MENU

資格取得に活かせる科目

サイバー大学の専門科目は、自学自習では難しい体系だてた知識の習得が可能なことと、その実践的な内容が資格認定機関に認められ、特定の資格を取得する際の申請条件として活用することができます。

また英語科目は、TOEICなど世界的に認知されている試験のスコア向上も視野にいれながら、スキルを総合的に養成することができるよう、最先端の技術を取り入れています。

オンラインの講義で得た知識やスキルを、単位修得のみならず資格としても成果を証明することができる、以下の制度を上手に活用して、キャリアアップに役立ててください。

※ 各資格の取得に関しての条件や申請方法の詳細は、学生サポートセンターまでお問い合わせください。

プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル(PMP)

プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル(PMP)

プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル(PMP)は、プロジェクトマネジメントの知識や実践力を証明するための国際資格です。本資格は、世界中で広く認知されており、ITをはじめとした各業界から注目されています。

なお、サイバー大学は、アカデミックスポンサーとして、全米プロジェクトマネジメント協会日本支部に3番目に登録された教育機関です。

資格取得のための科目

PMP資格取得に向けて、受験資格の1つである「35時間の公式なプロジェクトマネジメントの研修の受講」に対して、次の3つの科目の単位を修得することで、それぞれ15時間の実績として申請することができます。

  • 「プロジェクトマネジメント入門」(専門基礎科目)
  • 「ITプロジェクトマネジメント講義」(専門応用科目)
  • 「ITプロジェクトマネジメント演習」(専門応用科目)

資格更新への活用

また、既にPMPの資格を取得した方には、プロジェクトマネジメント業務への従事や、教育機関のプログラム受講などを通じて、知識や技術を維持、向上することが課せられています。具体的には、3年間に最低60PDU(Professional Development Units)を取得し、報告する必要があります。 アカデミックスポンサーに認可されている、サイバー大学の上記の3科目を受講することでそれぞれ15PDUを取得することができます。

なお、各申請に関しては「英文の成績証明書」が必要となりますので、各科目の単位を修得後、学生サポートセンターへ「英文の成績証明書」の発行を依頼してください。

プロジェクトマネジメント入門

勝 眞一郎  Katsu Shinichiro

ビジネス環境の変化が加速化する現在、非常設の目的達成型組織であるプロジェクトによる活動が増加している。本科目では、プロジェクトマネジメントの入門編として、プロジェクトという活動の特長と、それをマネジメントする際の基礎的知識を体系的に学ぶ。後半では情報システム開発プロジェクトの特長とマネジメントの勘所について事例を使いながら解説し、初歩的な情報システム開発のプロジェクト計画書が作成できるようにする。

情報セキュリティ監査アソシエイト(CAIS-Associate)

情報セキュリティ監査アソシエイト(CAIS-Associate)

情報セキュリティ監査アソシエイト(CAIS-Associate)とは、経済産業省により施行された「情報セキュリティ監査制度」のもと、「公正かつ公平な情報セキュリティ監査」が実施され、情報社会にとって有益なものとして機能することを目指し、特定非営利活動法人日本セキュリティ監査協会(以下、JASA)が認定する資格です。

情報システムへの不正侵入や機密情報の漏えい事件が多発し、企業や組織の確実なセキュリティ対策が求められる中、情報セキュリティマネジメントに携わる資格として注目されている資格の一つです。

なお、オンライン受講による協会認定研修コースは本学がはじめてとなります。

資格取得条件

以下に示す条件を満たした者は、本資格取得のための登録申請ができます。

  • 専門基礎科目「リスク管理と監査」の単位を修得すること
  • 期末試験で70%以上の点数を得ること

※原則として正科生が資格申請対象です。

リスク管理と監査

  • 原田 要之助 Harada Yohnosuke

原田 要之助 Harada Yohnosuke

個人情報漏洩など昨今の情報セキュリティにおけるリスク問題をとりあげて、組織における情報資産の管理の重要性を論じる。とくに、情報セキュリティ管理のPDCAサイクルのチェックにあたる監査に焦点を当てる。監査の理論にとどまらず、監査手順、監査技法、技術的検証など具体的な監査の実施面について触れ、自社が標準的な規範と比べてどの程度ギャップがあるか判断する助言型監査と保証型監査の違いについても理解を深める。

TOEIC、TOEFL、英検(実用英語技能検定)

TOEIC、TOEFL、英検(実用英語技能検定)

サイバー大学の英語科目は、ロゼッタストーン社のオンライン語学学習サービス「TELL ME MORE(テルミーモア、以下TMM)」を導入しています。導入に際しては、設計や運営など大学のカリキュラムとして要件を満たし、さらに充分に学習をサポートできるよう独自のカスタマイズが組み込まれています。

TMMは、実践的な「リーディング」「リスニング」「ライティング」「スピーキング」という4つの英語スキルを総合的に養成する、多彩でインタラクティヴな教材から成り立っており、その難易度は、TOEICやTOEFL、英検(実用英語技能検定)のスコアとの対応表も提示されている、CEFR(Common European Framework of Reference for Languages)が定めるスキルレベルに準拠して設定されています。

そのため、単に英語の単位を修得するためだけでなく、同時にビジネスの現場に直結するスキルを身につけ、就職・転職に役立つ英語の資格取得も見据えた学びを実現しました。

CEFR(セファール)とは

CEFR(Common European Framework of Reference for Languages)とは、欧州評議会(Council of Europe)で採用され、欧州のみならず世界中で活用が拡大されている、英語をはじめとした言語の習得状況を示すための枠組みです。日本では、セファール、ヨーロッパ言語共通参照枠などと呼ばれています。

A1、A2、B1、B2、C1、C2の合計6段階で、自身の言語レベルを把握するだけでなく、具体的にその言語で何ができるかを知ることができます。

CEFRと英語資格・試験レベルとの相対表

基礎英語Ⅰ

岡本 桂香 OKAMOTO Keika

日常生活で必要となる初歩的な英語力を伸ばす。日常的な場面において頻出する基本的な表現を学習する。学習した表現を用いて、文章や口頭で簡単なやり取りをすることができるスキルを身につける。文章や音声、映像などのヒントをもとにして、自分がよく知っている人や物についての情報を、正確に読み取り、聞き取れるよう練習する。