情報化社会とテクノロジー | 通信制大学 | サイバー大学

科目概要

情報化社会とテクノロジー

情報化社会とテクノロジー

  • 専門応用科目
本科目ではコンピュータやネットワーク技術の発展をそれぞれの汎用化(コモディティ化)による時間的ブロックに分類し、デジタル技術を背景にインターネット上での様々なビジネスモデルやサービスの興亡を時代背景とともに理解する。またサービスの適用分類として、企業間(B2B, Business-to-Business)、企業と消費者(B2C、Business-to-Consumer)および電子政府への取り組みについてもネットワーク上のサービス形態について学習する。さらに、これらの適用技術と応用例を理解して、テクノロジーの今後の発展と人間生活や企業活動への適用を考察し、自らの未来論をプレゼンテーション形式で発表し、クラス内で各自の発表内容についてディベートを行う。

担当教員紹介

  • 川原 洋
    川原 洋
    KAWAHARA Hiroshi
    • 教授
    • 学長
    • 専門科目

    1984年マサチューセッツ工科大学工学部博士課程修了後、多国籍資源探査企業・国内外のIT関連企業を経て、2000年4月ソフトバンク入社。以来、グループ内の様々な新規事業に関するテクノロジーを担当。2005年12月よりTVBank CTO。オーバーレイ・マルチキャストによる、大規模視聴向けライブ動画配信システムを商用化する。