析するために、統計学の基本的、かつ基礎的な内容を学ぶ。各回の講義では、簡単な例として、個人経営の商店が統計学を自分たちの商売に取り入れていく様子を物語形式で読み解いていく。統計的な考えを基に、自身でデータを集め、分析し、更にそれをまとめて他者に示す根拠とするにはどのようにすれば良いのか、基本的な方法を分かりやすく学んでいく。

ページの先頭へ戻る

科目目標

①統計的な思考法を身に着ける
②自身でデータを集め、分析し、結果を考察するための基礎的な手法について習得する

ページの先頭へ戻る

履修前提条件

平均、平方根、二次方程式などの基本的な数学を習ったことがあること。
※自信が無い場合は、先にリメディアル科目での復習後の受講を勧めます。

Excelの操作に支障が無いこと。
※操作方法については各自が出来ているものとして授業を進めます。
※バージョンが異なるExcelを使用していても、説明から大体の操作の見当がつけられる事を履修の前提とします。

ページの先頭へ戻る

授業教材

教科書 ※購入必須

なし

ツール

ツール名 発売元 バージョン 必要PCスペック 備考
ツール名
Excel
発売元
Microsoft
バージョン
2010以降
必要PCスペック
備考
アドオンの分析ツールを使用します。MacOSで分析ツールをインストールできないバージョン(Excel for Mac 2011)を使用している場合は、サードパーティ製のアドオン( http://www.analystsoft.com/jp/products/statplusmacle/ )を使用してください。

参考資料 ※購入任意

題名 著者 出版社 発行年 備考
題名
統計学がわかる
著者
向後 千春、冨永 敦子
出版社
技術評論社
発行年
2007.09.07
備考
1,680円(税別)
題名
統計学がわかる 【回帰分析・因子分析編】
著者
向後 千春、冨永 敦子
出版社
技術評論社
発行年
2008.12.16
備考
1,680円(税別)
題名
完全独習 統計学入門
著者
小島 寛之
出版社
ダイヤモンド社
発行年
2006.9.29
備考
1,800円(税別)

その他の資料

なし

ページの先頭へ戻る

期末試験実施方法について

Webテスト形式

ページの先頭へ戻る

授業時間外の学修と評価について

【授業時間外の学修について】
・前回の講義内容について繰り返し視聴を行って復習するとともに、予習として科目のお知らせで提供する追加情報や次回の学習資料を確認してください。
・学習資料を見た上で、分からない専門用語については、学内外の電子辞書サービス等を活用して調べてみましょう。
・受講後の発展的学習として、シラバスや授業内で紹介する参考図書や関連情報のサイト等を閲覧し、理解を深めてください。

【評価について】
本講義は全15回の講義と期末試験から構成されています。
各回の講義では、授業内容の確認のための小テストが用意されています。この小テストの受講が出席の評価となります。
全15回の3分の2、10回以上の出席が無いと単位が取得出来ませんのでお気をつけ下さい。
また、期末試験では、Web上で選択式の試験を実施します。
出席が10回に満たない場合と、期末試験を受験していない場合は単位を取得できませんのでお気をつけ下さい。

ページの先頭へ戻る

評価配分

ディベート レポート 小テスト 期末試験 その他 合計
0 % 0 % 50 % 50 % 0 % 100 %
 0 %   0 %   50 %   50 %   0 %   100 % 

ページの先頭へ戻る

各回の授業内容

授業内容および目次 小テスト他 備考(教科書、参考資料等)
第1回 1)タイトル:
オリエンテーション

2)学習目標:
・講義の進め方と学習方法を理解する.
・データの種類について学ぶ.
・度数分布表とヒストグラムについて理解する.

3)目次:
第1章 講義の進め方と学習方法
第2章 質的データ・量的データ
第3章 度数分布表とヒストグラム
第4章 実践編・ヒストグラムを作る

この回の課題
・小テスト
 
第2回 1)タイトル:
基本統計量

2)学習目標:
・基本統計量を理解する.

3)目次:
第1章 平均値,中央値,最頻値
第2章 分散と標準偏差
第3章 標準変化量と偏差値
第4章 実践編・偏差値を求める

この回の課題
・小テスト
 
第3回 1)タイトル:
確率

2)学習目標:
・母集団と標本について理解する.
・確率分布,正規分布について理解する.

3)目次:
第1章 母集団・標本
第2章 確率・確率分布
第3章 一様分布・二項分布・正規分布
第4章 実践編・確率

この回の課題
・小テスト
 
第4回 1)タイトル:
統計的推定

2)学習目標:
・統計的推定を理解する.

3)目次:
第1章 標準正規分布
第2章 統計的推定の基礎
第3章 信頼区間・区間推定
第4章 実践編・区間推定をする

この回の課題
・小テスト
 
第5回 1)タイトル:
統計的検定

2)学習目標:
・統計的仮説検定を理解する.
・対応なしのt検定について理解する.

3)目次:
第1章 統計的検定
第2章 t検定(対応なし)(1)
第3章 t検定(対応なし)(2)
第4章 実践編・t検定

この回の課題
・小テスト
 
第6回 1)タイトル:
t検定

2)学習目標:
・対応ありのt検定について理解する.

3)目次:
第1章 等分散を仮定しないt検定
第2章 F検定
第3章 t検定(対応あり)
第4章 実践編・t検定(対応あり)

この回の課題
・小テスト
 
第7回 1)タイトル:
1要因の分散分析

2)学習目標:
・1要因の分散分析について理解する.

3)目次:
第1章 要因・水準
第2章 効果・誤差
第3章 Bonferroni法
第4章 実践編・1要因の分散分析

この回の課題
・小テスト
 
第8回 1)タイトル:
2要因の分散分析

2)学習目標:
・2要因の分散分析について理解する.

3)目次:
第1章 2要因の分散分析
第2章 交互作用(1)
第3章 交互作用(2)
第4章 実践編・2要因の分散分析

この回の課題
・小テスト
 
第9回 1)タイトル:
カイ二乗検定

2)学習目標:
・カイ二乗検定について理解する.

3)目次:
第1章 観測度数・期待度数
第2章 カイ二乗検定
第3章 カイ二乗検定の補足
第4章 実践編・カイ二乗検定

この回の課題
・小テスト
 
第10回 1)タイトル:
相関

2)学習目標:
・相関について理解する.

3)目次:
第1章 相関とは
第2章 相関係数
第3章 相関関係・因果関係
第4章 実践編・相関

この回の課題
・小テスト
 
第11回 1)タイトル:
無相関検定・単回帰分析

2)学習目標:
・無相関検定について理解する.
・回帰直線と単回帰分析について理解する.

3)目次:
第1章 無相関検定
第2章 単回帰分析
第3章 最小二乗法
第4章 実践編・単回帰分析

この回の課題
・小テスト
 
第12回 1)タイトル:
偏相関

2)学習目標:
・偏相関について理解する.

3)目次:
第1章 偏相関・偏相関係数
第2章 偏相関の補足
第3章 相関分析
第4章 実践編・偏相関

この回の課題
・小テスト
 
第13回 1)タイトル:
重回帰分析

2)学習目標:
・重回帰分析について理解する.

3)目次:
第1章 重回帰分析とは
第2章 マルチコ現象
第3章 偏回帰係数
第4章 実践編:重回帰分析

この回の課題
・小テスト
 
第14回 1)タイトル:
総復習

2)学習目標:
・各講義回の復習を行い,わからない箇所を理解する.

3)目次:
第1章 総復習(1)
第2章 総復習(2)
第3章 総復習(3)
第4章 総復習(4)

この回の課題
・小テスト
 
第15回 1)タイトル:
質問紙調査法

2)学習目標:
・質問紙による調査法について理解する.

3)目次:
第1章 質問紙調査法(1)
第2章 質問紙調査法(2)
第3章 質問紙調査法(3)
第4章 質問紙調査法(4)

この回の課題
・小テスト
 

ページの先頭へ戻る

open

Now Loading