MENU

  • 在学生
  • IT・通信
  • 40代
  •   
  • 女性
  • 大卒

Webディレクター

川元 美佐子さん

仕事に必要なIT知識を学ぶため入学
今では大好きなワインでの起業を視野に、夢広がる
川元 美佐子さん

サイバー大学に入学したきっかけは?

私は、Webの制作会社でWebディレクターとして働いています。初めはアルバイトで入社したのですが、ITの世界が初めてだったので初級システムアドミニストレータの合格を目標に、会社の有志と勉強会をしたり独学で勉強したりしていました。

しかしその後、転機が訪れました。当時は派遣でWebディレクターとして仕事をしておりましたが、正社員としての転職を希望しており、その頃から、Webディレクターとして更なる上を目指す仕事をするためには、もっとIT知識を体系的に学んでスキルを高めなくてはと考えるようになりました。

そんなときに、通学不要でITとビジネスを学べるというサイバー大学の存在をインターネットで知りました。そして、これは今の自分にピッタリだと思いすぐに出願しました。

実際に入学してみてどうでしたか?

とにかく、インターネットで映像を見ながら学ぶことが新鮮だったのを覚えています。美大出身の私にとって、ITやビジネスの科目は今まで学んだことのない内容ばかりだったので、とても楽しく学べました。

また、入学するときの狙いでもあったのですが、仕事で活かせる授業が多いと感じました。例えば、担当するサイトについて分析する際、「経営戦略」の授業で学んだ競合分析のフレームワークを用いることがあります。また、SSLサーバ証明書の申請を担当することがあったのですが、授業で概要を学んでいたので実際はこういう風になっているのか、と理解しながら進められました。

大変だったことは何ですか?

時間がないときは、授業の締め切りを守るのが大変でした。特に入学した頃は仕事が忙しく、平日はほとんど学習時間を確保できなかった覚えがあります。そんなときは、週末にまとめて学習を進めていきました。サイバー大学は、曜日や時間を限定せずに授業を受けられるのが便利です。

その後、忙しさが少し軽減され、平日に学習時間を確保できるようになりました。通勤時間も、iPhoneを使って授業を視聴しています。仕事が第一ではありますが、学習も遅れず進めていくにはタイムマネジメントが大切だと感じています。

学費についてどのように工面されていますか?

入学してから毎期、オリコの学資ローンを利用しています。低金利ですし、月々の支払いを一定にできるので大変助かっています。サイバー大学で学ぶ費用は必要経費だと思いますし、自己投資の一環なので、何かを代わりに我慢するということもありません。

また、学費だけでなく卒業までのペースも自分で調整できるのが、サイバー大学のよいところだと思います。

私の場合は、サイバー大学での勉強以外に将来の起業を見据えた資格の勉強をしようと考えていて、今は仕事とサイバー大学の授業、資格の勉強と、三本立てでタイムマネジメントをしています。

今後、どのようにサイバー大学の学びを活用していきたいですか?

ITの知識を得るために入学したサイバー大学でしたが、現在ではビジネス系の知識も得て、将来的に起業したいと考えています。

実は、私はワインが大好きでワインエキスパートという資格ももっています。そんなことから現在は「一般社団法人 日本ノムリエ協会」の武蔵野支部として、毎月ワイン会を主催してるのですが、いずれは規模を大きくしていき、インポーターも巻き込んでワインの需要拡大につながるビジネスにしたいです。

また、毎回ワインのテーマを決め、料理との相性を検証する勉強会も開催しているのですが、ここでサイバー大学で学んだことが活かされています。例えば、参加者を募るのにもソーシャルメディアなどインターネットの活用スキルが必要です。それだけでなく、勉強会で話す内容の構成や資料の作り方、話し方などもプレゼンテーションの授業が大いに役立ちます。

入学を検討されている方に一言お願いいたします。

中には、授業で学ぶ勉強が久しぶりでついていけるか心配という方もいらっしゃると思いますが、心配しなくてよいと思います。私もだんだんもの覚えが悪くなってきていますが、真面目に勉強すれば良い評価をもらえますし、サポートがしっかりしているので、やる気さえあれば何とかなります。時間が無くてもスマートフォンで通勤時間に学ぶこともできますし、躊躇する理由は何も無いのではないでしょうか。

もし迷われているのであれば、とりあえず入学してみて興味のある科目だけ受講してみてはいかがでしょうか。それで余裕があれば、本格的に学んでみるのがよいと思います。私は少しスローペースで卒業を目指していますが、しっかり卒業して起業の夢を叶えられるようにがんばっていきます。

※年齢・職業などは取材当時のものです。

PICK UP