在学中の夢、「大学院進学」を実現。 MBA取得を目指して新たな挑戦を続けています

在学中の夢、「大学院進学」を実現。 MBA取得を目指して新たな挑戦を続けています

ソフトウェア開発会社勤務/SE 2012年3月 卒業
西岡 恭史さん
  • 個人インタビュー
  • 卒業生
  • IT・通信
  • 男性
  • 50代以上
  • 大卒

入学のきっかけを教えてください

大学の工学系の学部でコンピュータを学び、20年以上ITの仕事に携わってきました。新しい技術が次々登場し、若い世代も入ってくる中で、これから自分がどうしたらよいかを悩んでいました。そんなときに新聞でサイバー大学の開学を知らせる広告を見つけ、すぐに大学へ電話しました。

大学ではどのようなことを学びましたか?

とにかくいろいろなことを知りたいと、さまざまな分野の科目を積極的に履修しました。コンピュータの歴史を学ぶ講義では、コンピュータの変遷とともに自分のこれまでの仕事を見つめ直すことができました。特に苦労したのは、プレゼンテーションの課題が課せられた演習です。しかし、努力のかいあって、実践的な技能を身につけることができ、仕事で発揮しています。

今、大学生活を振り返って、思い出に残っていることは何ですか?

入学前は通学が一切不要なことから、卒業まで誰とも交流がないのではと不安でした。実際はSNSなどを通じて他の学生や先生とも盛んに交流があり、学生主催で勉強会を行うなど、オンライン・オフライン両方で年代も職種も違うさまざまな人たちと密なコミュニケーションができました。今でも大学の仲間とは交流があります。

サイバー大学の魅力とは何でしょう?

サイバー大学時代に目指していた大学院進学を実現し、今、経営学に取り組んでいます。課題の量も多く大変ですが、MBA取得に向けて日々頑張っています。いつでもどこでも学べる体制があるから、自分で時間さえ作れば学べる。それがサイバー大学の一番の魅力だと思います。

大学を経て変わったことは何ですか?

視野が広がり、今まで興味を持っていなかったものへも関心を持ち、「これはどんな会社が作ったものだろう」と掘り下げて見るようになりました。まずは踏み出す。そうすれば、いろいろな世界が見えてくることを知りました。

※年齢・職業などは取材当時のものです。

コンテンツ

学生の声へ
仕事や家庭、趣味などとの両立を図りながら、日々学び続ける先輩たちのインタビューをご紹介。
教員インタビューへ
サイバー大学教員に坦当科目からプライベートまで訊いた「通信制大学のなかの人」のインタビューをご紹介。
学生生活へ
公開講座や卒業アルバム、卒業研究などの大学のイベント等をご紹介。