MENU

  • 在学生
  • IT・通信
  • 40代
  •   
  • 男性
  • 専門・短大卒

プログラマー

吉見 正樹さん

ビジネスコンテストのファイナリストに認定。
卒業研究をもとに事業展開を検討中
吉見 正樹さん

入学の動機を教えてください。

自分はデザイナーとして経験を積んだ後にプログラマーになったのですが独学であったため、ITを専門的に学びたいと考えていました。大学を中退していた自分にとっては、時間と場所に限定されずに大学の授業が受けられるシステムは願っても無いことでした。また、ITとビジネス全般に関して専門科目が充実しているサイバー大学は自分のような人間のためにできた大学なのかと思えるほど、志向とカリキュラムが一致していました。

大学で学んでいることが今の生活で役に立つことはありますか?

自分はプログラマーですので、ITの知識はそのまま仕事に直結しています。また、簿記や法律、統計など、基本的でありながらとても重要な知識も学べ、生活にも役立っていると思います。ITとビジネスの知識はどのような職業であっても関わってくる要素です。すべての社会人の方にとって役に立つ内容であると思います。

週何日、1日何時間勉強していますか?

ほぼ毎日、時間がとれるときは勉強時間にあてます。自分の場合はおおむね週に30時間位です。勉強時間はかなり必要だとおもいます。そのような意味では決して楽ではありません。仮に平日はそこそこ仕事が忙しく、休日はレジャーか余暇を楽しんで、残った時間で勉強をするのだとしたら、時間の調整が必要になるのではないかと思います。

学びへのモチベーションを上げるためにしていることはありますか?

大学の授業の優先順位を上げることだと思います。仕事は致し方ないにしても、生活や余暇を楽しむことはいつでもできることです。学生という人生の限られた期間であるならば、授業を優先しないといけないときもあります。

卒業研究に熱心に取り組み、ビジネスコンテストに挑戦したと伺っていますが…

卒業研究で取り組んでいる内容を、日本MITエンタープライズ・フォーラムが主催するビジネスプランコンテスト&クリニック(MIT-EFJ BPCC13)に応募し、ファイナリストに認定されました。受賞こそ逃しましたが、大学での研究と事業化のプランニングをメンタリングいただき、いろいろな方々のご意見を伺うことができて、とても大きな学びとなりました。今後もITをベースとした事業展開を考えています。

入学をご検討中の方へメッセージをお願いします。

入学を検討されている方は、この機会に自分の背中を押して、入学されることをお勧めします。在学生の方は、けっして安くない授業料を支払ってご自身に投資されているのですから、出来るだけ早く卒業を目指しましょう! 

※年齢・職業などは取材当時のものです。

PICK UP