別館サイバー大学 別館サイバー大学

ビジネス系科目 プロジェクトマネジメント入門

プロジェクトマネジメント入門
プロジェクトマネジメント入門
プロジェクトマネジメント入門
プロジェクトマネジメント入門

この授業で得られるもの

材料を揃えて料理を作る、家をリフォームするといったパーソナルなものから、イベントの開催や店舗の新規開業、スタジアムの建設まで、「プロジェクト」にはさまざまなものがありますが、共通しているのは、はっきりしたゴール(目標)があり、「事前の計画」と「進行管理」が大切という点です。

会社のプロジェクトともなれば、多くの人・モノ・お金が関わってくるので、時間やコストの無駄は許されません。どのような作業が必要か、どういう順序で進めるか、どこに時間がかかるか。これらを予測しながら計画を立て、作業の手順を管理し、目標を達成する能力は、プロジェクトのリーダーにはもちろん、プロジェクトを担当するメンバーにも、プロジェクトの実施を依頼、発注する側にとっても必要です。

この授業では、物づくりや企画を着実に実現するための考え方、作業の進め方や問題への対処法など、プロジェクトマネジメントの基礎知識を体系的に学習し、「プロジェクト計画書」の作成も体験します。

どんな知識が覚えられる

「事前の計画」と「進行管理」をしっかりと行い、目標を達成するためには、プロジェクトに関わる要素をすべてリストアップし、作業の段取りと順序を決め、変更や遅れにも対処するための高度な能力が求められます。そこでこの授業では、さまざまな切り口から、プロジェクトとマネジメントの基本を習得していきます。

前半では、プロジェクトの始動から完了までの「ライフサイクル」、マネジメントの基本サイクル「PDCA」、スケジュール管理の手法「WBS」などについて学習します。後半では、実際のプロジェクトの流れに沿って、コストや品質、組織やリスクなどのマネジメント手法を実践的に学びます。また、最後に仕上げとして、情報システム開発のプロジェクト計画書を作成します。

どんなスキルを習得できる

プロジェクトマネジメントの基礎知識があれば、プロジェクトに限らず、あらゆる作業において「ムダ・ムラ・ムリ」を減らせるようになります。また、物事をスムーズに進める「段取り力」が身に付き、仕事でも日常生活においても「時短」を実現できます。

特に、転職や昇進、昇級にも有利といわれる「プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル(PMP)」の受験を考えている人には、ぜひ受講してほしい科目です。PMPの受験資格の一つに「35時間の公式なプロジェクトマネジメントの研修の受講」があり、この科目はそのうち「15時間の研修」としてカウントされます。さらに、専門応用科目「ITプロジェクトマネジメント講義」「ITプロジェクトマネジメント演習」(それぞれ15時間に相当)を履修すれば、PMPの受験資格をクリアできます。

勝 眞一郎
勝 眞一郎
KATSU Shinichiro
  • 教授
  • 専門科目
  • 教養科目

1964年生まれ。機械製造業に18年勤務し、モノづくりの現場で、経営、設計、製造、物流、情報システムと広範囲な活動をグローバルな舞台で実践。情報システム部門のトップを務めてきた経験から、実践的なプロジェクトマネジメント論を次世代に向け伝授している。業務コンサルタント。奄美大島出身。