ソフトウェア開発論Ⅰ | 通信制大学 | サイバー大学

科目概要

ソフトウェア開発論Ⅰ

ソフトウェア開発論Ⅰ

  • 専門基礎科目
コンピュータ上でさまざまな作業を行う際は、目的に応じた各種のソフトウェアを利用する。このようなソフトウェアを開発する際、開発の過程においてプログラミング言語により記述される。そのため、ソフトウェアの開発にはプログラミング言語の習得が不可欠である。プログラミング言語にはさまざまなものがあるが、近年はソフトウェアの開発、保守を効率的に行えるオブジェクト指向プログラミング言語の利用が目立つ。本科目では、ソフトウェアの設計、開発の概要を理解し、オブジェクト指向プログラミング言語による基本的なプログラミング能力を身につけることを目標とする。

担当教員紹介

  • 中谷 祐介
    中谷 祐介
    NAKAYA Yusuke
    • 教授
    • 専門科目

    早稲田大学理工学部情報学科を卒業後、同大学院理工学研究科情報科学専攻修士課程、博士課程を修了。その後、早稲田大学理工学部助手、客員講師などを経て、2010年よりサイバー大学IT総合学部に着任。

体験授業