MENU

授業の進め方

履修登録が終了したら、「Cloud Campus」と呼ばれる学習システムで受講を開始します。学習状況の管理などは、すべて「Cloud Campus」で行います。授業の構成や各種機能において、時間を有効活用するための工夫や授業の内容を深く理解するための仕組みが随所に取り入れられています。

授業の構成

すべての科目は半期(春学期・秋学期)ごとに単位の修得が可能です。
2単位科目は15回、1単位科目は8回の授業で構成され、講義終了後には期末試験を行います。 1回の授業の長さは90分程度で、4章にわかれています。 1章は15分~20分程度で、1回の授業を章ごとに分割して受講することも可能です。

授業の構成図

教養科目は、原則として学期中【前期】【後期】のいずれかの期間に開講いたします。
それぞれ開講期間が異なる為、個々の履修計画に基づいて、履修を行ってください。

授業の流れ

履修登録から授業の受講、期末試験の受験や成績確認まで、すべて「Cloud Campus」と呼ばれる学習システムを通じてオンライン上でおこないます。 受講を開始し、単位を修得するまでの流れを紹介します。

授業の流れ図

step1 受講開始(お知らせ・「授業管理」画面の確認)

大学からのお知らせを確認する

受講する際は、「Cloud Campus」にログインします。 授業を受ける前に、「大学からのお知らせ」および「IT総合学部からのお知らせ」を必ずチェックしてください。

「Cloud Campus」「大学からのお知らせ」および「IT総合学部からのお知らせ」画面

「授業管理」画面を確認する

履修登録している科目や履修状況が分かる「授業管理」画面を確認し、履修が遅れている場合には学習スケジュールを再考します。

「Cloud Campus」「授業管理」画面

step2 授業の視聴 (各回繰り返し)

1単位科目の場合は全8回、2単位科目の場合は全15回の授業で構成されています。 授業1回ごとに定められている「出席認定期間※」(原則2週間)中に、授業を視聴します。

※ 出席認定期間を過ぎると、「遅刻出席」となります。 授業を視聴することは可能ですが、成績判定の際に減点の対象となりますので、ご注意ください。

「Cloud Campus」 「授業の視聴」画面

step3 小テスト/レポート/ディベート (各回繰り返し)

授業を視聴した後は、各回に設定された課題(小テスト/レポート/ディベート)に取り組みます。 小テスト/レポート/ディベートのいずれを行うかは、授業によって異なります。 これらの課題を終えれば「出席」として認定されます(授業の視聴だけでは「出席」として認定されませんので、ご注意ください)。

小テストを受験する

小テストが設定されている授業回は、期限内にオンラインで受験します。講義科目では原則毎授業終了後、小テストが設定されています。

「Cloud Campus」「小テスト」画面

レポートを提出する

レポートが出題されている授業回では、締切期日までにレポートをオンラインで提出します。レポートの提出状況は、各レポートの提出画面で確認できます。

「Cloud Campus」「レポートの提出」画面

ディベートルームへの参加

ディベートでの発言が求められる場合には、教員から提示されたテーマについて所定の掲示板に書き込みをし、教員や他の学生と議論します。

「Cloud Campus」「ディベートルームへの参加」画面

授業内容に関する疑問点は、「Q&A掲示板」で教員やTA(ティーチングアシスタント)に質問できます。 他の学生の書き込みも参照できるので、理解を深めるのに役立ちます。

step4 期末試験

所定の期間に期末試験の受験もしくは期末レポートの提出を行います。受験の際には、大学が指定する方法で本人確認が必要となります。

※原則として出席回数が3分の2以上の人が期末試験を受けられます。
※期末試験を受験しない場合、単位は修得できません。
※期末試験の受験の際は必ずパソコンを用意してください。

step5 成績判定

成績発表日に成績情報の画面にて発表されます。成績は、小テスト/レポート/ディベート/その他/期末試験の取得点数を、各科目のシラバスで設定された評価配分で換算して判定されます。

合否合格不合格
点数100~90点89~80点79~70点69~60点59点以下
成績ABCDF