別館サイバー大学 別館サイバー大学

テクノロジー系科目 情報セキュリティ応用

情報セキュリティ応用
情報セキュリティ応用
情報セキュリティ応用
情報セキュリティ応用

現代の情報化社会を守る情報セキュリティ

皆さんがスマートフォンやタブレット、あるいはパソコンを安全・安心に利用できているのは、情報セキュリティが陰で支えているからにほかなりません。今や情報セキュリティ技術は企業や個人の生活において必要不可欠なものとなっています。

あまり実感が湧かないという方もいらっしゃるかもしれませんが、たとえばインターネットでWebサイトを閲覧している時に、アドレスバーに鍵マークが表示されているものや、「https」で始まっているURLを目にしたことはありませんか?
この鍵マークや「https」ですが、"SSL/TLS"という情報セキュリティ技術によって、Webサイトとの間の通信が暗号化されて守られていることを表しています。この技術は、私たちが普段から何気なく利用しているオンラインショッピングや銀行のネット振り込みなどを始め、現在では多くのWebサービスにおいて利用されるようになってきました。しかし、日本国内においてはまだ十分に導入されているとは言い難い状況で、さらなる普及が求められています。

情報セキュリティの必要性を学ぶ

さまざまなWebサービスが急速に発展する中で、セキュリティ上の脅威に関する知識や対策を正しく理解していないと、個人情報の流出、データの盗聴や改ざんなど、常にリスクに晒されることになります。個人情報保護に対する意識が高い現代社会において、情報セキュリティ対策は個人の問題だけでなく企業の信用問題にも深く関わってくるのです。

そこで本科目では、専門基礎科目「情報セキュリティ入門」で学ぶ基礎知識を発展させ、"SSL/TLS"をはじめとする情報セキュリティに関連する最新の技術動向を学習します。併せて、近年急速に拡充しつつあるセキュリティ社会基盤制度や、サイバー攻撃/犯罪といった社会問題の対処法についても理解を深めていきます。

情報セキュリティについて学ぶことによって、必ずや新しい視点・視野を得ることができるはずです。現在の仕事、あるいは将来取り組んでいく仕事をより充実したものにしていくためにも、本科目をぜひとも役立ててください!

鈴木 耕二
鈴木 耕二
SUZUKI Koji
  • 准教授
  • 専門科目

京都大学工学部数理工学科卒業、京都大学工学研究科数理工学専攻修士課程修了。精密機器メーカーの研究所・企画部等において応用数学および情報セキュリティに関連する研究開発・情報セキュリティ監査・品質保証業務などに従事。サイバー大学客員准教授を経て、2019年より現職。