MENU

  • 在学生
  • その他
  • 20代
  •   
  • 女性
  • 高校新卒

  

後藤 恵里奈さん

知らない新しい分野に対するチャレンジ精神。
この学びの姿勢は、今後の人生で役に立つと予感しています。
後藤 恵里奈さん

入学したきっかけを教えてください。

私は子供のころから体が弱かったので、空気の良い田舎に引っ越しました。そんなこともあり、進路を決める際にスクーリングが不要な大学を調べたところ、サイバー大学の存在を知りました。またカリキュラムも調べ、これからの時代最低限のIT知識は必要だと感じ、入学を決めました。

入学した感想はいかがですか?

社会人の学生が多いと感じました。授業のディベートでも、社会経験がある方の発言は勉強になります。海外に住む学生と知り合いになり、Skypeやメールで履修科目や勉強の仕方についてアドバイスをいただくこともあります。将来のためにやっておくべきことなど、さまざまな意見や考えを聞けるので自分のためになります。

また、自分で調べられるところは自習し、それでも理解できない箇所は先生に聞くといった、主体的な学習方法に変わったと思います。専門科目が増えてくると、分からないことも多くなるので、担当の講師やTAの方に積極的に質問しています。

大変だったことはありますか?

入学して初めてITを学びましたが、抽象的な概念、特に目に見えないネットワークの仕組みを理解するのが大変でした。コンピュータにもそれほど慣れていなかったので、最初は操作に戸惑いましたが、サポートセンターの方に丁寧に教えていただきました。

一時海外で生活していたので英語は得意なのですが、日本語の専門用語が苦手なので、Webや書籍で調べました。また、ITの授業内容を理解するために、無料で海外の大学講義を受講できるMOOC(Massive Open Online Course)で、関連のある科目を学びました。数学や経済学などの予習として、似たような内容のコースを探して受講したこともあります。

一週間の学習スタイルを教えてください

毎週火曜日は、健康も考え趣味で始めたダンスのスクールに通っています。用事やその他の約束などは水曜日に入れて、それ以外の平日と土曜は1日5~6時間、3、4科目学習しています。

1日で1科目4章をすべて終わらせるのではなく、1~2章見て小テストを受けたり、レポートがあればその準備をしたり、スライドだけチェックするなど、体調に合わせて柔軟に受講しています。それができるのはサイバー大学ならではですね。

日曜日は教会に通い、友達とおしゃべりして過ごし、勉強は休みます。また、体調を崩しやすい時期は、多めに学習した翌週の勉強量を減らすなど、細かく調整しながら学習しています。

授業の中で印象に残っている科目は何ですか?

印象に残っている科目は、アルゴリズム論演習やソフトウェア開発論I、UNIXサーバ構築Iです。特にアルゴリズム論演習は、科目名を聞くと難しそうでこれまでは学ぶことを躊躇していましたが、学んでみると面白いです。レポート課題も多いので大変ですが、自分で考えて作成したプログラムが正常に動作すると、とても達成感があります。論理的に考える面白さが分かってきました。

この経験から、今では自分の知らない新しい分野にも挑戦したい気持ちが高まりました。そういう学びの姿勢は、今後の人生の中でも役に立つと予感しています。

ビジネスの科目では、ITビジネス経営論(現在の企業経営入門)は前川先生の解説が分かりやすく、ニュースなどでよく耳にする企業の話や経営について学ぶことができ印象に残っています。

大学での経験をどのように活かしていきたいですか?

これからITの知識はどこでも必要になっていくので、職業に関わらず今大学で学んでいることは役立つと思います。私は普通の勤めは難しいので、在宅など環境のよいところでITを生かした仕事に就きたいです。

3年次から起業・経営コースに進むつもりなので、プロジェクトの進め方やマネジメントの仕方など、仕事だけでなく日常生活でも応用できる分野を学びたいです。自分ができる範囲のなかでやりたいことが見つかるといいと思っています。

入学を検討されている方に一言お願いいたします。

サイバー大学の学生は、社会人だけでなく体の弱い方も多く学んでいると聞いています。初めは学び方に戸惑うこともあるかもしれませんが、自分なりの方法を見つけて学習スタイルを作れば、スムーズに勉強が進みます。

インターネットさえあれば好きな時間に受講できるので、専業主婦の方など通学できない事情を抱えた方でも無理をせず学習を始められる良いチャンスではないでしょうか。

※年齢・職業などは取材当時のものです。

PICK UP