ITコミュニケーションコース 特別研究Ⅰ | 通信制大学 | サイバー大学

科目概要

ITコミュニケーションコース 特別研究Ⅰ

ITコミュニケーションコース 特別研究Ⅰ

  • 卒業研究
特別研究では特別研究ⅠとⅡを通して、所属するプログラムに関連する研究テーマについて主指導教員(主査)の指導の下で研究活動を遂行する。研究テーマはエントリー時に提出した計画書を基にして主査と相談して決定する。特別研究Ⅰでは主査と1対1で議論を行いながら関連研究の整理、文献調査、研究を行う。その成果について中間発表を行い、主査の評価を受ける。さらに、期末レポートでは特別研究Ⅰの成果や特別研究Ⅱに向けた計画をまとめる。上記の進め方は典型的なケースでテーマにより他の類似の方法をとることもある。

担当教員紹介

  • 川原 洋
    川原 洋
    KAWAHARA Hiroshi
    • 教授
    • 学長
    • 専門科目

    1984年マサチューセッツ工科大学工学部博士課程修了後、多国籍資源探査企業・国内外のIT関連企業を経て、2000年4月ソフトバンク入社。以来、グループ内の様々な新規事業に関するテクノロジーを担当。2005年12月よりTVBank CTO。オーバーレイ・マルチキャストによる、大規模視聴向けライブ動画配信システムを商用化する。