前田 鎌利 | 教員インタビュー | 通信制大学 | サイバー大学
プレゼンテーション

プレゼンテーション

前田 鎌利
  • 客員講師
  • 教養科目

1. 出会い

先生の専門分野とその出会いについて教えてください

私の専門分野は、プレゼンテーション(以下プレゼン)です。
学生時代は、教育学部で書道を専攻していて、明けても暮れても書に打ち込む日々でした。学校の先生になるのが夢でしたが、転機になったのは阪神淡路大震災です。通信ネットワークに大きな被害が生じ、仲間との連絡が取れなくなりました。そのとき、通信や携帯電話がもつ役割の重要性に気づかされ、その普及に貢献したいという思いで通信事業の会社へ入社しました。

入社後は、営業部で1日に約100社へ飛び込み営業をするというハードな毎日を送っていました。そんななか気づいたのは、カタログを見ればわかる携帯電話のスペックをいくら説明してもモノは売れないということです。

自分の中にある「僕自身はこう思う」というお話をしたり、しっかり提案をしたりするようになって、少しずつ契約が取れるようになりました。この頃の気づきが、現在でもプレゼンのエッセンスになっていると感じています。

2. 学び

プレゼンの講師になるキッカケは何でしたか?

その後転職し、ボーダフォンの経営戦略に関わる部署で、本格的にプレゼンの資料作りを始めることになります。いわゆるシンクタンクの会社と仕事をするのですが、ボリュームのある資料をハイレベルで短期間に作成するプロフェッショナルさに感動すら覚えました。それまでは我流だったので、第一線で活躍する方々の技術を学ばせてもらいながら、実践していきました。

その経験を活かして、プレゼンの技術を伝える方に転換したきっかけが、ソフトバンクグループを担う後継者発掘・育成を目的としたソフトバンクアカデミアへの参加でした。

そこでは、自分が社長だったらどうする?と視座を高めたプレゼンを作り込んだり、それを評価しあったりと刺激的でとても勉強になりました。そしてプレゼンで年間総合1位を取得したことなどから、ぜひその技術やノウハウをレクチャして欲しいと声がかかり、プレゼンの講師としての道を歩み始めました。

3. 大切なこと

説得力のあるプレゼン作りで気を付けることは何ですか?

テクニカルな部分は、私の授業を含めて後からでも学べます。その前にまず大事なのは、プレゼンのテーマについてどれだけ強い念い(おもい)をもてるかです。

ビジネスであれば、本当にその事業を自分がやりたい、または何のためにやるのかというのを自分なりに腹落ちしていないと、プレゼンも全然響きません。それこそ頭がちぎれるほど考えてみてください。

例えばある人があなたに、趣味である魚釣りを紹介するとします。単に「私は魚釣りが好きだから一緒に行きましょう。」と言われても、自分が好きでなければ行きませんよね。でも、エピソードなどを交えて本当に楽しそうに話されたら行ってみたくなると思いませんか?それは念いがこもっているからです。それと同じだと思います。

また、プレゼンが苦手、緊張してしまうという人は、アウトプットを定期的にもつことが大事です。私も昔はよく緊張してしまいましたが、1日に100社も飛び込み営業をしていると緊張する暇もなくすぐ慣れてしまいました。お箸を持ったり顔を洗ったりするのに緊張しないのと同じで、日常化した事では人は緊張しません。プレゼンも場数を踏んでくださいね。

4. 面白さ

プレゼンの面白さはどんな点ですか?

プレゼンやその資料作りは、企業理念について考え、自分というフィルターを通して提案や報告ができるのが面白いですよね。ビジネスのなかでもこれ以上ないくらいクリエイティブな仕事です。

またビジネスのみならずプライベートでも、人は生きていくうえで日々プレゼンの連続だといえます。

例えば、身体の具合が悪くなって病院へ行ったとします。ここが痛みます、こんな咳があります…など症状を医師へ正確に伝えないと、正しい治療をしてもらえないかもしれません。また、転職した、結婚したなどのライフイベントがあると、その時々で内容を変えながら、友人や親戚に自己紹介をする機会も多くあると思います。

そんなとき、一方的に自分の話を1時間聞いてくれる人はいませんが、5分であれば聞いてもらえる。その短い時間で、自然に伝わるプレゼンができるようになれば生活が楽しくなりますよね。

5. メッセージ

入学を検討されている方や、これから先生の授業を受講する学生にメッセージをお願いします

私は、セミナーなどでも講師としてよくお話をさせていただくのですが、直接お会いできる方にはどうしても限りがあります。その点、場所などの制限がないインターネットで映像を通してプレゼンの技術をお伝えできるのは、サイバー大学の授業のみの利点かなと思います。

担当科目の「プレゼンテーション入門」は、資料作りに特化した内容になっています。資料作りというといきなりパワーポイントを開いてしまう人もいますが、そうではなくちゃんと考えるところから始めようという、基本を大事にしています。

私がビジネスの現場で17年培ってきたノウハウが詰まった、明日から使える実践的な内容の授業です。ぜひ受講してください。

プライベートQ&A
プライベートQ&A

  • Q
    休日の過ごし方は?
    A
    家族との時間を大事にしています。最近は息子がサッカーをやっているので、練習に付き合うことが多いです。おかげで、書家らしからぬ日焼けの仕方をしています(笑)
  • Q
    子供の頃の夢は?
    A
    先生になることです。現在、独立して書の文化を未来へ継いでいくために、全国で書道塾を経営しています。時間はかかりましたが、夢は叶いました。
  • Q
    書道の魅力とは?
    A
    純粋に文字が上手くなりたい方だけでなく、「内観」の時間として学んでいる方も多いです。 SNSの普及などもあり、忙しい現代では自分自身と向き合う時間が少ないのではないでしょうか。書道は無心になり日常を振り返るキッカケになると思います。
  • Q
    好きなことは?
    A
    各地で石碑として設置されている、その土地出身の名士や政治家の書を観ることです。 この人はこういう字を書くんだなと興味深いですし、どういう念いでその言葉を書いたか考えるだけで面白いです。 至る所にあるのに、みんなあまり気にしないのでもったいないです(笑)
  • Q
    お気に入りのモノを教えてください
    A
    普段から持ち歩いている書道のセットです。昔の携帯用筆記具である、矢立に近いものです。筆ペンや特注の一筆箋などが入っているのですが、ケースも含めてすべて自分でデザインしました。温かみのある筆文字で、ちょっとしたメッセージを書いてお渡しできるので、気に入っています。

教員紹介

前田 鎌利
前田 鎌利
MAEDA Kamari
  • 客員講師
  • 教養科目

1973年福井県生まれ。東京学芸大学卒業後、光通信に就職。2000年にジェイフォンに転職して以降、ボーダフォン、ソフトバンクモバイル株式会社(現ソフトバンク株式会社)と17年にわたり移動体通信事業に従事。2010年に孫正義社長(現会長)の後継者育成機関であるソフトバンクアカデミア第1期生に選考され第1位を獲得。孫正義社長に直接プレゼンして幾多の事業提案を承認されたほか、孫社長のプレゼン資料づくりも数多く担当した。その後、ソフトバンク子会社の社外取締役や、ソフトバンク社内認定講師(プレゼンテーション)として活躍。

コンテンツ

学生の声へ
仕事や家庭、趣味などとの両立を図りながら、日々学び続ける先輩たちのインタビューをご紹介。
教員インタビューへ
サイバー大学教員に坦当科目からプライベートまで訊いた「通信制大学のなかの人」のインタビューをご紹介。
学生生活へ
公開講座や卒業アルバム、卒業研究などの大学のイベント等をご紹介。