MENU

  • 在学生
  • 起業・経営
  • 30代
  •   
  • 男性

会社経営

大成 祐爾さん

中学卒業後さまざまな仕事を経験し、会社経営者に。
情報システムを提案できるIT知識を学び、大学院進学を目指す。
大成 祐爾さん

入学のきっかけを教えてください

私は現在、沖縄と台湾で会社を経営しています。事業はコンサルティング、事業開発、カービジネス、観光など多岐に渡ります。

子供の頃よりお金を自分で稼ぎたいという欲求が強かったため、中学卒業後は高校へ行かず働き始めました。それから現在まで、都内にあるコンビニのアルバイトからスタートし、コンビニの店長やアクセサリー業、建築コンサル会社の立ち上げなどさまざまな仕事を経験してきました。また、行政書士の資格も取得しました。

サイバー大学へ入学しようと考えたのは、ITの専門知識と中国語を学べるからです。私は情報システムが専門ではないので、営業の際はエンジニアに同行してもらっています。ですが、台湾で同じことをしようと思うと、エンジニアに加えて通訳も必要になるのでほぼ不可能です。そのためコンサルの概要だけでなく、情報システムの具体的な説明も自分でできるようになれたらと思っていました。そんなことから、高校へ進学していない自分でも入学でき、正科生へ転籍できるサイバー大学に特修生として入学しました。

沖縄や台湾を仕事の拠点にしている理由はなんですか?

沖縄で仕事を始めたきっかけは、とある映画を全編沖縄で撮影したいという話を受け、キャスティングや配給会社、資金調達の交渉を行ったことです。その映画ははじめ、主役と全編沖縄ということ以外は決まっていなかったので、資金調達は100件くらい断られましたし、配給会社もなかなか決まらず大変でした。

でも、沖縄の方に喜んでもらえるよう、芸能人がたくさん来るようにしたり、地元のモデルをキャスティングしたりしました。また映画もそれなりの結果を出すことができて、この繋がりから沖縄でのお仕事をいただけるようになり会社を立ち上げたという流れです。

台湾は、昨年頃から進出しました。今から東京で勝負するより、台湾の方が成功する可能性が高いと考えたからです。台湾のマーケットは成熟してきているものの、まだ人海戦術で仕事をしている部分がたくさんあります。そのためこうすれば経費削減になる、こういうシステムがあれば効率化できるといったコンサルで、ビジネスのチャンスを見出しています。

どのように授業を進めていますか?また、感想をお聞かせください。

経営者ということもあり、平日仕事・土日休みといった決まったライフサイクルがありません。そのため仕事の合間など、進められるときにできるだけ一気に受講するようにしています。また、飛行機などで移動する時間も多いので、そんなときはスマホでの受講もしたりします。映画や音楽鑑賞、ジム、散歩、勉強、読書みたいな感じで、生活のなかに学習を組み込むイメージです。

入学する前は、実戦経験こそが学びだと思っていました。でもサイバー大学で学んでみて、経験だけでなく基礎的な知識も重要だということに気が付くことが出来ました。

印象的だった授業はありますか?

仕事に活かせた「Pepper入門」が印象的です。コミュニケーションロボットはまだこれからと思う点もありますが、将来性がすごくあるということが分かりました。

また、授業でPepperの仕組みや機能を理解できたおかげで、その活用アイディアが具体的に考えられるようになりました。そのアイディアは実際のビジネス提案でも使っています。とても意義のある授業だったと思います。

今後の目標についてお聞かせください

自分が構想している大規模の事業を実現したいです。しかし、現在よりも大きな仕事をしようとするとどうしても人脈が必要になってきます。そのためにも、サイバー大学でしっかり学び最短で卒業し、その後SBI大学院大学でMBAを取得し、人脈を広げて大規模の仕事につなげたいと考えています。

サイバー大学で学んだことを卒業してから活かすという考えはありません。社会人なので、在学中に学びながらアウトプットや実践を繰り返していくことで、生きた知識として頭に残せるのではないかと思います。

入学検討者へ一言お願いします

社会の状況を嘆いたり、自分の環境を周りのせいにして何もやらないのは簡単です。でもそれでは面白くないし、自分なりの構想を持つことでより良い方向へ進んでいけると信じています。

入学を検討している方にお伝えしたいのは、最初から学ぶことに大義名分を求めるべきではないということです。学んでおいたことが、テレビや本などなんとなく流れている情報に対して、後から紐づいて役立ちます。そこで仕事に直結できるネタが生まれることも当然あります。まずは大義名分を求めず学び始めることをお勧めします。そしてどうせ学ぶなら、サイバー大学はとても便利だと思いますよ。

※年齢・職業などは取材当時のものです。

PICK UP