科目概要

コンピュータのための基礎数学

コンピュータのための基礎数学

  • 専門基礎科目

科目コード:MATH201

現代社会で我々はさまざまな分野において、コンピュータを使ってデータ処理や解析をしたり、複雑な問題を解いたりしている。コンピュータを道具として効率よく利用するためにも、コンピュータがデータの処理や問題解決を行う上で基礎となる知識を理解している必要がある。例えば、プログラミングを行う場合は数学的なものの考え方が必要であり、データベースを学ぶ上では集合論の知識は欠かせない。また、複雑な問題を予測したり解析したりするには、ベクトルや行列を基礎とした知識が必要となる。本科目では、ITに関するさまざまな応用技術を学ぶために必要な最低限の数学的知識を習得する。

担当教員紹介

  • 鈴木 秀男
    鈴木 秀男
    SUZUKI Hideo
    • 教授
    • 専門科目

    数学理論と情報科学を融合した新しい理論体系に基づき、連立代数方程式の根の振る舞いを研究するとともに、代数系の証明支援システムの構築に関する研究にも携わってきた。また、新しいアイデアに基づく、高速マッチング法に関する特許を取得している。近年では、文部科学省の大学COC事業に関連して、小学生から高齢者まで、安全・安心に制作することができ、「目で見て分かる、触って操作して楽しめる」教育用教材を多数開発している。

  • 青山 暢
    青山 暢
    AOYAMA Toru
    • 准教授
    • 専門科目

    神戸大学大学院理学研究科数学専攻博士課程後期課程修了。立教大学特別研究員、同大学兼任講師を経て、2018年6月より現職。専門は、代数学の問題を解決するためのアルゴリズムについて研究する計算機代数。