MENU

  • 在学生
  • グループ

【第3回】

まずはやってみよう!
入学検討者へのメッセージ

今回は「学生の声」特別企画として、5人の在学生に集まっていただき、
サイバー大学の学生生活についてざっくばらんにお話しいただきました。
授業内外でのコミュニケーションや転職活動の感想など、
盛りだくさんの内容を全3回でお届けします。ぜひご覧ください。
  • 新井さん 新井さん
  • 石田さん 石田さん
  • 内田さん 内田さん
  • 眞榮田さん 眞榮田さん
  • 星さん さん

皆さん、どのようにオンライン授業を進めていますか?

星さん さん
平日は仕事が終わってから夜に自宅で受講します。間に合わなかった分を週末に片づけるイメージですね。
眞榮田さん 眞榮田さん
僕も基本的に同じですね。パソコンでの受講がメインです。
石田さん 石田さん
私も基本的なスタイルは同じですが、スマホでの受講も結構しています。職場が片道2時間くらいなので、電車内で授業を視聴しています。

新井さん 新井さん
私はタブレット使用率がかなり高いです。端末を持ち歩いて、仕事の昼休みなどのスキマ時間をうまく利用できるので助かります。やはり社会人が諦めずに学び続けるには、時間があればCloud Campusを開くという習慣をつけられるかが大事だと思います。

勉強で大変なことや、モチベーション維持はどうしていますか?

新井さん 新井さん
時期にもよりますが、慢性的な睡眠時間不足はあるかも。仕事の時間は削れないのでそこは大変ですね。
眞榮田さん 眞榮田さん
疲れているときでも、「今やらな!」とやる気を起こすのが大変ですよね。
全員
うんうん。
星さん さん
大変なときはLINEで愚痴ってます(笑)。

眞榮田さん 眞榮田さん
学内で友達をつくっておくと乗り切れますね。
新井さん 新井さん
授業を受けないとTA(ティーチングアシスタント)の方から励ましの連絡が来るので有り難いですね。入学当時、ちょうど出張が入ってしまって仕事も忙しかったのですが、TAの方から連絡が来てやらなきゃとなりました。特に学習のリズムが固まっていない1年次では、そういったサポートで助けられると思います。
内田さん 内田さん
私は今ゼミナールを履修していて、課題図書の担当章のサマリーと自分の見解をまとめて、自分でプレゼンテーションを録画しなくてはなりません。自分自身の「伝える力」も要求されるので面白くもあり、大変でもあります。

星さん、石田さんは大学での学びをきっかけにIT業界へ転職されたそうですが、その他に大学で学んだことが仕事で役立ったエピソードはありますか?

内田さん 内田さん
自分でもこんなに仕事と結びつくことがあるんだな、ということが一つありました。
経理財務部門で上司のサポート業務をしているのですが、その上司がたまたま内部統制の部署を立ち上げることになりました。その流れで、私もコンプライアンスに詳しいメンバーたちの話を理解してサポートする必要に迫られ...。入学前なら難しかったと思いますが、サイバー大学の必修科目でコンプライアンスを勉強していたときの予備知識があったので、専門用語などでも困らず仕事ができて助かりました。
また普段も、経理財務の部門にいる都合上、経理の人にヒアリングをしたり調整をしたりする機会があります。予備知識がないとなかなかヒアリング自体が難しいのですが、企業経営や会計、コーポレートファイナンスなどを学んでいたので、これらの科目も仕事で役立っています。

今後学んだことをこう活かしたいといった気持ちはありますか?

新井さん 新井さん
ここにいない方でも、いろいろな特技をお持ちの方がいるので、サイバー大学生同士でなにかやってみても面白いですよね。
内田さん 内田さん
まだふざけて話をしているレベルですが、それぞれビジネスや技術、マーケティング、セキュリティなどなど、起業に必要な勉強はしているのでタイミングなどが合えばやれちゃうよね、という話をしたりすることはあります。
新井さん 新井さん
アリかもしれませんね。今回は引っ越しプロジェクトでしたが、小さい規模からステップアップしていけばできそうだなと思います。

その発想は、社会人学生ならではですね。ぜひ実現してください。最後に、入学を検討している皆さんへメッセージをいただけますか?

星さん さん
人生なにがあるか分からないですし、気になったならやってみればいいと思います。
内田さん 内田さん
私も同感で、大学に入学するというと大事に捉えて自分にできるかしらと考えてしまいますが、悩んでいても分からないので、まずは気軽にやってみるのがいいと思います。

眞榮田さん 眞榮田さん
思い立ったら吉日即行動あるのみです。勇気をだして飛び込んでみてもらいたいと思います。僕の場合は、大卒資格を取りたいという気持ちがあって入学しました。同じ想いがある方は、将来の自信につながると思うのでぜひサイバー大学で学んでみてください。
内田さん 内田さん
学んだことや経験はどれも無駄にならないと思ってます。実際、先ほどお話ししたように学んだことと仕事が上手くリンクしたことがありました。人と会わずにやりたいな、という方は無理に会わなくて結構ですし、大人になっても仲間や友達をつくりたい方はいい機会です。ぜひ入学をご検討いただければと思います。
石田さん 石田さん
大人になって大学へ行こうとかいうと、周りから無理だとか無駄だとか厳しい言葉をかけられることもあるんじゃないでしょうか。でも私は、やってみないでどうして分かるんだという気持ちがあります。私自身、ここまで大きく変わることは期待していませんでしたが、この大学に入って仕事をしながら学んで、今の職場に認めてもらって希望を叶えて今に至ります。30歳、40歳になって自分の方向性に迷いがあるのなら、私も変わることができたので、この大学できっかけを見いだしてみませんか?という言葉を投げかけたいと思います。
全員
おおー!素晴らしい。
新井さん 新井さん
大卒資格を取るためだけ!と初めから目的を限定してしまうと、お金を出すのも負担に感じてしまうかもしれません。でも実際入学してみると、人脈をつくれたり同じ趣味の人と仲良くなることができたり、通信制大学なのに通学制大学と同じメリットが得られます。他の大学にはなかなか無い+αがあるので、そこにも価値を感じてください。
また、魅力的な先生がたくさんいらっしゃるので、授業外のイベントなどぜひ直接お話しする機会を設けてもらえればと思います。

本日は皆さんありがとうございました。