基本情報

学部 IT総合学部
科目 ソフトウェア開発論Ⅰ
教員名 中谷 祐介
年度 / 学期 2019年度春学期
開講期間 2019/4/4  ~  2019/8/8
科目履修区分 基礎演習(選択)/専門基礎(選択)/専門基礎(必修)/専門基礎科目
単位 2
科目レベル 3

ページの先頭へ戻る

科目概要

コンピュータ上でさまざまな作業を行う際は、目的に応じた各種のソフトウェアを利用する。このようなソフトウェアを開発する際、開発の過程においてプログラミング言語により記述される。そのため、ソフトウェアの開発にはプログラミング言語の習得が不可欠である。プログラミング言語にはさまざまなものがあるが、近年はソフトウェアの開発、保守を効率的に行えるオブジェクト指向プログラミング言語の利用が目立つ。本科目では、ソフトウェアの設計、開発の概要を理解し、オブジェクト指向プログラミング言語による基本的なプログラミング能力を身につけることを目標とする。

ページの先頭へ戻る

科目目標

1. 基本的なプログラムをJavaにより作成することができる.
2. オブジェクト指向に基づいたプログラミングを行うことができる.
3. ソフトウェアの設計手法を理解し,目的に応じた適切な手法を選択することができる.
4. ソフトウェアの開発手順を理解し,簡単な仕様書を作成することができる.

ページの先頭へ戻る

履修前提条件

・プログラミング入門
の単位を修得していることが望ましい。

※この科目ではプログラミング学習専用のシステムを利用するため、「実習環境利用料」として授業料とは別に4,800円が徴収されます。専用システムのライセンスを発行しますので、追加履修登録終了後の受講取消は受け付けられません。

・この科目はテキスト形式の授業コンテンツが多数を占めています。この点をよく理解した上で、履修登録を行ってください。

ページの先頭へ戻る

授業教材

教科書 ※購入必須

なし

ツール

なし
大学の定める必要環境はご用意ください。

参考資料 ※購入任意

なし

その他の資料

なし

ページの先頭へ戻る

期末試験実施方法について

Webテスト形式

ページの先頭へ戻る

授業時間外の学修と評価について

【授業時間外の学修】

○ すでに受講した回の講義内容について,繰り返し視聴することで復習を行ってください.

○ 学修資料を見た上で,わからない専門用語については,学内外の電子辞書サービス等を活用して調べてください.

○ 講義内で配布する「練習問題」に取り組み,講義内容の理解を深めてください.


【評価】

この科目は,【科目レベル3】の演習科目です.

Javaによるプログラムを作成する演習を3回(第4回,第8回,第12回)実施し,その結果をレポートとして提出して頂きます.これら3回のレポートの一部(評価配分の30%分)は「小テスト」の枠組みを使用して提出します.

以上から,下記の「評価配分」欄に示す内訳は,正確には

   レポート:40%, 小テスト:30%, 期末試験:30%

となります.

このように,この科目はレポートによる評価が全体の【40%】を占める演習科目です.

ページの先頭へ戻る

評価配分

ディベート レポート 小テスト 期末試験 その他 合計
0 % 10 % 60 % 30 % 0 % 100 %
 0 %   10 %   60 %   30 %   0 %   100 % 

ページの先頭へ戻る

各回の授業内容

授業内容および目次 小テスト他 備考(教科書、参考資料等)
第1回 1)タイトル:
オリエンテーション

2)学習目標:
・本科目の目的,進め方など,概要を理解する.
・演習で使用するJava環境の概要を理解し,利用できるようになる.

3)目次:
第1章 本科目の概要
第2章 演習環境の概要
第3章 演習環境の利用(1)
第4章 演習環境の利用(2)

この回の課題
・小テスト
 
第2回 1)タイトル:
Javaの初歩

2)学習目標:
・ソースファイルの記述方法を理解する.
・変数を理解し,データの入出力方法を習得する.
・四則演算,数学関数を使用した計算方法を理解する.

3)目次:
第1章 プログラミングの概要
第2章 ソースファイル
第3章 変数とデータ入出力
第4章 演算

この回の課題
・小テスト
 
第3回 1)タイトル:
条件分岐

2)学習目標:
・条件分岐の概要を理解する.
・if文による条件分岐の方法を理解する.
・switch文による条件分岐の方法を理解する.

3)目次:
第1章 条件分岐の概要
第2章 if文による条件分岐(1)
第3章 if文による条件分岐(2)
第4章 switch文による条件分岐

この回の課題
・小テスト
 
第4回 1)タイトル:
まとめの演習 (1)

2)学習目標:
・これまでに説明しなかった補足事項を理解する.
・Javaの基本事項についての演習を行う.

3)目次:
第1章 これまでの復習と補足事項
第2章 演習

この回の課題
・レポート
・小テスト
演習を行った結果を「レポート」として提出します.

「レポート」の一部は「小テスト」の枠組みを使用して提出します.
第5回 1)タイトル:
繰り返し

2)学習目標:
・繰り返し処理の概要を理解する.
・for文による繰り返し処理を理解する.
・while文による繰り返し処理を理解する.
・2重ループの処理の流れを理解する.

3)目次:
第1章 繰り返しの概要
第2章 for文による繰り返し
第3章 while文による繰り返し
第4章 多重ループ

この回の課題
・小テスト
 
第6回 1)タイトル:
配列

2)学習目標:
・配列の概要を理解する.
・配列の宣言,配列の構成など,基本的な配列の利用方法を理解する.
・2次元配列の構成と利用方法を理解する.

3)目次:
第1章 配列の概要
第2章 配列の基本
第3章 配列の利用
第4章 2次元配列

この回の課題
・小テスト
 
第7回 1)タイトル:
文字列処理

2)学習目標:
・文字列処理の概要を理解する.
・Javaにおける文字と文字列の扱いを理解する.
・String型を理解し,String型のメソッドを利用できるようになる.
・具体的な文字列処理を行うプログラムを作成する.

3)目次:
第1章 文字と文字列
第2章 文字列の基本
第3章 文字列の処理
第4章 文字列の配列

この回の課題
・小テスト
 
第8回 1)タイトル:
まとめの演習 (2)

2)学習目標:
・条件分岐,繰り返し,配列を組み合わせたプログラムを作成できるようになる.

3)目次:
第1章 これまでの復習と補足事項
第2章 演習

この回の課題
・レポート
・小テスト
演習を行った結果を「レポート」として提出します.

「レポート」の一部は「小テスト」の枠組みを使用して提出します.
第9回 1)タイトル:
メソッド

2)学習目標:
・メソッドの概要を理解する.
・基本的なメソッドを作成し,利用する方法を理解する.
・メソッドを使用した具体的なプログラムを作成する.
・メソッドの多重定義(オーバーロード)について理解する.

3)目次:
第1章 メソッドの概要
第2章 メソッドの作成と利用
第3章 配列を扱うメソッド
第4章 メソッドの多重定義

この回の課題
・小テスト
 
第10回 1)タイトル:
クラス (1)

2)学習目標:
・クラスの基本とオブジェクト指向について理解する.
・インスタンスの基本と作成方法を理解する.
・コンストラクタの基本と作成方法を理解する.
・具体的な例題でクラスを作成する.

3)目次:
第1章 クラスの概要
第2章 クラスとインスタンス
第3章 コンストラクタ
第4章 クラスの作成

この回の課題
・小テスト
 
第11回 1)タイトル:
クラス (2)

2)学習目標:
・クラスフィールド,クラスメソッドの意味と役割を理解する.
・クラスの継承の概要を理解する.

3)目次:
第1章 クラスの復習
第2章 カプセル化
第3章 クラスフィールドとクラスメソッド
第4章 クラスの継承

この回の課題
・小テスト
 
第12回 1)タイトル:
まとめの演習 (3)

2)学習目標:
・与えられた問題に対して,正しくクラスを作成できるようになる.

3)目次:
第1章 これまでの復習と補足事項
第2章 演習

この回の課題
・レポート
・小テスト
演習を行った結果を「レポート」として提出します.

「レポート」の一部は「小テスト」の枠組みを使用して提出します.
第13回 1)タイトル:
パッケージ

2)学習目標:
・パッケージの概要を理解する.
・パッケージを作成できるようになる.

3)目次:
第1章 パッケージの概要
第2章 パッケージの利用
第3章 パッケージの作成
第4章 アクセス制御

この回の課題
・小テスト
 
第14回 1)タイトル:
例外処理

2)学習目標:
・例外処理の概要を理解する.
・目的に応じた適切な例外処理が行えるようになる.

3)目次:
第1章 例外処理の概要
第2章 例外
第3章 例外処理(1)
第4章 例外処理(2)

この回の課題
・小テスト
 
第15回 1)タイトル:
ファイル処理

2)学習目標:
・ファイル処理の概要を理解する.
・ファイルの入出力が行えるようになる.

3)目次:
第1章 ファイル処理の概要
第2章 ファイル入力
第3章 ファイル出力
第4章 まとめ

この回の課題
・小テスト
 

ページの先頭へ戻る

open

Now Loading